閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【上達法】やはり、サッカーでは「トラップ」の技術が重要になります。
  2. 【ドリブル】密集地帯が苦手な場合は●●を練習してください【上達法】
  3. 【育成法】少しだけ頑張ることで、●●を得られます。
  4. ボールウォッチャーになる選手の特徴2
  5. 【練習法】2倍、3倍の効果を練習から引き出す方法。
  6. 【明日公開】ハイチ戦から見る「鬼木理論の重要性」
  7. 「移動の延長線上」でサッカーを指導してみると…
  8. 【鬼木コーチ】ニョキが必要な理由とは?【最新作情報】
  9. 【鬼木コーチ】サッカー用語ではない言葉の力
  10. 【鬼木コーチ】ボールを上手く扱うための適正範囲
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

日本代表の欧州遠征2戦目。ベルギー戦を見て少し眠い三浦です。選手は頑張っているのですが、やはり個の能力の差が大きいと感じました。特に攻撃陣のテクニックです。プレッシャーがかかる状態、トップスピードでボールを扱う状…

■質問リフティングは100回ぐらいできて、ドリブルが得意な小学生。ただし、密集でのドリブルが苦手。密集の中からパスを出すことも難しい。どんな練習をすればよいでしょうか。■回答試合で密集地帯でド…

今回は「敵がいないところへボールを運ぶ」ということについてお伝えします。サッカー経験のない保護者の方々向けに初歩的な内容です。私は小学生を指導していますが、サッカーの基本を教えるときに、サッカーという試合の仕組みについて…

第41回全日本少年サッカー大会の都道府県大会が始まっていますね。都道府県大会に出場が決まった各チームは12月に鹿児島で行われる全国大会出場を狙って全力で戦って欲しいものです。先週末、台風の影響で小雨の中、半日だけ…

現在開催されている「FIFA U-17ワールドカップインド2017」ですが代表チームは、惜しくもベスト16でイングランドにPKで負けてしまいました。惜しかったですね~。FW久保建英君をはじめ個性派で実力のある…

昨夜のハイチ戦ですがよくぞ3-3までこぎつけたものです。それにしてもハイチの決定力は見事でした。倉田選手の2試合連続得点や杉本選手の初得点など話題も多かったゲームですが、私は試合の行方よりも選手達の動きに注目して見ていま…

私のチームの練習で最も多く時間を割いている内容はパス&コントロールの練習です。パスを受ける、パスを出すという技術はどのポジションの選手であろうが必要な技術ですよね。とくに小学生…

一般的にはサッカーが上手いとされるのは正しくボールをコントロールできる選手とされていますが、上手い選手のプレーを分解していくとあることに気付きます。それはボールを扱わない動きの精度や質です。つまり、どのように…

最初に以下の言葉を確認してみてください。・ボールを持って走る〔投げてキャッチ〕・重心移動と体重移動・スキマ・スキマの確認・ドーナツ・ニョキ力とはこれらは、鬼木コーチのDVD…

ボールを上手く扱うためには、適正範囲を知ることが重要ですが、適正範囲とはどういうことかというと、自身がボールを見失わずコントロールできる範囲のことです。実はこの適正範囲ですが身体から遠すぎてもダメ、近すぎてもダメです。…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. 日本代表の欧州遠征2戦目。ベルギー戦を見て少し眠い三浦です。選手は頑張っているのですが、…
  2. ■質問リフティングは100回ぐらいできて、ドリブルが得意な小学生。ただし、密集でのドリブ…
  3. 今回は「敵がいないところへボールを運ぶ」ということについてお伝えします。サッカー経験のない保…

おすすめ記事

  1. 【上達法】やはり、サッカーでは「トラップ」の技術が重要になります。
  2. 【ドリブル】密集地帯が苦手な場合は●●を練習してください【上達法】
  3. 【育成法】少しだけ頑張ることで、●●を得られます。
ページ上部へ戻る