トラップするときに知っておきたい重要なポイントとは?

トラップ 濱中佑希斗

サッカーの基礎技術は、

  • 止める
  • 蹴る
  • 運ぶ

この3つが大事であると言われています。

その中でも、正確なプレーを実行するために「止める技術(トラップ)」は非常に重要です。

トラップが正確にできなければ、その後のプレーが雑になりやすく、余裕もなくなりミスに繋がることも少なくありません。

「正しいプレーができるかどうかはトラップで決まる」と言っても良いほど、基礎技術の中で最も大切で極めるでき能力でもあります。

しかし、トラップが苦手な選手の中には

  • 「どうすればしっかりトラップできるの?」
  • 「正しいトラップをするためのコツやポイントが知りたい」

と悩む人もいるのではないでしょうか。

そこで、実際に私自身が経験してきたことを踏まえて、トラップをするときに重要なポイントを解説します。

結論からお伝えすると、

  • 足元もしくは体の前にコントロール
  • 次のプレーをイメージしスムーズに実行に移せる位置にトラップ
  • 弾くというよりもボールの勢いを抑える意識を持つ

このようなポイントが挙げられます。

トラップが正確に実行できるようになれば、その後の

  • ドリブル
  • パス
  • シュート

の技術向上にも繋がるでしょう。

それぞれ、具体的に解説していきます。

足元もしくは体の前にコントロール

まず、トラップをするうえで重要なポイントは、『足元もしくは体の前にコントロール』することです。

ドリブル時にも同じことが言えますが、ボールが足元もしくは体から離れてしまうと、相手にボールカットされる確率が高まります。

なぜなら、ボールと体の距離が離れていればいるほど、その場の状況に合わせた瞬時な対応が難しくなるからです。

例えば、足元や体の前にしっかりトラップできた場合、相手がプレスをかけてきたもしても瞬時にボールを動かして交わしたり、体を入れてキープすることもできます。

一方、ボールが足元もしくは体から離れていると、プレスをかけられたときにボールまでの移動距離(時間)が発生してしまいます。

その時間が例え0.1秒だったとしても、サッカーではその一瞬の時間ロスがミスに繋がってしまうのです。

南米選手のトラップに注目してみると、どんなボールが来ても必ず足元にピタッとコントロールしてからつぎのプレーを実行しています。

南米では、とくに「ボールを奪われる選手は信頼されない」という考えがあるため、まずはボールを奪われずにプレーする意識が強いです。

それだけサッカーにおいて

  • 足元に止める
  • 体の前にボールをトラップする

ということは、重要であるということです。

つぎのプレーをイメージしスムーズに実行に移せる位置にトラップ

2つ目のポイントは、『つぎのプレーをイメージしスムーズに実行に移せる位置にトラップ』することです。

あくまで正確なトラップはゴールではなく、つぎのプレーを正確に実行するための準備でありスタートでもあります。

そのため、トラップした後にどんなプレーを実行するのかを考え、そのプレーをするために最適な位置へコントロールする必要があります。

例えば、トラップしてツータッチ目で味方選手へパスを出す場合、トラップが足元に入りすぎてしまうと大勢が崩れやすく、パスミスをしてしまうかもしれません。

正確なパスを出すためには、しっかり踏み込んで足を振ってボールをミートできる位置にトラップすることが重要です。

パスが出しやすい位置は選手によって異なるものの、基本的には体の少し前(間接視野でボールが見える位置)と言われています。

まずは、

  • パス
  • ドリブル
  • シュート

するときに、どの位置にボールがあればプレーしやすいのかを把握して、その位置へ正確にトラップできるようにすると良いでしょう。

弾くというよりもボールの勢いを抑える意識を持つ

3つ目のポイントは、『弾くというよりもボールの勢いを抑える意識を持つ』ことです。

トラップが苦手な選手の中には、パスやシュートのように

  • ボールを蹴ってしまう
  • ボールを弾いてしまう

選手がいます。

トラップをするときにボールを蹴ってしまったり弾いてしまうと、体からボールが離れてしまいます。

そうなった場合、先程お伝えしたようにボールと体の距離ができてしまい、次のプレーの対応が難しくなる可能性が高いです。

そのため、イメージとしては、ボールを押し出すというよりもボールの勢いを吸収すると良いでしょう。

極端にお伝えすると、インサイドでトラップする場合、『足を前に出すのではなく後ろに引く』イメージです。

そうすることでボールの勢いが吸収され、足元にしっかりとトラップすることができます。

まとめ

トラップするときに重要はポイントは、

  • 足元もしくは体の前にコントロール
  • 次のプレーをイメージしスムーズに実行に移せる位置にトラップ
  • 弾くというよりもボールの勢いを抑える意識を持つ

このようになります。

トラップは、サッカーにおいて基礎技術の1つであり、正しいプレーを実行するために欠かせない技術です。

日頃の練習から自分がプレーしやすい位置にトラップすることを心がけ、積み重ねることで自然と正確なコントロールができるようになります。

ぜひ、参考にしてください。

この記事を読まれた方へのおススメ記事はこちら👇

パスとトラップが上手くなるために知っておきたい方法とは?

敵がいる状態でのボールを止めるコツとは

トラップするときに重要な3つのポイントとは?
ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人濱中佑希斗濱中佑希斗
技術でフィジカルを圧倒する選手が好きなyukito.hです。ラ・リーガを中心に海外サッカーをよく観ます。自分が経験してきたことを踏まえて、サッカーで重要なことを伝えていきます。

LINE公式アカウントに登録でお得な情報をGET!

友達登録はこちらから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。