閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
  4. 【サッカー】アイディア次第で現状を打破できます
  5. 【サッカー】リフティングもよいが、より効果のある方法とは【自主練】
  6. 【檜垣コーチ】利き足だけからが、本当のはじめの一歩
  7. 【サッカーの本質】日本のサッカーには相手がいない
  8. 【檜垣コーチ】利き足からボールを自分のものにする
  9. 【サッカー】頭を使ったプレーを意識させるには?
  10. 【サッカー】素早い「予測」と「判断」局面を打開するテクニック
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

リフティングというトレーニングは、サッカーが上手くなるために不可欠なトレーニングです。サッカーに必要な技術、ボール感覚、ボールコントロール、軸、体幹、ステップなどを覚えるためのトレーニングであり、さらには、自分自身の身体を意識し、上…

三浦です。年明け時点の予定では、3月の3連休には大きい大会が予定されていました。U11(新6年生)の大会です。自粛により中止になってしまいましたが、この大会に向けて練習してきた内容もあったのですが残念です。こ…

はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。ボールは、あっちこっちと動きますからね。それを両足で触る癖がついてると、良いボールの持ち方にはつながりません。ですから、ボールがどこにあっても利き足で触る癖、利…

<今週のオススメDVD教材>■なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~-…

<今週のオススメDVD教材>■なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~-…

DVDを見られた方、このブログを読まれている方、いろいろなお考えやご意見があるかと思います。一つ言えることは、「利き足中心」にトレーニングして、悪くなることは絶対にありません。むしろ、「利き足中心」にトレーニングしていけば、…

こんにちは!今井です。第16回となる今回のテーマは、「日本のサッカーには相手がいない」です。海外サッカーと日本サッカーの違い私が1番最初に、日本サッカーの特殊性に気が付いたのは、中南米のグアテマラで草サッ…

こんにちは!檜垣です。前回、「一番重要な技術」ということで、「トラップ」について、その意味をお伝えしました。ファーストタッチでボールを自分のものにするという「トラップ」の重要性を知った上でトレーニングすることは、ボールタッチ…

<今週のオススメDVD教材>育成の極意!~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~なぜ、口うるさいだけで、チームを強くできなかったコーチが、U-18日本代表選手を輩出するほどの、強いチームを育成できるようになったのか?ht…

今回の講師である「吉田康弘」さん。吉田さんはジーコの後継者と言われ、J1では通算311試合に出場されました。プロサッカー選手の平均寿命が25歳頃と言われている、厳しい世界の中で、吉田さんは18年という長い間活躍され、非常に多…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. リフティングというトレーニングは、サッカーが上手くなるために不可欠なトレーニングです。サッカ…
  2. 三浦です。年明け時点の予定では、3月の3連休には大きい大会が予定されていました。U1…
  3. はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。ボールは、あっちこっちと動きますから…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
line



ページ上部へ戻る