タグ:指導法が付いている記事一覧


戦術 三浦直弥

なでしこジャパンの国際親善試合がありましたが、試合結果ではなく試合内容から、ジュニアサッカーに繋がるプレーがありました。なぜ、なでしこジャパンが2試合とも大勝したのか。そこを紐解きながら、ジュニアサッカーに繋げていきましょう。

玉城翔

小学生低学年にありがちな、団子サッカー。批判的な声が多いですが、本当に辞めさせるべきなのでしょうか?

玉城翔

サッカーには、指導者がいますよね。指導者にも、色々なタイプの指導者がいます。そんな指導者ですが、少年サッカーに向いているのは、どんな指導者なのでしょうか?

鈴木陽二郎

人間は、認識した形になる性質を持っています。そのため、行動が変わる=認識が変わることになりますが、認識を変えるには今の自分自身を知ることが重要です。

濱中佑希斗

サッカーでは、ボールをキープするキープ力が重要になります。すぐに、ボールを奪われてしまっては、チームの迷惑にしかならないですからね。では、キープ力を高めるために重要になる技術とは何なのでしょうか?

檜垣裕志

おうち時間が長い今だからこそ、家での時間を有効活用する必要があります。そのためにも、試合を通じてサッカーを正しく見れるようになりましょう。

三浦直弥

3月も終わりになりましたね、ということは、卒団式の時期になりました。この時期になると、送り出す選手たちを指導してきたことを振り返る指導者も多いのじゃないでしょうか。その振り返りを、指導や練習内容の見返しのきっかけにしましょう。

鈴木陽二郎

サッカー選手の視野の広さは、選手によって違いますよね。しかし、同じ人間なのにそんなに視野の広さは変わりません。違うのは、認識の差です。

檜垣裕志

ここ数年で、よく「サッカー脳」という言葉を使うようになりましたよね。そもそも、「サッカー脳」って何なのでしょうか?

三浦直弥 練習法

小学3、4年生になると、アウトオブプレーが増えてしまいます。それ自体は悪いことではありませんが、サッカースキルを向上させるためにもゲームを成立させる必要があります。そのため、ボールスキルを養ってアウトオブプレーを減らす必要があります。