閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
  4. 【サッカー】アイディア次第で現状を打破できます
  5. 【サッカー】リフティングもよいが、より効果のある方法とは【自主練】
  6. 【檜垣コーチ】利き足だけからが、本当のはじめの一歩
  7. 【サッカーの本質】日本のサッカーには相手がいない
  8. 【檜垣コーチ】利き足からボールを自分のものにする
  9. 【サッカー】頭を使ったプレーを意識させるには?
  10. 【サッカー】素早い「予測」と「判断」局面を打開するテクニック
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:パス

今回の講師である「吉田康弘」さん。吉田さんはジーコの後継者と言われ、J1では通算311試合に出場されました。プロサッカー選手の平均寿命が25歳頃と言われている、厳しい世界の中で、吉田さんは18年という長い間活躍され、非常に多…

あなたもご存知の通り、基礎はとても大切です。なぜなら、基礎には「ここまでやればいい」という上限がありません。ワールドクラスの選手たちのプレーは、高度なテクニックでも、実に簡単そうにプレーしてるように感じられることはありませんか?…

<今週のオススメDVD教材>2019年全国サッカー大会出場!!!■全国大会優勝チーム、センアーノ神戸監修「本番に強い選手の育て方~試合で活躍できる「個」を育てるためのトレーニングメソッド~ポゼッション編 」日本代表 香川…

三浦です。2月に入りました。6年生は残すところあと1ヶ月でチームを巣立っていきます。思い出づくりとしての大会に参加しています。一方、5年生は4月からのトップチームとして準備に余念がありません。先週土曜日の練習…

三浦です。今年に入ってもうすぐ1ヶ月経ちます。あと2ヶ月経つと新年度です。3年生は4年生になり、4年生は5年生になります。僕は小学生にサッカーを指導して来ましたが、小学生のサッカーで一番大事な時期は6年生ではなく、4…

三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名称は、以前は全日本少年サッカー大会でした。全日、全少という略称で呼ばれていました。都道府県によって選手権の方式は異なっています。…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの「まったく新しいボールの蹴り方2」について指導者目線でレビューしています。今回はまとめ的な内容と三浦の本音をチラッとお話しします。■コーチの固定概念が選手の成長を妨げている…

三浦です。秋のこの時期になると、ジュニアユースチームのセレクションが話題になります。対象は6年生ですが、中学生になってサッカーを続ける場を選ぶことになります。ウチのチームにもジュニアユースチームはあるのですが、ガチガ…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。指導者としては、チーム全員のキックが上達することを願っていることでしょう。上達したキックを試合で活かしたい。…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。多くの指導者は「蹴り方の上達方法」と聞くと、インステップで強くて正確なボールを蹴ることをイメージするでしょう。ま…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. リフティングというトレーニングは、サッカーが上手くなるために不可欠なトレーニングです。サッカ…
  2. 三浦です。年明け時点の予定では、3月の3連休には大きい大会が予定されていました。U1…
  3. はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。ボールは、あっちこっちと動きますから…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
ページ上部へ戻る