閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの各部のリフティング
  2. 「マンツーマンマーク」のトレーニング
  3. 【檜垣コーチ】さらにボールと身体の感覚を上げるために
  4. シュート練習で苦手な非利き足も練習しよう
  5. サッカーの試合も基本は前にしかけることが原則
  6. 【檜垣コーチ】ブラジル時代に気付いた「上達の秘訣」
  7. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  8. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  9. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
  10. 【サッカー】「休む」「休憩」「休息」も練習の一部です。
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

テニスボールリフティングを千回クリアしたら、サッカーボール同様に各部のリフティングトレーニングをする必要があります。テニスボールリフティングでの千回以上は、利き足のちょんちょんリフティング、利き足のインステップリフティングを共にクリ…

三浦です。先週末はグラウンドが使えなかったので、知り合いのチームに頼み込んで合同練習をおこないました。どうせなら練習試合もやりたいね、ともう1チームを誘って3チームでの練習になりました。高学年と低学年に分かれての練習…

テニスボールリフティングトレーニングの前に、サッカーボールでのリフティングトレーニングは必ず、しっかりとやりきってほしいです。それができてないと、サッカーボールでも、テニスボールでも、その効果は「それなり」でしかありません。…

ラグビーワールドカップが盛り上がっていますね。世界1位、2位といわれるアイルランドに勝つという偉業は、サッカーならブラジル、フランス、ドイツ、イングランドに勝つようなものです。今の日本代表がもう少し強化されれば、狙えないこと…

三浦です。チーム練習ではラグビーワールドカップが話題になっています。ラグビーのルールはサッカーに慣れているものとしては難しいものがあります。ラグビーはサッカーから生まれた。サッカーの発祥地イングランドではサッカーのル…

まともにリフティングも出来ずにブラジルに渡った僕のサッカーは、当然、通用するはずもなく、練習でも、紅白戦でも、ミスすれば、罵られ、バカにされるという日々でした。今回は、そんな僕の経験からくる上達法をご紹介したいと思います。&nb…

三浦です。チームに新しい選手が入ってくれました。小学2年生と3年生の2名です。夏休みが終わって新学期が始まるこのタイミングで毎年のように新しい仲間が増えます。夏休みの終わりがひと区切りということなのでしょうね…

先ず、ちょんちょんリフティング千回は必須です。それをやれないことには、軸には繋がらないと思ってもらって良いです。もちろん、以前から書いているその他のトレーニングをしっかりやるのも当然です。それらをやった上でなぜちょんちょんリ…

三浦です。皆さんのチームではシュート練習にどれくらい時間を割いていますか。小学生のチームでは意外にシュート練習に時間をかけないようですが、練習メニューには必ず取り入れられています。サッカーのスキルの中で「シュート」は…

夏休みも終わり、選手たちは通常の生活に戻りました。5,6年生の中にはこの夏休みに身長が伸びた選手がいます。一方、膝や足首やかかとに痛みが出た選手もいます。今回のメールは戦術や技術ではなく体づくりの…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. テニスボールリフティングを千回クリアしたら、サッカーボール同様に各部のリフティングトレーニングをする…
  2. 三浦です。先週末はグラウンドが使えなかったので、知り合いのチームに頼み込んで合同練習をおこな…
  3. テニスボールリフティングトレーニングの前に、サッカーボールでのリフティングトレーニングは必ず、しっか…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの各部のリフティング
  2. 「マンツーマンマーク」のトレーニング
  3. 【檜垣コーチ】さらにボールと身体の感覚を上げるために
line



ページ上部へ戻る