閉じる
閉じる
閉じる
  1. 柿谷選手の決定力の高さの理由とは
  2. お子さんのパスは逃げのパスかもしれません
  3. 上手いトラップに共通するある動きといったい何なのか?
  4. ボール回しと攻撃はイコールではありません
  5. ブラジルのカウンターサッカーに見る個人技の大切さ
  6. コンフェデ杯で感じた世界の1対1の強さ
  7. ブラジルの選手の間合いのとり方に注目です
  8. カウンター攻撃成功のカギを握るある大切な練習とは
  9. 真ん中に蹴って捕られたらしゃあない!サッカーにはメンタルの強さも必要
  10. 長友のオーバーラップから攻撃的サッカーが見えてくる
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

東アジアカップに優勝できて本当に良かったですね。決勝戦は韓国の猛攻に耐え続けるというゲームでした。しかし、わずかなチャンスをゴールに結びつけたのは柿谷曜一朗選手でした。中国戦での代…

夏休みに入って、小学生~高校生の育成年代の選手たちは合宿や遠征でサッカーのトレーニングに励んでいると思います。チームごとに夏のトレーニングの課題を設定していると思います。この夏のトレーニングの成果は秋…

東アジアカップのメンバーが発表になりましたね。東アジアカップの名称は以前はダイナスティーカップでした。ダイナスティーカップ時代は、三浦カズ選手、中田英寿選手がMVPに選ばれたと記憶しています。&n…

6月はコンフェデレーションズカップやなでしこジャパンの強化試合があり、日本のサッカーを世界のサッカーと比較して見ることが出来ました。日本代表は男女ともにそれぞれの課題が浮き彫りになりました。日本スタイルのサッカーはある程…

コンフェデレーションズカップはブラジルの圧勝で幕を閉じました。決勝のブラジル対スペインはとても期待されたゲームでしたが、3-0という大差のスコアなるとは思ってもいませんでした。決勝ではせいぜい1-0や…

日本代表が消えたコンフェデですが、イタリア、スペインブラジル、ウルグアイという魅力あるチームが残りました。このゲームを観戦する楽しみもあるのですが、まず日本代表のコンフェデでのゲームについて三浦なりに分析してみます。…

コンフェデレーションズカップの開幕戦でホスト国のブラジルと戦った日本代表。結果は0-3でした。出場した選手たちのインタビューも完敗という言葉が目立ちましたね。ワールドカップ本番1年前の大会、しかもホス…

W杯出場が決定した後のイラク戦にどんなメンバーがスタメンに入るのか。とても関心を持っていました。結果1-0での勝利でしたが、得点に絡んだのは遠藤と岡崎選手でしたね。トップのハーフナー、ボランチの細貝、バックの伊野波と…

5回連続でのワールドカップ出場が決まりましたね。しかも、初のホームでの決定です。日本中が「祝!ワールドカップ出場決定」というムードで盛り上がっています。一夜明け、選手たちのコメント…

ワールドカップアジア最終予選オーストラリア戦(6月4日、埼玉スタジアム)は、まだまだ先と思っていましたがいよいよ来週になりました。3月のヨルダン戦でワールドカップのチケットを手に出来なかったザックジャパンですが、今回のオ…

さらに記事を表示する
ジュニアサッカー無料動画

ピックアップ記事

  1. 東アジアカップに優勝できて本当に良かったですね。決勝戦は韓国の猛攻に耐え続けると…
  2. 夏休みに入って、小学生~高校生の育成年代の選手たちは合宿や遠征でサッカーのトレーニングに励んでいると…
  3. 東アジアカップのメンバーが発表になりましたね。東アジアカップの名称は以前はダイナ…

おすすめ記事

  1. 柿谷選手の決定力の高さの理由とは
  2. お子さんのパスは逃げのパスかもしれません
  3. 上手いトラップに共通するある動きといったい何なのか?
ページ上部へ戻る