玉城翔

サッカーノートを書くのがめんどくさいと感じていますか?しかし、サッカーノートを書くことによって、成長速度を上げることができます。

三浦直弥 練習法

新チームに移行するときに、どうやって練習させるかを考えますよね。練習にもグループと個人の練習がありますし、グループと個人練習にもたくさんの種類があります。そんな中から、グループ練習によって、少年サッカーでは理解が弱くなりがちなポジショニングを学びましょう。

玉城翔

選手が上手くなってほしいから、厳しく指導しますよね?厳しく指導することも大事ですが、それだけでは、選手が委縮してしまいます。選手に上手くなってもらうには、サッカーを楽しませることも大事です。

鈴木陽二郎 練習法

サッカーを上手くなるためにサッカーを一生懸命練習しますが、サッカー以外のスポーツから学ぶことで、サッカーが上手くなることもあります。

講師

サッカー選手は、切り返しやターンが多いため、どうしても足底筋膜に圧がかかってしまいます。それをケアもせずに放っておくと、足底筋膜炎になってしまいます。

パス 檜垣裕志

ロングスロー問題が起きていますね。育成年代においては、ロングスローがありかなしかではなく、ロングスローから育成年代の指導について考えてみました。

ディフェンス 三浦直弥 練習法

バイタルエリアにボールを入れさせなければ、ゴールの確率が下がります。バイタルエリアに入れないためには、守備でのカバーリングなどが重要になってきます。

トラップ 玉城翔 練習法

サッカーでは、トラップが重要な技術だということは、言わなくても理解している人が多いと思います。それでも、トラップミスが多いから悩んでいるんですよね。そんな方のために、トラぷミスをしないための練習方法についてご紹介します。

シュート 鈴木陽二郎

強いシュートを打つために、ボールを強く蹴ろうと思いますよね?それでは、シュートを強く蹴れません。強く蹴るには、認識をボールから変える必要があります。