閉じる
閉じる
閉じる
  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
  4. パスワークを成功させる考え方
  5. 【スキルアップ】サッカーにリフティングスキルは必要ない?
  6. サッカーに必要な「道具」を磨こう
  7. 【少年サッカー】単純なことが、最も重要となります。
  8. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか…
  9. 【少年サッカー】プロから「何を学ぶのか?」を学ぶべきなのか…?
  10. 【指導者必見】理解することで指導者が変わり、選手が変わます。
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:DVD教材

高校からサッカーを始めて、ろくにリフティングも出来ずにブラジルに渡ったわけですが、そんな自分がブラジルの1部リーグのプロサッカー選手になれるなんて、全く思いませんでした(笑)そんな自分がプロサッカー選手になれた理由の一つに、当時ブラ…

「ボールの持ち方が良い」という言葉を聞いたことがあると思います。では、実際にボールの持ち方が良いとは、どういうことなのでしょうか?■日本人は両足でトレーニングを行う現在、アジアカップで日本代表がプレーをし…

日本では、リフティングについて誤解をしている人がたくさんいるように思います。①リフティングが上手いのにサッカーが下手…②リフティングは意味がないと言う人…①「リフティングが上手いのにサッカーが下手…」…

さて今年は亥年ですね。イノシシというと猪突猛進という言葉を連想しますが、正月からよいスタートダッシュを切りたいものです。でも、ここで、去年を振り返ってみてください。1年間通して身に付いたこと身に付かなかったことがある…

サッカー教室やサッカーの指導で15年以上に渡り、全国を回っています。そのときに、ドリブル練習をしたりします。例えば、「10メートルぐらいの距離を真っ直ぐドリブルし、ターンをして戻って来る」先ず、このドリブルをやったと…

ボトムアップという言葉はあなたも聞いたことがあると思います。トップダウンの対義語として使われることが多いようです。会社で言えば、トップとは社長などの指示を下す人を指し、社員がその指示に従って動くという状態が、トップダウンのイ…

こんにちは、檜垣裕志(ひがきゆうし)です。僕は、現在、プロのサッカーコーチとして活動しています。先ずは、自己紹介から…ブラジル一部リーグのプロサッカー選手として、日本国籍者として二人目のプロ契約を結び、十年間ブラジル…

「2018 在庫一掃決算セール」が、本日(2018年12月17日)の、9時よりスタートしています!合計6種類の教材DVDを、これ以上の値引きは、コストの都合上できないところまで「ガツン!」と下げました。まとめ買いを検討されて…

■ドリブル練習の登竜門「コーンドリブル」コーンドリブルといえば、コーンドリブルです。ドリブル練習の登竜門とも言えますよね。ドリブルの代表的なトレーニング方法である、コーンドリブル。あなたもきっと、すでに練習に取り入れ…

ご存知のように、サッカーは足を使うスポーツですが、足首から膝、そして、股関節を思い通りに動かすトレーニングは意外と行われていないように思います。パスやドリブルの練習をして、ストレッチ等をしていれば自然に下半身が自由自在に動くようにな…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 高校からサッカーを始めて、ろくにリフティングも出来ずにブラジルに渡ったわけですが、そんな自分がブラジ…
  2. 先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は…
  3. 「ボールの持ち方が良い」という言葉を聞いたことがあると思います。では、実際にボールの持ち方が…

おすすめ記事

  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
ページ上部へ戻る