タグ:シュートが付いている記事一覧


シュート

無回転シュートと言えば、不規則にブレてゴールする瞬間を想像しますよね。個人的には、南アフリカWorld Cupのデンマーク戦の本田圭佑選手のフリーキックや北京五輪2次予選の香港戦が印象手に残っています。そんな無回転シュートは、どうすれば蹴れるのでしょうか?

檜垣裕志

シュートを上手くなりたいからシュート練習をする。よくある流れですが、シュート練習をしても本物の成長には繋がりません。

練習法

サッカーってどれだけポゼッションが高くてもパスを回せても、ゴールを決められないと試合には勝てませんよね。

シュート

フリーキックでシュートを打つ場合、カーブシュートと縦回転のカーブシュートは、基本は変わりません。違うポイントは、ボールの回転です。

シュート

フリーキックを打つとき、カーブシュートを蹴れる蹴れないでは大きな差になります。カーブシュートを蹴れることで、ゴールの角やGKから逃げるようなシュートを打つことができ、ゴールを決める確率が高くなります。

シュート

強いシュートを打つには、ボールの中心や芯を捉える必要があります。そんなボールの中心や芯の場所は分かりますか?また、蹴り方にもポイントがあります。

スキルアップ シュート

強いシュートを打つためには、何が必要でしょうか。スキル?筋力?助走?体格?もちろん、これらも大事ですが、強いシュート打つためにはボールに力を伝える必要があります。そのためには、踏み込み・蹴り足・蹴った後を意識する必要があります。

スキルアップ ドリブル パス シュート トラップ ディフェンス

小学生から中学生に学年が上がると、サッカーでは8人制から11人制に変わります。また、ゴールやボール、ピッチなどのサイズがいわゆる一般のサイズになります。そのため、6年生の間に11人制に移るためのスキルを、身につけておく必要があります。