三浦知良選手・大島僚太選手の静学時代の印象【名将 井田勝通氏に聞く】

DVD教材

  • 50歳を超えた今でも現役プロとして活躍されている、日本サッカー界のビックレジェンドの三浦知良選手
  • 日本代表に選出された経歴があり、川崎フロンターレで活躍している現役トッププロの大島僚太選手

そんな2人を筆頭に、プロの世界で活躍する選手を何人も育て上げた元静岡学園監督の井田勝通氏に、2人の静岡学園時代の話を伺いました。

三浦選手の印象

特別、身体能力に恵まれた選手ではありませんでした。

ただ、とにかく練習が好きで、三浦選手自身の中に

  • 上手くなりたい
  • プロになりたい

という気持ちがあったため、練習終わりに自分の意志で自主練習をしていたそうです。

大島選手の印象

大島選手は、中学までは普通の選手でした。

中学3年生の時に、ボールコントロールが身につき、サッカーをやる喜びを学びました。

そして、高校2年生の時に花が開きました。

井田氏は、「ボールを100万回触れ」と選手に指導します。

それは、数年間触り続けないと達成できません。

大島選手は、途中で投げ出さずにずっとボールを触っていたからこそ、ボールコントロールが身につき、選手として開花しました。

続きは、こちらの動画からご覧ください↓

言わずと知れた高校サッカー界の名将_井田勝通氏。

2008年に静岡学園サッカー部監督は退任したが、現在でもラテンスタイルの個人技を重視した指導のノウハウは引き継がれている。

「個」の技術力を高める育成力は、70名以上もの選手をJリーグへ送り出していることからも高い評価を得ている。

リアルスタイルでは井田氏の育成ノウハウを映像として収録し、今回のインタビュー動画はその一部を抜粋したもの。

2020年10月14日には、リフティング、ドリブルを軸としたボールコントロール能力を高めて個人で勝負できる選手を育てるDVDをリリース。

—————

  • サッカー上達塾Twitter→こちら
  • リアルスタイル_サッカー教材一覧→こちら
この記事を書いた人上達編集部サッカー上達編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。