閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日本のサッカーは独特である
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. コーチたちもフェイントの指導について「悩み」を持っている
  4. 【上達法】利き足から上手くなるための理論
  5. 試合で覚えるプレー、練習で覚えるプレー
  6. サッカーは、基礎基本を理解するから上手くなる
  7. 大切なのは戦術よりも、心を動かすこと
  8. 転びながらシュートを打たない!
  9. 身体の開きの矯正について
  10. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:ドリブル

最近は気温が上がってきました。選手達は半袖短パンの練習着で走り回っています。汗をたっぷりかいているので水分補給をしっかりするよう指導しています。この時期からゴールデンウィークまでが暑さに慣れるための訓化(暑気馴化)の…

前回から、サッカーに対して、どのようにして取り組んでいけば上手くなるかを一つ一つお伝えしていますが、今回は「利き足から上手くなるための理論」をお伝えしようと思います。世界のトッププレイヤーたち、強豪国の選手たちは皆、「利き足のポイン…

今回から、一つ一つサッカーの基礎基本を解説し、「サッカーが上手くなるための方法」をお伝えしていこうと思っております。さて、僕自身、高校生から(厳密には17歳から)サッカーを始め、ブラジルのトップリーグであるブラジル選手権1部リーグ、…

こんにちは!今井です。第8回となる今回のテーマは、「大切なのは戦術よりも、心を動かすこと」です。近年、日本サッカーは戦術ブームです。2006年ドイツW杯のジーコジャパンが世界で活躍する中田英寿や中村俊輔、小野伸二や高…

緊張するって大事です。本気で何かを成し遂げようとした時には、人は緊張するものです。緊張感もなしに、ダラダラヘラヘラやって、上手くはなりません。そこで、リフティングに対しては、必ず数の目標設定をすることが大切です。…

サッカー教室やサッカーの指導で15年以上に渡り、全国を回っています。そのときに、ドリブル練習をしたりします。例えば、「10メートルぐらいの距離を真っ直ぐドリブルし、ターンをして戻って来る」先ず、このドリブルをやったと…

僕のチームでは、基本的にショートパスをつないでビルドアップしていくと言うサッカーをやっています。練習メニューもショートパスの練習が多いです。しかし先日の交流大会でちょっとした問題点を見つけてしまいました。U11の試合…

こんにちは、檜垣裕志(ひがきゆうし)です。僕は、現在、プロのサッカーコーチとして活動しています。先ずは、自己紹介から…ブラジル一部リーグのプロサッカー選手として、日本国籍者として二人目のプロ契約を結び、十年間ブラジル…

■ドリブル練習の登竜門「コーンドリブル」コーンドリブルといえば、コーンドリブルです。ドリブル練習の登竜門とも言えますよね。ドリブルの代表的なトレーニング方法である、コーンドリブル。あなたもきっと、すでに練習に取り入れ…

ご存知のように、サッカーは足を使うスポーツですが、足首から膝、そして、股関節を思い通りに動かすトレーニングは意外と行われていないように思います。パスやドリブルの練習をして、ストレッチ等をしていれば自然に下半身が自由自在に動くようにな…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. こんにちは!今井です。第9回となる今回のテーマは、「日本のサッカーは独特である」です。…
  2. フットボールスタイリストの鬼木です。まずは、こちらの動画をご覧ください。…
  3. 最近は気温が上がってきました。選手達は半袖短パンの練習着で走り回っています。汗をたっ…

おすすめ記事

  1. 日本のサッカーは独特である
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. コーチたちもフェイントの指導について「悩み」を持っている
ページ上部へ戻る