閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:シュート

こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?“comeの概念”でどうフットボールを瞰ていくか?をお伝えしました。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向…

ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリのドリブラーでしたが、欧州で活躍されている今は、まったくプレースタイルが変わりました。その理由とは…?鈴木コーチが解説してくれ…

こんにちは鬼木です。今回上手くまとめられず何度も書き直しをしているところで、長友選手が“comeの概念”のお手本のようなゴールを決めてくれました!55日ぶりの復帰戦で1923日ぶりのゴールだったそうです。リハビリ期間…

今週は多くの小学校で入学式が行われているようです。小学1年生になられたお子さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。ウチのチームにも小学校入学と同時にサッカー小僧たちが入団してくれました。幼稚園の年長時代から遊びに来ている…

日本の環境の中で、強豪国の子供たちのような感覚、技術を身につけるためには、どのように育成指導していけば良いのでしょうか?■「サッカーの本当の基礎基本」を知る必要があります。サッカーは、ボール一個と二つのゴール、敵…

シュート力向上について解説しています。前回は、ワンタッチシュートのポイントについて解説しました。3つのポイントを紹介しましたが、今回はそのポイントごとに解説します。■ワンタッチシュートのポイントペ…

今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでしたが、今回は、ペナルティ内のシュートについて解説します。サッカーで最も大切なスキルである「シュート」をシュートの長さとシュートを打つエ…

先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボールを持ってシュートを放つという基本について解説しました。テーマは、・ファーストタッチで前を向く、シュートを打った後もバランスを…

ジュニアのチームは、ちょうど今が切り替え時期です。切り替え時期とは、4月からの活動の準備期間でもあります。小学校を卒業する現在の6年生はジュニアユースや中学の部活でサッカーをするための準備をします。小学5年生や4年生…

アジアカップで、森保ジャパンが「勝つサッカー」を見せてくれています。森保ジャパンのプレーを見て思いました。相手にボールを持たれてもシュートを打たせないことで失点を防げるということです。僕が指導している少年サッカーでは…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る