閉じる
閉じる
閉じる
  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
  4. サッカーが上手い選手は皆、【脱力】している
  5. 身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  6. サッカーの原点とはシュートである。
  7. リフティングと緊張
  8. サッカーは教えれば教えるほど下手になる
  9. サッカー選手としての実力を診断してみよう
  10. 「利き足を使うことの効果」と「リフティングの効果」
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

サッカーが上手くなるためには、「サッカーの基本」を知らねばなりません。サッカーでは、ボール一個にゴールが二つ、味方10人、敵11人の中で、より的確な判断を素早く出来なければいけません。そのためには、たった一個しかないボールを…

ボトムアップという言葉はあなたも聞いたことがあると思います。トップダウンの対義語として使われることが多いようです。会社で言えば、トップとは社長などの指示を下す人を指し、社員がその指示に従って動くという状態が、トップダウンのイ…

僕のチームでは、基本的にショートパスをつないでビルドアップしていくと言うサッカーをやっています。練習メニューもショートパスの練習が多いです。しかし先日の交流大会でちょっとした問題点を見つけてしまいました。U11の試合…

こんにちは、檜垣裕志(ひがきゆうし)です。僕は、現在、プロのサッカーコーチとして活動しています。先ずは、自己紹介から…ブラジル一部リーグのプロサッカー選手として、日本国籍者として二人目のプロ契約を結び、十年間ブラジル…

「2018 在庫一掃決算セール」が、本日(2018年12月17日)の、9時よりスタートしています!合計6種類の教材DVDを、これ以上の値引きは、コストの都合上できないところまで「ガツン!」と下げました。まとめ買いを検討されて…

ボールがない時の動きについて解説します。僕は、ボールを持っていない時の選手の動きをじっと見ることがあります。ボールは見ません。その選手が何を見て、どこに移動しようとしているのか、それだけをずっと見ています。こ…

■ドリブル練習の登竜門「コーンドリブル」コーンドリブルといえば、コーンドリブルです。ドリブル練習の登竜門とも言えますよね。ドリブルの代表的なトレーニング方法である、コーンドリブル。あなたもきっと、すでに練習に取り入れ…

サッカーファンや少年サッカーの保護者の中には、サッカーの戦術についてとても詳しい人がいます。たしかに戦術論は楽しいものです。将棋や囲碁の戦法に似た一面もあって、サッカーをより楽しくする要素とも言えるでしょう。そんなサ…

今回は、「“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか vol.1」というテーマで書いていこうと思います。なぜ、vol1というカタチにしたのかというと「”駆け引き”をどのように鍛えるか」という部分だけで結構なボリュームになっ…

ご存知のように、サッカーは足を使うスポーツですが、足首から膝、そして、股関節を思い通りに動かすトレーニングは意外と行われていないように思います。パスやドリブルの練習をして、ストレッチ等をしていれば自然に下半身が自由自在に動くようにな…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. 今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでした…
  2. 「身体が開くとは?」サッカーの指導をしていて、「身体が開く」ことを指摘することがあります。…
  3. 先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボール…

おすすめ記事

  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
line



ページ上部へ戻る