閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの各部のリフティング
  2. 「マンツーマンマーク」のトレーニング
  3. 【檜垣コーチ】さらにボールと身体の感覚を上げるために
  4. シュート練習で苦手な非利き足も練習しよう
  5. サッカーの試合も基本は前にしかけることが原則
  6. 【檜垣コーチ】ブラジル時代に気付いた「上達の秘訣」
  7. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  8. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  9. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
  10. 【サッカー】「休む」「休憩」「休息」も練習の一部です。
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:練習法

まともにリフティングも出来ずにブラジルに渡った僕のサッカーは、当然、通用するはずもなく、練習でも、紅白戦でも、ミスすれば、罵られ、バカにされるという日々でした。今回は、そんな僕の経験からくる上達法をご紹介したいと思います。&nb…

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

ちょんちょんリフティングは、立ち足に対する負荷が非常にあります。ということは、サッカーに対する軸を作る、体幹の強化という部分で非常に重要なトレーニングとなります。前回もこのようなお話をしたかと思いますが、「ちょんちょんリフテ…

前回から「ちょんちょんリフティング」に入りましたが、各リフティングトレーニングについて、これさえやっていれば良いというものはありません。育成年代の技術は、基礎トレーニングを怠ると、あっという間に下手になりますから、本当に気をつけねば…

リフティングトレーニングも徐々にレベルアップが必要です。利き足のインステップリフティングから、各部のリフティング、そのレベルアップを目指して、動きながらのリフティングトレーニングなどをご紹介しました。続いては、「ちょんちょん…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. テニスボールリフティングを千回クリアしたら、サッカーボール同様に各部のリフティングトレーニングをする…
  2. 三浦です。先週末はグラウンドが使えなかったので、知り合いのチームに頼み込んで合同練習をおこな…
  3. テニスボールリフティングトレーニングの前に、サッカーボールでのリフティングトレーニングは必ず、しっか…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの各部のリフティング
  2. 「マンツーマンマーク」のトレーニング
  3. 【檜垣コーチ】さらにボールと身体の感覚を上げるために
ページ上部へ戻る