檜垣裕志に関する記事一覧


檜垣裕志

世界中で指導方法の違いはありますが、基礎基本に違いはありません。指導者は、その基礎基本を理解してから指導しないといけません。

檜垣裕志 練習法

日本と強豪国の子どもたちに、大きなスキルの差はありません。しかし、環境や習慣、文化などが日本とは違うため、日本と強豪国の差がどんどん開いてしまうんです。

ドリブル 檜垣裕志

小学生からサッカーを始める選手が多くなりましたが、最初の取り組み方によって、その後の成長に大きな影響があります。

ドリブル 檜垣裕志

利き足のドリブルがある程度できる選手は、”あるドリブル技術”に頼りがちになります。

檜垣裕志

シュートを上手くなりたいからシュート練習をする。よくある流れですが、シュート練習をしても本物の成長には繋がりません。

檜垣裕志

サッカーでは、両足でパスをできるほうが有利ですが、それは利き足でしっかりとした”ある技術”があることが前提です。

檜垣裕志

少年サッカーでは、身体の大きさによって上手い下手の差が出てしまいます。しかし、だからと言って指導者が差別してはいけません。

檜垣裕志

少年サッカーでは、両足を使うように指導されると思います。しかし、間違った指導の仕方をすると、両足とも中途半端な使い方になってしまいます。

檜垣裕志

サッカーでは、両足を使えることが当たり前のような風潮がありますよね。たしかに、両足使えたほうが有利です。しかし、それは利き足をちゃんと使えないと意味がありません。

檜垣裕志

サッカーは、試合に勝つだけでなくボールコントロールが良くなれば、楽しくなります。しかし、このボールコントロールを伸ばそうと思っても、中々伸ばせていない選手は少なくありません。