閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
閉じる
閉じる
  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
  4. サッカーは足を使うが、足だけでサッカーは出来ない
  5. 【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【…
  6. シュートの何が難しいのか?
  7. 【檜垣コーチ】アウトのターンから良いボールの持ち方を身につける
  8. サッカーをシンプルにプレーするとはどういうことか
  9. 【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由
  10. 本当の意味の仕掛けるドリブルとは
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:トレーニング

今週は多くの小学校で入学式が行われているようです。小学1年生になられたお子さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。ウチのチームにも小学校入学と同時にサッカー小僧たちが入団してくれました。幼稚園の年長時代から遊びに来ている…

先ず、サッカーを始めたばかり、または、幼稚園児や低学年のサッカーを始めるような子達には、最適な練習をお伝えします。ボールに慣れてない人達に対してこそ、正しい練習をしなければ、悪い癖が付いたままでサッカーをやってしまうことになります。…

こんにちは鬼木です。お元気ですか?僕はUEFAの策略(CL,ELのキックオフが23時)により完全に夜型生活となってしまい、毎日寝不足をこじらせております…。3月も中旬を過ぎ、日本ではそろそろ新年度が始まりますね。…

フットボールスタイリストの鬼木です。まずは、こちらの動画をご覧ください。実にかわいい動画ですが、この動画が今日のテーマです。■やるべきことのために体を動…

こんにちは!今井です。第五回となる今回のテーマは、「サッカーが上手い選手は皆、脱力している」です。私はこれまで多くのサッカー選手とプレーしてきました。大学時代はJ1クラブとのトレーニングマッチを何度か経験し、プロサッ…

先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は、50m走や1500m走などフィジカル系の記録とリフティングやキックの飛距離などの記録を取りました。フィジカルの能力は数値で把握でき…

さて今年は亥年ですね。イノシシというと猪突猛進という言葉を連想しますが、正月からよいスタートダッシュを切りたいものです。でも、ここで、去年を振り返ってみてください。1年間通して身に付いたこと身に付かなかったことがある…

こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。まずは簡単な自己紹介をさせてください。--------------------------------------------…

フォワードは体格がよくて、キック力がないといけない。少年サッカーにおいてもこのような考え方をする人々が多いのではないでしょうか。それは、ゴールを奪うためには、強いシュートを打たなければならないし強いシュートを打つため…

僕のチームのOBが高校サッカー選手権大会の予選に出ているので、コーチ仲間と一緒に応援に行きました。OB2名がスタメンに名前を連ねています。小学生時代、中盤とトップの選手だったのですが、今回の試合では、トップの子はセンターバッ…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 子供たちはドリブルが大好きです。ドリブルシュートというメニューが大好きです。ウチのチーム…
  2. このDVDでは、ドリブルの1対1で勝つためのポイントを初心者にもわかりやすく指導しています。…
  3.  新作DVDが評判です。強豪兵庫FCと永濱代表を知る指導者が注目しています。…

おすすめ記事

  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
ページ上部へ戻る