三浦直弥

試合を組み立てる方法は、いくつかありますよね?その中でも、パスから始まるプレーを試してみてください。パスでのプレーができるようになると、プレーの幅が広がります。

檜垣裕志

自身で周りとの差を感じ、自分には何が足りないのか。それを理解して何に取り組むのか。それが大事になってきます。

玉城翔

サッカー選手には、心肺機能が必要ですよね?そのために、走りこみなど心肺機能を鍛えるトレーニングをすると思います。しかし、心肺機能だけでは足りません。サッカーには、第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」を鍛える必要があります。

鈴木陽二郎

多くの選手は、蹴る瞬間については意識することができています。しかし、蹴り終わりまでを意識できている選手は少ないです。サッカーは、途切れないスポーツですので、蹴り終わりまで意識することが大事なんです。

武内颯馬

サッカーは、チームスポーツですよね。自分を合わせた11人でプレーをします。さらには、ベンチにも選手がいて、状況によって選手交代をします。味方選手の特徴を把握してプレーすることで、チームとして戦うことができます。

玉城翔 練習法

サッカーでは、誰しもがリフティングを行います。始めたばかりの初心者でも、トッププロ選手でもです。そして、どんな選手でも、最初は少ない回数でしかできません。何回も行って増やしていくのです。そんなリフティング回数を増やすコツを、ご紹介いたします。

濱中佑希斗

身長が高い方が有利と、サッカー界ではずっと言われ続けていますが、サッカーにおいて身長の高さは重要なのでしょうか?

檜垣裕志

多くのプロサッカー選手は、小さいころからサッカーを始めたと思います。小さなころにサッカー選手に憧れ始めて、サッカーの楽しさに惹かれプロになっていく。では、小さいころからサッカーを始めないと、プロにはなれないのでしょうか?

ポジション 三浦直弥

サッカーには、ボランチというポジションがありますよね。そんなボランチですが、小学生の8人制サッカーでは作りづらいのが現状です。では、8人制サッカーにおけるボランチとは何なのでしょうか?

玉城翔

サッカーには、指導者がいますよね。指導者にも、色々なタイプの指導者がいます。そんな指導者ですが、少年サッカーに向いているのは、どんな指導者なのでしょうか?