閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
閉じる
閉じる
  1. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  2. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  3. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
  4. 【サッカー】「休む」「休憩」「休息」も練習の一部です。
  5. 保護中: 【購入者限定】「このチームの強さはこうして作られて来た」その…
  6. 保護中: 【購入者限定】選手の能力を引き出すための多彩なトレーニングメ…
  7. 保護中: 【購入者限定】ボール以外に注意を向ける工夫がコレ↓
  8. 保護中: 【購入者限定】狙いを持ったトレーニングメニューで選手の能力を…
  9. 【サッカー】クロスボールの守備について
  10. 保護中: 【購入者限定】コーンドリのトレーニングのポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

タグ:檜垣裕志

先ず、ちょんちょんリフティング千回は必須です。それをやれないことには、軸には繋がらないと思ってもらって良いです。もちろん、以前から書いているその他のトレーニングをしっかりやるのも当然です。それらをやった上でなぜちょんちょんリ…

ちょんちょんリフティングは、立ち足に対する負荷が非常にあります。ということは、サッカーに対する軸を作る、体幹の強化という部分で非常に重要なトレーニングとなります。前回もこのようなお話をしたかと思いますが、「ちょんちょんリフテ…

前回から「ちょんちょんリフティング」に入りましたが、各リフティングトレーニングについて、これさえやっていれば良いというものはありません。育成年代の技術は、基礎トレーニングを怠ると、あっという間に下手になりますから、本当に気をつけねば…

リフティングトレーニングも徐々にレベルアップが必要です。利き足のインステップリフティングから、各部のリフティング、そのレベルアップを目指して、動きながらのリフティングトレーニングなどをご紹介しました。続いては、「ちょんちょん…

サッカーは動きの中で、瞬時にボールを自分のものにしなければなりません。ですが、いきなり動きの中でボールを自分のものにするのは難しいので、リフティングトレーニングは、その場での利き足のインステップリフティングからスタートします。…

先ず、利き足のインステップリフティングに始まり、歩きながら、走りながらの利き足のインステップのリフティング…そして、前回から、各部を使ったリフティングの説明に入りました。復習を含めて説明させて頂きますと、利き足のインステップのリフテ…

リフティングトレーニングの効果は、一つのボールタッチだけを覚えるのではなく、基本中の基本のインステップリフティングがちゃんとできるようになったら、次の段階に進むことが必要です。前回は、歩きながら、走りながらの利き足のインステップリフ…

こんにちは!檜垣裕志(ひがきゆうし)です。今回のテーマは「安定したリフティング、安定したボールコントロールを目指す方法」です。利き足のインステップリフティングは、ボールコントロールを安定させるための基本中の基本ですから、必ず…

「利き足のポイント」という観点から、「利き足でボールを持って取られない」という意識は、絶対に持ってほしいです。その意識ありきで、ボールを触ること、ボールトレーニングに励むからこそ、「利き足のボールコントロールトレーニング」は大きな効…

今回からは、「サッカーが上手くなる」技術に繋がるための「リフティングトレーニング」についてお話します。皆さんは、メッシの子供のころのリフティングを見たことがあるでしょうか?子供のころのメッシの動画は、youtubeなどで見れ…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 三浦です。チームに新しい選手が入ってくれました。小学2年生と3年生の2名です。…
  2. 先ず、ちょんちょんリフティング千回は必須です。それをやれないことには、軸には繋がらないと思っ…
  3. 三浦です。皆さんのチームではシュート練習にどれくらい時間を割いていますか。小学生のチ…

おすすめ記事

  1. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  2. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  3. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
ページ上部へ戻る