鈴木陽二郎

サッカーにおける、蹴り方の正しいフォームって何なのでしょうか?

檜垣裕志

世界中で指導方法の違いはありますが、基礎基本に違いはありません。指導者は、その基礎基本を理解してから指導しないといけません。

練習法

サッカーは、長い距離や時間を走らないといけないイメージを持ちがちですが、そんなことはありません。じつは、走る距離や時間は短いです。そのため、走り出しが重要になります。

練習法

リフティングは、ボールコントロールを上げるためには重要な練習方法です。リフティング上手くなれば、避けれるミスもあります。

三浦直弥

練習で実践したことは、試合で試す必要があります。さらには、チームの課題点を選手同士で共有することも大事です。しかし、その指導方法や共有の仕方をコーチがブレてしまうと選手もブレてしまいます。

鬼木祐輔 練習法

自粛期間で普段通りに過ごせなかった時に、サッカー選手はどのように過ごしてトレーニングをしていたのでしょうか。

檜垣裕志 練習法

日本と強豪国の子どもたちに、大きなスキルの差はありません。しかし、環境や習慣、文化などが日本とは違うため、日本と強豪国の差がどんどん開いてしまうんです。

フットボールの勉強

チームには必ず監督がいますよね。チームは、その監督によって作り上げられます。しかし、すべての監督が良い監督かと言うとそうではありません。

練習法

サッカーでは、足元のスキルだけでなく周りを見るスキルも求められます。周りを見れている選手と見れていない選手では、プレーに大きな差が出ます。

シュート

無回転シュートと言えば、不規則にブレてゴールする瞬間を想像しますよね。個人的には、南アフリカWorld Cupのデンマーク戦の本田圭佑選手のフリーキックや北京五輪2次予選の香港戦が印象手に残っています。そんな無回転シュートは、どうすれば蹴れるのでしょうか?