三浦直弥に関する記事一覧


戦術 三浦直弥

なでしこジャパンの国際親善試合がありましたが、試合結果ではなく試合内容から、ジュニアサッカーに繋がるプレーがありました。なぜ、なでしこジャパンが2試合とも大勝したのか。そこを紐解きながら、ジュニアサッカーに繋げていきましょう。

三浦直弥

試合を組み立てる方法は、いくつかありますよね?その中でも、パスから始まるプレーを試してみてください。パスでのプレーができるようになると、プレーの幅が広がります。

ポジション 三浦直弥

サッカーには、ボランチというポジションがありますよね。そんなボランチですが、小学生の8人制サッカーでは作りづらいのが現状です。では、8人制サッカーにおけるボランチとは何なのでしょうか?

三浦直弥

3月も終わりになりましたね、ということは、卒団式の時期になりました。この時期になると、送り出す選手たちを指導してきたことを振り返る指導者も多いのじゃないでしょうか。その振り返りを、指導や練習内容の見返しのきっかけにしましょう。

三浦直弥 練習法

小学3、4年生になると、アウトオブプレーが増えてしまいます。それ自体は悪いことではありませんが、サッカースキルを向上させるためにもゲームを成立させる必要があります。そのため、ボールスキルを養ってアウトオブプレーを減らす必要があります。

三浦直弥

小学4年生になると、試合の仕組みを学んでいく機会が増えます。しかし、6年生のようにチームメンバーと連携してのプレーが、難しい場合もあります。そのため、相手をフリーにしてピンチになる事も多いです。そんなピンチやチャンスを、仕合から感じ取ることで成長していきます。

三浦直弥

サッカーでは、よくボールコントロールが使われることがあります。それほど、サッカーでは重要な言葉ですが、ボールコントロールの目的って何なのでしょうか?

三浦直弥

試合になると、勝つことへの意識が強くなり、サッカーを楽しむという感覚が弱くなってしまいます。しかし、特にジュニアサッカーの選手には、サッカーを楽しむという感覚を持つことが大事です。

パス 三浦直弥 練習法 講師

サッカーには、練習方法としてコンビネーション練習があります。その中には、壁パスがあります。今回は、そんな壁パスから数的優位を考えていきます。

三浦直弥 練習法

ミニゲームは、どのチームでも行う練習だと思います。そんなミニゲームですが、ただ行うのはもったいないです。工夫をしたり意識を変える必要があります。