【動画】リフティング練習をする目的と効果

DVD教材

リフティングについてどのようにお考えでしょうか。

 

リフティングスキルは試合で使えない。
このような意見も指導の現場ではあるようです。

 

反対にリフティングスキルを指導している現場では、

 

・ボールコントロール能力
・関節の柔軟性
・ボディバランス

 

これらに効果があるとして、
練習に組み込むチームもあるようですが、

 

元静岡学園監督の井田勝通氏に聞くと、
試合において、

 

日本人が苦手な空中のボールを、
コントロールして扱える能力、

 

一発で思い通りのトラップができることで、
プレスをかけてくるスペースや時間に余裕ができる。

 

ボールをどのように動かすかというアドリブ、
ボールに触るリズム感など、

 

フットボール選手に大事な要素が
たくさんあると仰います。

 

リフティングの目的や効果を
井田氏の言葉で確認してみてください。

言わずと知れた高校サッカー界の名将_井田勝通氏。

2008年に静岡学園サッカー部監督は退任したが、現在でもラテンスタイルの個人技を重視した指導のノウハウは引き継がれている。

「個」の技術力を高める育成力は、70名以上もの選手をJリーグへ送り出していることからも高い評価を得ている。

リアルスタイルでは井田氏の育成ノウハウを映像として収録し、今回のインタビュー動画はその一部を抜粋したもの。

2020年10月14日には、リフティング、ドリブルを軸としたボールコントロール能力を高めて個人で勝負できる選手を育てるDVDをリリース。

動画の詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
http://soccer-rs.com/ida/