閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
  4. 【サッカー】相手から離れるための「バックステップ」
  5. 【サッカー】守備も段階的に学んでいきましょう
  6. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの意味と効果
  7. 【サッカー】スピード重視でドリブル練習を行うメリット
  8. 【檜垣コーチ】自分の身体をコントロールする
  9. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  10. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:シュート

三浦です。今年に入ってもうすぐ1ヶ月経ちます。あと2ヶ月経つと新年度です。3年生は4年生になり、4年生は5年生になります。僕は小学生にサッカーを指導して来ましたが、小学生のサッカーで一番大事な時期は6年生ではなく、4…

三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名称は、以前は全日本少年サッカー大会でした。全日、全少という略称で呼ばれていました。都道府県によって選手権の方式は異なっています。…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの「まったく新しいボールの蹴り方2」について指導者目線でレビューしています。今回はまとめ的な内容と三浦の本音をチラッとお話しします。■コーチの固定概念が選手の成長を妨げている…

三浦です。秋のこの時期になると、ジュニアユースチームのセレクションが話題になります。対象は6年生ですが、中学生になってサッカーを続ける場を選ぶことになります。ウチのチームにもジュニアユースチームはあるのですが、ガチガ…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。指導者としては、チーム全員のキックが上達することを願っていることでしょう。上達したキックを試合で活かしたい。…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。多くの指導者は「蹴り方の上達方法」と聞くと、インステップで強くて正確なボールを蹴ることをイメージするでしょう。ま…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。!突然ですが…指導者のあなたに質問させてください。スクエアパスを練習で行ったこと…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの新作「まったく新しい蹴り方2」について指導者目線で解説しています。今日は僕と僕のチームの「キック指導失敗談」についてお話しします。本当はお話ししたくないんですけど、あの時に鈴木陽二郎さんの…

三浦です。指導者の方にお聞きします。何年生を担当していますか?お父さん、お母さんにお聞きします。お子さんは何年生ですか?もし低学年(3年生以下)であれば、おそらく団子サッカーになっているか、団子サッカーをなんとかしよ…

サッカー楽しんでますか?サッカーの楽しさのひとつはボールを蹴ることですよね。ボールを思い通りに蹴れないとサッカーは楽しくないです。では、ボールを思い通りに蹴るにはどうすればいいのか?■まったく…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. こんにちは!檜垣です。サッカーの技術とは、試合の中で「ボールを自分のもの」に出来る技術こそが…
  2. こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。第…
  3. 三浦です。先週末から昨日まで土曜を含めると3日間トレーニングを行いました。以前からま…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
ページ上部へ戻る