閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング
  2. 【サッカー】ボールを持っていない時のプレーを改善すると質が向上されます…
  3. 【三浦コーチ】ボールコントロールのミスは、試合に付きもの【サッカー】
  4. 【センアーノ神戸】指導者も真似から始めましょう【レビュー7】
  5. 【センアーノ神戸】指導者が行動を起こさなければ変化は生まれません【レビ…
  6. 【センアーノ神戸】空間認識能力を養う特別な練習法とは…?【レビュー5】…
  7. 【センアーノ神戸】低学年と高学年のポイントを変えて指導する【レビュー4…
  8. 【センアーノ神戸】3対3対3(BOX)というメニューで得られるもの【レ…
  9. 【三浦コーチ】体格差を運動量でカバーするための練習法
  10. 【センアーノ神戸】ポゼッションサッカーは時代遅れですか?【レビュー2】…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

タグ:檜垣裕志

リフティングトレーニングの効果は、一つのボールタッチだけを覚えるのではなく、基本中の基本のインステップリフティングがちゃんとできるようになったら、次の段階に進むことが必要です。前回は、歩きながら、走りながらの利き足のインステップリフ…

こんにちは!檜垣裕志(ひがきゆうし)です。今回のテーマは「安定したリフティング、安定したボールコントロールを目指す方法」です。利き足のインステップリフティングは、ボールコントロールを安定させるための基本中の基本ですから、必ず…

「利き足のポイント」という観点から、「利き足でボールを持って取られない」という意識は、絶対に持ってほしいです。その意識ありきで、ボールを触ること、ボールトレーニングに励むからこそ、「利き足のボールコントロールトレーニング」は大きな効…

今回からは、「サッカーが上手くなる」技術に繋がるための「リフティングトレーニング」についてお話します。皆さんは、メッシの子供のころのリフティングを見たことがあるでしょうか?子供のころのメッシの動画は、youtubeなどで見れ…

前回、どのような意識を持つかについてお話しましたが、その意識を元にトレーニングするから効果があります。今回より「リフティングトレーニング」に入りたいと思いますが、その前に、リフティングの意味について、お伝えしたいと思います。■リ…

前回、ボールを取られない、ボールを持てる、利き足でボールを持って取られないという意識についてお話しさせて頂きました。今回も、改めて意識についてお話しさせて頂きます。なぜ、意識することが重要なことかと言うと、例えば、リフティン…

ドリブル練習の方法について、アウト(小指)のドリブル、アウトのターン、アウト(小指)イン(親指)のドリブルをお伝えさせて頂きました。今一度、ボールを触る前に、意識の仕方についてお話しさせて頂きます。■しているとしていないで差が生…

前回は、アウトのターンの練習方法についてお話させて頂きました。今回は、アウト(小指)とイン(親指)部分でボールをタッチするトレーニングの紹介と、なぜそれが重要なのかをお伝えします。一般的に非常に多いボールタッチ練習は、両足の…

ピックアップ記事

  1. リフティングトレーニングの効果は、一つのボールタッチだけを覚えるのではなく、基本中の基本のインステッ…
  2. 三浦です。久保選手がレアルに合流しましたね。日本人がレアル・マドリッドに!と僕も感動…
  3. 三浦です。7月に入りました。今年度のシーズンが始まって3ヶ月が経ちました。この3ヶ月…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング
  2. 【サッカー】ボールを持っていない時のプレーを改善すると質が向上されます
  3. 【三浦コーチ】ボールコントロールのミスは、試合に付きもの【サッカー】
ページ上部へ戻る