閉じる
閉じる
閉じる
  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
  4. パスワークを成功させる考え方
  5. 【スキルアップ】サッカーにリフティングスキルは必要ない?
  6. サッカーに必要な「道具」を磨こう
  7. 【少年サッカー】単純なことが、最も重要となります。
  8. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか…
  9. 【少年サッカー】プロから「何を学ぶのか?」を学ぶべきなのか…?
  10. 【指導者必見】理解することで指導者が変わり、選手が変わます。
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

高校からサッカーを始めて、ろくにリフティングも出来ずにブラジルに渡ったわけですが、そんな自分がブラジルの1部リーグのプロサッカー選手になれるなんて、全く思いませんでした(笑)そんな自分がプロサッカー選手になれた理由の一つに、当時ブラ…

先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は、50m走や1500m走などフィジカル系の記録とリフティングやキックの飛距離などの記録を取りました。フィジカルの能力は数値で把握でき…

「ボールの持ち方が良い」という言葉を聞いたことがあると思います。では、実際にボールの持ち方が良いとは、どういうことなのでしょうか?■日本人は両足でトレーニングを行う現在、アジアカップで日本代表がプレーをし…

■高校サッカーの技術向上の背景今回の大会を観戦して思うことは、いわゆる「ドカ蹴り」のチームが少なくなったということです。トーナメント方式で戦うので、ゴール前にドーンとボールを放り込んでこぼれ球を狙うという戦い方はある意味では合理…

日本では、リフティングについて誤解をしている人がたくさんいるように思います。①リフティングが上手いのにサッカーが下手…②リフティングは意味がないと言う人…①「リフティングが上手いのにサッカーが下手…」…

さて今年は亥年ですね。イノシシというと猪突猛進という言葉を連想しますが、正月からよいスタートダッシュを切りたいものです。でも、ここで、去年を振り返ってみてください。1年間通して身に付いたこと身に付かなかったことがある…

サッカー教室やサッカーの指導で15年以上に渡り、全国を回っています。そのときに、ドリブル練習をしたりします。例えば、「10メートルぐらいの距離を真っ直ぐドリブルし、ターンをして戻って来る」先ず、このドリブルをやったと…

第三回となる今回は、「“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか vol.2」です。前回は”駆け引き”の重要性を中心に書きましたので、今回は”ハングリー精神”について書いていきます。サッカーにおいて”ハングリー精神…

サッカーが上手くなるためには、「サッカーの基本」を知らねばなりません。サッカーでは、ボール一個にゴールが二つ、味方10人、敵11人の中で、より的確な判断を素早く出来なければいけません。そのためには、たった一個しかないボールを…

ボトムアップという言葉はあなたも聞いたことがあると思います。トップダウンの対義語として使われることが多いようです。会社で言えば、トップとは社長などの指示を下す人を指し、社員がその指示に従って動くという状態が、トップダウンのイ…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. 高校からサッカーを始めて、ろくにリフティングも出来ずにブラジルに渡ったわけですが、そんな自分がブラジ…
  2. 先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は…
  3. 「ボールの持ち方が良い」という言葉を聞いたことがあると思います。では、実際にボールの持ち方が…

おすすめ記事

  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
line



ページ上部へ戻る