閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  2. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  3. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
  4. 【サッカー】「休む」「休憩」「休息」も練習の一部です。
  5. 保護中: 【購入者限定】「このチームの強さはこうして作られて来た」その…
  6. 保護中: 【購入者限定】選手の能力を引き出すための多彩なトレーニングメ…
  7. 保護中: 【購入者限定】ボール以外に注意を向ける工夫がコレ↓
  8. 保護中: 【購入者限定】狙いを持ったトレーニングメニューで選手の能力を…
  9. 【サッカー】クロスボールの守備について
  10. 保護中: 【購入者限定】コーンドリのトレーニングのポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:トレーニング

「利き足のポイント」という観点から、「利き足でボールを持って取られない」という意識は、絶対に持ってほしいです。その意識ありきで、ボールを触ること、ボールトレーニングに励むからこそ、「利き足のボールコントロールトレーニング」は大きな効…

前回、どのような意識を持つかについてお話しましたが、その意識を元にトレーニングするから効果があります。今回より「リフティングトレーニング」に入りたいと思いますが、その前に、リフティングの意味について、お伝えしたいと思います。■リ…

前回、ボールを取られない、ボールを持てる、利き足でボールを持って取られないという意識についてお話しさせて頂きました。今回も、改めて意識についてお話しさせて頂きます。なぜ、意識することが重要なことかと言うと、例えば、リフティン…

ドリブル練習の方法について、アウト(小指)のドリブル、アウトのターン、アウト(小指)イン(親指)のドリブルをお伝えさせて頂きました。今一度、ボールを触る前に、意識の仕方についてお話しさせて頂きます。■しているとしていないで差が生…

前回は、アウトのターンの練習方法についてお話させて頂きました。今回は、アウト(小指)とイン(親指)部分でボールをタッチするトレーニングの紹介と、なぜそれが重要なのかをお伝えします。一般的に非常に多いボールタッチ練習は、両足の…

今週は多くの小学校で入学式が行われているようです。小学1年生になられたお子さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。ウチのチームにも小学校入学と同時にサッカー小僧たちが入団してくれました。幼稚園の年長時代から遊びに来ている…

先ず、サッカーを始めたばかり、または、幼稚園児や低学年のサッカーを始めるような子達には、最適な練習をお伝えします。ボールに慣れてない人達に対してこそ、正しい練習をしなければ、悪い癖が付いたままでサッカーをやってしまうことになります。…

こんにちは鬼木です。お元気ですか?僕はUEFAの策略(CL,ELのキックオフが23時)により完全に夜型生活となってしまい、毎日寝不足をこじらせております…。3月も中旬を過ぎ、日本ではそろそろ新年度が始まりますね。…

フットボールスタイリストの鬼木です。まずは、こちらの動画をご覧ください。実にかわいい動画ですが、この動画が今日のテーマです。■やるべきことのために体を動…

こんにちは!今井です。第五回となる今回のテーマは、「サッカーが上手い選手は皆、脱力している」です。私はこれまで多くのサッカー選手とプレーしてきました。大学時代はJ1クラブとのトレーニングマッチを何度か経験し、プロサッ…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 三浦です。チームに新しい選手が入ってくれました。小学2年生と3年生の2名です。…
  2. 先ず、ちょんちょんリフティング千回は必須です。それをやれないことには、軸には繋がらないと思っ…
  3. 三浦です。皆さんのチームではシュート練習にどれくらい時間を割いていますか。小学生のチ…

おすすめ記事

  1. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  2. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  3. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
ページ上部へ戻る