タグ:育成法が付いている記事一覧


玉城翔

サッカーの基本的なキックには、インステップ・インサイド・アウトサイドの3つがあります。その中のアウトサイドですが、アウトサイドが使えるとプレーの幅が広がります。しかし、ジュニア年代の選手にはあまりおススメはされていません。

鈴木陽二郎

人間は、認識したした形になる性質を持っています。そのため、どこを目的地にして何を認識の中心にしているかが重要で、指導者は、指導している選手の認識の中心がどこにあるのかを、見極める必要があります。

玉城翔

サッカーだけでなくスポーツに、ケガはつきものです。ケガを防ぐことができればベストですが、100%防ぐことはできません。だからこそ、ケガをした後の行動が大事です。

三浦直弥

サッカーには、選手が苦手だと思っている技術やプレーがあります。これは、誰しもが持っていると思います。では、その苦手な技術やプレーって、どんなモノなのでしょうか?

鈴木陽二郎

リフティングはサッカーの基本で、基礎的な技術を身に着けるのに良い練習ですよね?しかし、リフティングが上手いからと言ってキックが上手くなるわけではありません。上手くならないには、ちゃんとした理由があります。

三浦直弥 練習法

普段から自主練をしている選手は、多いと思います。今年は特に、チーム外の練習時間が多かったのではないでしょうか?そんな自主練ですが、ただすればいいというわけではありません。しっかりと計画を立てて、自主練で気づいたことや出てきた発想を次につなげる必要があります。

玉城翔

リフティングは、サッカーの基礎になります。そんなリフティングには、色々な種類があります。リフティングが上手にできれば、サッカーの基礎技術も上手くなり、プレーの幅も広がります。そんなリフティングには、どんなコツとメリットがあるのでしょうか?

玉城翔

サッカーには、指導者がいますよね。指導者にも、色々なタイプの指導者がいます。そんな指導者ですが、少年サッカーに向いているのは、どんな指導者なのでしょうか?

鈴木陽二郎

人間は、認識した形になる性質を持っています。そのため、行動が変わる=認識が変わることになりますが、認識を変えるには今の自分自身を知ることが重要です。

玉城翔 練習法

サッカーをしていると、リフティングをしますよね?当たり前のようにするリフティングですが、そもそもなぜリフティングをするのでしょうか?