閉じる
閉じる
閉じる
  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
  4. サッカーが上手い選手は皆、【脱力】している
  5. 身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  6. サッカーの原点とはシュートである。
  7. リフティングと緊張
  8. サッカーは教えれば教えるほど下手になる
  9. サッカー選手としての実力を診断してみよう
  10. 「利き足を使うことの効果」と「リフティングの効果」
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:トレーニング

こんにちは!今井です。第五回となる今回のテーマは、「サッカーが上手い選手は皆、脱力している」です。私はこれまで多くのサッカー選手とプレーしてきました。大学時代はJ1クラブとのトレーニングマッチを何度か経験し、プロサッ…

先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は、50m走や1500m走などフィジカル系の記録とリフティングやキックの飛距離などの記録を取りました。フィジカルの能力は数値で把握でき…

さて今年は亥年ですね。イノシシというと猪突猛進という言葉を連想しますが、正月からよいスタートダッシュを切りたいものです。でも、ここで、去年を振り返ってみてください。1年間通して身に付いたこと身に付かなかったことがある…

こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。まずは簡単な自己紹介をさせてください。--------------------------------------------…

フォワードは体格がよくて、キック力がないといけない。少年サッカーにおいてもこのような考え方をする人々が多いのではないでしょうか。それは、ゴールを奪うためには、強いシュートを打たなければならないし強いシュートを打つため…

僕のチームのOBが高校サッカー選手権大会の予選に出ているので、コーチ仲間と一緒に応援に行きました。OB2名がスタメンに名前を連ねています。小学生時代、中盤とトップの選手だったのですが、今回の試合では、トップの子はセンターバッ…

「だから、【ボールを蹴れない】んですよ」と、目の前の男は不敵な笑みを浮かべながら、私に言いました…2018年6月25日。私は埼玉県にある、とあるフットサル施設に向かいました。その目的は「蹴り方教室」という、他ではあまり聞かれない…

先週末も台風上陸の予報があったため、練習を兼ねてフットサル大会に参加しました。フットサルのスキルがサッカーに役立つことは、これまでもお伝えしてきました。今回参加した大会でも多くの事を学びました。特にサイドキックの正確…

今回は、ドリブルテクニックを向上させる練習について紹介します。皆さんのチームでは、どんなドリブル練習を行っていますか。カラーコーンを使って行う練習が多いかと思います。今回ご紹介する練習方法もカラーコーンを使いますが、…

昨日の森保ジャパン対コスタリカ戦を見て中島翔哉選手の能力の高さを感じました。楽しそうにサッカーをやっているという感じが溢れています。しかしあのポジションはロシアワールドカップで言えば乾選手のポジションなのでロシアワー…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでした…
  2. 「身体が開くとは?」サッカーの指導をしていて、「身体が開く」ことを指摘することがあります。…
  3. 先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボール…

おすすめ記事

  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
ページ上部へ戻る