閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:練習法

ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始めたのですが、ちょっとちびまる子ちゃんに似た元気な子です。男子に負けないプレーで将来が楽しみです。さて、今回は読者の方から、質…

ドリブル練習の方法について、アウト(小指)のドリブル、アウトのターン、アウト(小指)イン(親指)のドリブルをお伝えさせて頂きました。今一度、ボールを触る前に、意識の仕方についてお話しさせて頂きます。■しているとしていないで差が生…

長いGWはいかがでしたか。「サッカー漬けの日々でした!」という声が聞こえてきそうですね。試合をして、問題点を発見して、翌日の練習で修正して、また翌日に試合をする。そんなスケージュールを組むことが出来たチームは収穫があ…

前回は、アウトのターンの練習方法についてお話させて頂きました。今回は、アウト(小指)とイン(親指)部分でボールをタッチするトレーニングの紹介と、なぜそれが重要なのかをお伝えします。一般的に非常に多いボールタッチ練習は、両足の…

今週は多くの小学校で入学式が行われているようです。小学1年生になられたお子さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。ウチのチームにも小学校入学と同時にサッカー小僧たちが入団してくれました。幼稚園の年長時代から遊びに来ている…

先ず、サッカーを始めたばかり、または、幼稚園児や低学年のサッカーを始めるような子達には、最適な練習をお伝えします。ボールに慣れてない人達に対してこそ、正しい練習をしなければ、悪い癖が付いたままでサッカーをやってしまうことになります。…

選手たちも春休みになり、平日のトレーニング参加も増えて来ました。場所さえ確保出来れば、もう1日増やしたいところです。春休みは、トレーニングの量を確保できるだけでなく、休養日も確保できるので、トレーニングの質を高めることが出来ます…

ウチのチームでは小学1年生から6年生までの子供たちがサッカーを楽しんでいます。いつもは5,6年生を担当している三浦ですが、3年生以下のコーチが息子さんの卒業式で休みをとったので、2日間3年生以下を担当しました。担当コーチによ…

3月中の練習は、基礎練習が中心です。止める、蹴る、運ぶというボールを扱うスキルを高めることはもちろんですがパスを出したら動く、スペースを作る、スペースに走るというスペースを使うことが出来るような練習を取り入れています。…

最近は気温が上がってきました。選手達は半袖短パンの練習着で走り回っています。汗をたっぷりかいているので水分補給をしっかりするよう指導しています。この時期からゴールデンウィークまでが暑さに慣れるための訓化(暑気馴化)の…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る