閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
  4. 【サッカー】アイディア次第で現状を打破できます
  5. 【サッカー】リフティングもよいが、より効果のある方法とは【自主練】
  6. 【檜垣コーチ】利き足だけからが、本当のはじめの一歩
  7. 【サッカーの本質】日本のサッカーには相手がいない
  8. 【檜垣コーチ】利き足からボールを自分のものにする
  9. 【サッカー】頭を使ったプレーを意識させるには?
  10. 【サッカー】素早い「予測」と「判断」局面を打開するテクニック
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:ドリブル

はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。ボールは、あっちこっちと動きますからね。それを両足で触る癖がついてると、良いボールの持ち方にはつながりません。ですから、ボールがどこにあっても利き足で触る癖、利…

前回ご紹介させて頂いた、クーバー・コーチングの1vs1メソッド。その指導の秘密は「3w1h」という指導法で、具体的なイメージを選手たちに教えていきます。 クーバー・コーチングで教えられる「3w1h」とは…クーバー…

選手たちが着実にスキルアップしていくために、スター選手のテクニックを細分化して生まれたクーバー・コーチングの哲学に基づいたカリキュラム。これが、クーバー・コーチングが世界NO.1サッカースクールと言われる所以です。長年にわたり、FI…

From サッカー事務局今から約40年以上前。ある1人の指導者が革命的なサッカーの指導法を開発しました。選手時代は、それほど華やかな成績を残せなかった彼ですが、指導者としての立場では、その才能を開花させ、数々の功績を残してきました。…

三浦です。今年に入ってもうすぐ1ヶ月経ちます。あと2ヶ月経つと新年度です。3年生は4年生になり、4年生は5年生になります。僕は小学生にサッカーを指導して来ましたが、小学生のサッカーで一番大事な時期は6年生ではなく、4…

三浦です。2020年になって早くも3週目に入りました。地区大会も開催され、新年が始まったという実感があります。3月の年度末に向かっていろいろな大会が予定されていますが、三浦はチーム活動だけでなくトレセン活動にも参加し…

三浦です。第98回高校サッカー選手権大会決勝戦は本当に感動しました。感動しやすい三浦ですが、キングカズが背番号11をつけることになったニュースと同じくらい感動しました。連覇を狙う青森山田と24大会ぶり2度目の優勝を狙…

三浦です。新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。もうすでに初蹴りを済ませたチームや今度の土曜日に初蹴りを予定しているチームがあると思います。三浦のチームでは4日に初蹴りを行いました。…

三浦です。今夜はクリスマスですね。チームでも日曜日にクリスマス会を行いました。眠い目をこすりながらの今年も、もう少しで終わるというこの時期にサッカーの大きな大会が行われました。クラブワールドカップです。フ…

こんにちは!プロサッカーコーチの檜垣です。本日は、改めてドリブル練習についてまた書いてみようと思います。■利き足でボールを持たなければいけない理由僕自身が提唱した「利き足のポイント」による「利き足…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. リフティングというトレーニングは、サッカーが上手くなるために不可欠なトレーニングです。サッカ…
  2. 三浦です。年明け時点の予定では、3月の3連休には大きい大会が予定されていました。U1…
  3. はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。ボールは、あっちこっちと動きますから…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
ページ上部へ戻る