導入の導入として行う練習メニュー「上にボールを投げてトラップする」とは?

鈴木陽二郎

お世話になります。

YJRです。

今回の記事が40本目です。

どれくらい読まれているかわかりませんが、読んで頂きありがとうございます(笑)

いよいよ、ホントにネタ切れ問題が間近ですが、頑張って続けていきます(笑)

さて、今回は!

メニュー紹介を継続します!

今回紹介するメニューは、「つま先ドリブル」と同じように「導入の導入」として行うメニューです。

それだけ、重要にしているメニューです。

トラップのようなリフティングのような・・・・メニューですが、ものすごく簡単です。

ただ、難しい方には非常に難しいようです

毎回の事ですが、ボールを何とかしようとする「認識の中心がボール」が難しくしていると考えています。

ボールを止めようとかなんとかは、全く必要ありません。

ボールを止めよう、引こう、こう触ろうなど、ボールを何とかしようとして上手くいかない方は、その認識(考え方、捉え方)が上手くいかせてくれません。

何故なら、人間は認識した形になるからです。

ですので、その状態でいくらトレーニングしても上手くいかない事になります。

または、その形だけが上手くなることになり、別な状況では全く力が発揮できない事になります。

紹介の前に

今回は、メニュー紹介第5弾。

ここまでの!メニュー紹介は以下です。

第1弾「ドリブルやリフティング練習のコンセプトや目的とは?」

ドリブルやリフティング練習のコンセプトや目的とは?

第2弾「ドリブル・リフティングと同じ発想でキックを行う!?」

ドリブル・リフティングと同じ発想でキックを行う!?

第3弾「サッカー経験がない方がタイミングが良い!?ジグザグドリブルから学ぶ理想のタイミングとは??」

サッカー経験がない方がタイミングが良い!?ジグザグドリブルから学ぶ理想のタイミングとは??

第4弾「ノーステップジグザグドリブルから学ぶ「認識の中心の違い」と「トンのリズム」とは?」

ノーステップジグザグドリブルから学ぶ「認識の中心の違い」と「トンのリズム」とは?

特に、第1弾はコンセプトを掲載してます。

私の

  • 前提
  • 捉え方(認識)
  • 考え方

が詰まってます。

メニューは

  • 前提
  • 捉え方(認識)
  • 考え方

にそって構築されます。

何度も確認します

リフティングメニューも、キックのトレーニングの一環として行います。

そもそも、

  • ドリブル
  • リフティング
  • トラップ
  • キック

など全て発想で行っています。

種目が違うので、種目にあった表現方法にはなります。

要するに、分断せずに考えて全てを繋げています。

これに上手くいかない方は、完全に分断している方が多いからです。

逆に言うと、上手くいく方は、結構ざっくりしていて分断していない方が多いからです。

という事は、

  • ドリブル
  • リフティング
  • トラップ
  • キック

を分断して考える認識が、上手くいかせてくれない。

という言い方もできます。

逆に、分断して考えてるけど上手くいく方は、実は分断して考えてない方も多くいます。

満を持して(笑)

↑今回の紹介メニューです。

私がデモンストレーションしてます!

着ているウェアは、私がウェア提供して頂いている「Chapeu(シャペウ)」です

ご興味ある方は、ぜひWEBサイトをご覧ください→http://chapeu.ciao.jp/

ご覧頂くとわかりますが、紹介しているメニューはめちゃくちゃ簡単です!

上にボールを投げて、トラップするだけ!(笑)

ただ、色々と詰まってますので説明をします。

と思ったのですが!

来週改めて説明します

とりあえず、やってください(笑)

成功の目安は、「落ちてくるボールの軌道上に、ボールが落下し結果止まる事」です。

ボールの軌道は、動かしてはいけません。

ヒントは!?

端的に言うと!

第1弾~第4弾の発想を、そのままにです。

特に、ドリブルでの成功=リフティング、トラップでの成功となるように捉えます。

そしてそれは、=キックの成功に繋がっていきます。

ここで分断して考えてると、永遠に正解は来ないかもしれません。

そして、動画の私をお手本にしてください。

私をお手本にするときに、ボールやボールと足が触れる部分をフォーカスする方は、典型的な「認識の中心がボール」になってますよ。

ご自身の認識の確認にもなりますね。

めちゃくちゃ雑に言うと、最初から終わりまで私と同じシルエット、ボールとの関係になればいいわけです!

見るポイントとして、最初から最後まで見るも大事ですね

  • 最初からがいつから
  • 最後まではいつまで

かは、秘密にしておきます(笑)

上手くいかない方は、自分の考えで答えを出さずに、私の脳みそを借りて答えを出してください!

上手くいかない認識のまま答えを出しても、上手くいかない答えが出ます。

上手くいかないサイクルから抜け出すには、一旦真っ白にまっさらにしないといけないからです。

来週は!

細かくポイント解説していきます!

ですが、難しい事は一つもないです。

第1弾~第4弾で答えを出すことは容易ですし、過去記事からでも容易だと思います。

自分フィルターを通さずの前に、自分のフィルターがあるかもしれない。と疑う事から。

自分の見え方は、自分フィルターを通している。

そのフィルターが、見える景色を上手くいかないように変えているかもしれない。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人鈴木 陽二郎鈴木 陽二郎
(株)エフネットスポーツ
FFCカレッジフットサルリーグ担当
新しい概念を吹き込んで上達に導く“フットボールコンセプター”
今まで、小学生から社会人まで男女を問わずフットボールを教えてきた。また、その理論や新しい概念(コンセプト)を提案して上達させるアプローチはプロにも評価されおり、現役Jリーガーからのサポート依頼は絶えることがない。育成においては、2014年よりキックの上達に特化した「蹴り方教室」主宰し、社会人をはじめ、小学生から大学生チームを指導して、数時間で「ボールの球筋が格段に変化する」「メニューをこなしていくと、自然に考える力と技術が身につく」など、すぐに圧倒的な結果が出る事例多数。また、「概念を変えることでプレーが上手くなる」という上達アプローチは、多くの指導者に影響を与え、日本代表の長友佑都選手の専属コーチである鬼木祐輔コーチなど、多くの優秀な指導者から絶大な支持を受けている。