閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】技術がなくても、ポジショニングを知れば、上達する理由とは?…
  2. 【2018年】高校サッカー決勝戦から学ぶべき思考とは?
  3. 【指導者必見】サッカーに必要な判断力を身に付ける方法
  4. 【クラブW杯】ワールドクラスの選手から学ぶべき技術とは…?
  5. 【質問】親子で行った方がいい練習とは?
  6. E-1選手権から学びたい、小学生の必須スキルとは…?
  7. 小学3年生までに身に付けたい「パスの基礎」とは…?
  8. 試合になると「消極的」になる選手を激変させる方法
  9. ボールを変えるとリフティングができない理由
  10. 【サッカー上達法】キーパーを見ずに行うシュート練習する理由
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

歩く、走る、加速、減速、方向転換、止まる。サッカーには様々な動きが求められます。ボールを持っていなくても、マークを外したり、パスをもらうかのような動きで、相手選手との動きの駆け引きがあります。さらに、ボールを持つとな…

実は、今回の第二弾DVD。他では鬼木コーチが公開していない【本物の鬼木理論】が収録されています。そのテーマが「身体動作をどのようにしてサッカーに結び付けるのか?」ということ。このDVDこそが、本当に鬼木コ…

男子ワールドカップ6回連続出場に続き、リトルなでしこも来年ウルグアイで行われる「U17ワールドカップ」出場を決めましたね。出場を決定する試合の相手は中国でしたが、中尾萌々選手のミドルシュートが中国ゴールを捉えて1-0…

各学年の大きな大会も終わりました。あとは全日本少年サッカー大会都道府県予選が残っているだけです。6年は最後の公式戦になるのでぜひとも頑張って欲しいものです。また、5年生以下は来シー…

先週末に大きな大会があったのですが、予選リーグで敗退してしまいました。∪10の大会ですが、4月から準備して来たチームなので少しだけ自信があったんですよね。4月にGKになったばかりの選手がグンと伸びてくれたのとセンター…

■ボールを持っていない選手の動きの大切さとは原口や井手口はボールを持ってもよいプレーをしますがボールを持っていない時もよいプレーヤーです。攻撃では相手を引きつける動き、守備では先を読んで動いています。いざ試合…

サッカーは相手ゴールにシュートして得点するゲームですが、シュートを打つためにはどうすればよいか。三浦のチームの小学3年生チームの子供たちに聞いてみました。「ボールを奪う」「ドリブルして相手を抜く」「スルーパス…

私のチームの5年生や4年生は、夏休み明けの9月上旬に大きな大会があるので、それに向けて練習に励んでいます。個人の課題は・連続したプレー・足を止めない・ワンプレーで終わらないというものです。チームの課題は…

夏休みも残りが少なくなってきましたね。夏休みの目標に向かって、確実に階段を登っていますか。1ヶ月前に立てた目標とトレーニング内容ですが夏休み中にいろいろな経験を積んで目標がぐらついている選手たちがいます。何を隠そ…

先週末の4年生の大会には、4年生と3年生のミックスで参加しました。いろいろと感じたこと、収穫がありました。あなたの地域でも4年生大会、3年生大会というものが行われているかと思います。各地区の年代別の勢力を見るには、3…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. 森保ジャパンの監督デビュー戦を白星でスタートし森保監督の笑顔を見ることができました。…
  2. 元旦の天皇杯から先日の高校サッカー選手権大会まで大きな大会が続きましたね。印象に残るゲー…
  3. 現在、第41回全日本少年サッカー大会全国大会が行われています。今日から決勝トーナメントが…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】技術がなくても、ポジショニングを知れば、上達する理由とは?
  2. 【2018年】高校サッカー決勝戦から学ぶべき思考とは?
  3. 【指導者必見】サッカーに必要な判断力を身に付ける方法
ページ上部へ戻る