閉じる
閉じる
閉じる
  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手…
  4. ボールを奪われないためにはどうすればいいか?
  5. ボールに対する【自信】と、相手に対する【自信】
  6. ペナルティエリアでの優先順位とは…?
  7. オフ・ザ・ボールの「動き」について
  8. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の…
  9. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  10. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

ロシアワールドカップでの日本代表の見事なプレーに日本中が感動していますね。特にセネガル戦では、柴崎岳のクロスに大迫勇也の足があと数センチ触れていればゴールでした。その他にも惜しい場面がたくさんありましたが、ゴールに絡むシーン…

コロンビア戦の勝利で日本中が盛り上がっていますね。6連続大会出場で、ワールドカップ出場が当たり前という雰囲気を感じていました。また、グループリーグを突破出来ないのではという雰囲気もあったせいか盛り上がりに欠けていました。…

ロシアW杯本番前の親善試合でパラグアイに初勝利を上げた西野ジャパンですが、乾選手、香川選手という得点を期待されてた選手のゴールが見れてサポーターもホッとしているのではないでしょうか。柴崎選手、山口選手のボランチもよい感じで機能してい…

突然ですが、インフロントキックは得意ですか。近くの味方へのパスはインサイドキックで蹴る。遠くへのパスはインステップキックで蹴る。お子さんのチームでは、おそらくこのような指導をしているかと思います。三浦のチームもそ…

サッカーの練習方法を3つに絞れと言われたら、あなたは何を選びますか。僕は、3つの中にぜひ入れたい練習方法があります。それは、前日本代表監督ハリルホジッチが残した言葉である「デュエル」を強化するための練習方法です。対人プレ…

日本代表チームが活動を開始しましたね。30日のガーナ戦に向けて招集されたメンバーの合宿がスタートしました。これが、西野朗監督と選手の初顔合わせです。ロシアW杯まで1ヶ月を切りましたが、短時間でチームを作り上げていって欲し…

ロシアワールドカップ開催まであと1ヶ月を切りましたね。西野朗監督が招集メンバー35人の概要を発表しましたが、23人の最終決定は5月30日のガーナ戦の翌日、31日になるとのことです。本田、香川、岡崎というビッグ3は招集されるの…

このゴールデンウィーク中にある全国大会の決勝が行われました。全農チビリンピックです。レジスタFC(関東2位/埼玉県) 2-2(PK:3ー2) バディーSC(関東3位/神奈川県)という結果でした。両チームとも全国に名の知れ…

■世界で活躍する鬼木コーチ昨日、サッカー日本代表 長友佑都選手がSNSで公開した写真にある人物が映っていました。その方というのが…&…

チームに新しいメンバーが増えてフレッシュな雰囲気になりました。新メンバーとは1年生から3年生たちです。さっそくミニゲームを行いましたがとても楽しそうです。見ているお母さんたちもウズウズしているようなのでお母さ…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. 昨日の森保ジャパン対コスタリカ戦を見て中島翔哉選手の能力の高さを感じました。楽しそうにサッカ…
  2. 選手のサッカーノートを毎週チェックしています。出来たこと、出来なかったこと、出来るようになり…
  3. 日本の女子サッカーの快挙に感動しています。U20ワールドカップ優勝で、U17、フル代表と合わ…

おすすめ記事

  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手の特徴
line
ページ上部へ戻る