閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【三浦コーチ】スペースを作り、スペースに入る動きを作る練習とは?【新作…
  2. 【檜垣コーチ】集中したリフティングトレーニングのやり方
  3. 【サッカー】本番に強い選手を育てる練習法とは…?【試合】
  4. 【三浦コーチ】チビリンピックで優勝したセンアーノ神戸の練習とは?
  5. 【檜垣コーチ】利き足リフティングの回数
  6. 【三浦コーチ】少年サッカーのサイドチェンジに必要なスキルとは?
  7. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングの意味
  8. 【イベント情報】鬼木コーチの練習会を開催!
  9. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方③
  10. 【三浦コーチ】スキルアップのためには多角的に練習方法を模索する必要があ…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

三浦です。昨日のコパ・アメリカは朝の8時キックオフだったので、去年のワールドカップのタイミングでダ・ゾーン入っていた僕はリアルタイムで視聴出来ました。久保選手と中島選手が競演するので楽しみだったのですが、結果はさんざんでした…

こんにちは!檜垣裕志(ひがきゆうし)です。今回のテーマは「安定したリフティング、安定したボールコントロールを目指す方法」です。利き足のインステップリフティングは、ボールコントロールを安定させるための基本中の基本ですから、必ず…

先日、公式試合がありました。子どもの頃からプレーしているため、試合ってもう何百試合と経験していますが、試合前の緊張感っていつまでもなくなりません。また、試合で負けてしまうと、練習で行っていた成果を出し切れたのか?と自問自答す…

三浦です。久保健英選手のデビュー戦でのプレーは実に衝撃的でした。スタジアムのどよめきの通りに、あれから2日経った今でもスポーツニュースのトップを飾っています。エルサルバドル戦で2ゴールを決めて勝利を導いた永井選手がか…

「利き足のポイント」という観点から、「利き足でボールを持って取られない」という意識は、絶対に持ってほしいです。その意識ありきで、ボールを触ること、ボールトレーニングに励むからこそ、「利き足のボールコントロールトレーニング」は大きな効…

三浦です。ここの所、毎週末に試合が組まれていますが、先週末に行われた大会の会場は観客席スタンドがありました。大人用のピッチのタッチライン沿いにスタンドがあるのですが、小学生用に2分割するので、スタンドはゴールライン側になりま…

今回からは、「サッカーが上手くなる」技術に繋がるための「リフティングトレーニング」についてお話します。皆さんは、メッシの子供のころのリフティングを見たことがあるでしょうか?子供のころのメッシの動画は、youtubeなどで見れ…

今回、これまで6,000人以上に及ぶフットボーラーを指導し、日本代表・長友佑都の専属コーチとして数多くの成果を上げてきた「鬼木祐輔コーチ」とスポーツDVD 日本No.1のリアルスタイルがタッグを組み蹴り方に特化した特別な練習会を行うことが決…

こんにちは鬼木です。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向き合い方の最後のお話しをさせていただきます。これまでの記事はコチラ↓http://soccer-rs.com/wp/skill/1455.…

今週末に大きな大会があるので、先週の日曜日にトレーニングマッチを行いました。暑くなることが予想されたので相手チームに申し出て、午後からの予定を午前中に変更し、選手たちの負担を少しでも軽くするようにしました。暑い中でも頑張って…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. 三浦です。昨日のコパ・アメリカは朝の8時キックオフだったので、去年のワールドカップのタイミン…
  2. こんにちは!檜垣裕志(ひがきゆうし)です。今回のテーマは「安定したリフティング、安定したボー…
  3. 先日、公式試合がありました。子どもの頃からプレーしているため、試合ってもう何百試合と経験して…

おすすめ記事

  1. 【三浦コーチ】スペースを作り、スペースに入る動きを作る練習とは?【新作情報】
  2. 【檜垣コーチ】集中したリフティングトレーニングのやり方
  3. 【サッカー】本番に強い選手を育てる練習法とは…?【試合】
line



ページ上部へ戻る