閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  2. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
  3. 【サッカー】強豪チームと自チームとの「差を知る」大切さ
  4. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  5. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  6. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  7. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  8. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  9. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
  10. 【実話】ロングボールを蹴れることよりも大切な事とは?
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:フットボールの勉強

三浦です。チームに新しい選手が入ってくれました。小学2年生と3年生の2名です。夏休みが終わって新学期が始まるこのタイミングで毎年のように新しい仲間が増えます。夏休みの終わりがひと区切りということなのでしょうね…

今回、これまで6,000人以上に及ぶフットボーラーを指導し、日本代表・長友佑都の専属コーチとして数多くの成果を上げてきた「鬼木祐輔コーチ」とスポーツDVD 日本No.1のリアルスタイルがタッグを組み蹴り方に特化した特別な練習会を行うことが決…

こんにちは鬼木です。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向き合い方の最後のお話しをさせていただきます。これまでの記事はコチラ↓http://soccer-rs.com/wp/skill/1455.…

こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?“comeの概念”でどうフットボールを瞰ていくか?をお伝えしました。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向…

ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリのドリブラーでしたが、欧州で活躍されている今は、まったくプレースタイルが変わりました。その理由とは…?鈴木コーチが解説してくれ…

こんにちは!今井です。第11回となる今回のテーマは、「サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス」です。育成年代のサッカーの指導者は、子どもたちにサッカーがどれだけ面白いものなのかを伝え、選手個々の技能向上をサポートするのが指導…

こんにちは鬼木です。今回上手くまとめられず何度も書き直しをしているところで、長友選手が“comeの概念”のお手本のようなゴールを決めてくれました!55日ぶりの復帰戦で1923日ぶりのゴールだったそうです。リハビリ期間…

こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。第10回となる今回のテーマは、「サッカーをシンプルにプレーするとはどういうことか」です。 少年サッカーの現…

こんにちは鬼木です。お元気ですか?僕はUEFAの策略(CL,ELのキックオフが23時)により完全に夜型生活となってしまい、毎日寝不足をこじらせております…。3月も中旬を過ぎ、日本ではそろそろ新年度が始まりますね。…

こんにちは鬼木です。お元気ですか?新年度が始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか?学年環境が変わる方は期待や不安やいろんな気持ちが駆け巡っていると思いますが、何事も「最初が肝心」と言われますので、心機一転立ち上がりからガン…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. U12選手権の都道府県予選も終わり、一段落ついたのと新チームのレベルアップを目的にして普段から付き合…
  2. 三浦です。僕が尊敬する三浦カズさん。カズさんが所属する横浜FCがJ1に復帰することになりまし…
  3. 11月に入り、2019年度JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会の都道府県大会が行われていま…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  2. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
  3. 【サッカー】強豪チームと自チームとの「差を知る」大切さ
ページ上部へ戻る