閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:パス

こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?“comeの概念”でどうフットボールを瞰ていくか?をお伝えしました。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向…

こんにちは鬼木です。今回上手くまとめられず何度も書き直しをしているところで、長友選手が“comeの概念”のお手本のようなゴールを決めてくれました!55日ぶりの復帰戦で1923日ぶりのゴールだったそうです。リハビリ期間…

今週は多くの小学校で入学式が行われているようです。小学1年生になられたお子さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。ウチのチームにも小学校入学と同時にサッカー小僧たちが入団してくれました。幼稚園の年長時代から遊びに来ている…

ウチのチームでは小学1年生から6年生までの子供たちがサッカーを楽しんでいます。いつもは5,6年生を担当している三浦ですが、3年生以下のコーチが息子さんの卒業式で休みをとったので、2日間3年生以下を担当しました。担当コーチによ…

こんにちは!今井です。第五回となる今回のテーマは、「サッカーが上手い選手は皆、脱力している」です。私はこれまで多くのサッカー選手とプレーしてきました。大学時代はJ1クラブとのトレーニングマッチを何度か経験し、プロサッ…

■高校サッカーの技術向上の背景今回の大会を観戦して思うことは、いわゆる「ドカ蹴り」のチームが少なくなったということです。トーナメント方式で戦うので、ゴール前にドーンとボールを放り込んでこぼれ球を狙うという戦い方はある意味では合理…

ボールがない時の動きについて解説します。僕は、ボールを持っていない時の選手の動きをじっと見ることがあります。ボールは見ません。その選手が何を見て、どこに移動しようとしているのか、それだけをずっと見ています。こ…

サッカーファンや少年サッカーの保護者の中には、サッカーの戦術についてとても詳しい人がいます。たしかに戦術論は楽しいものです。将棋や囲碁の戦法に似た一面もあって、サッカーをより楽しくする要素とも言えるでしょう。そんなサ…

ご存知のように、サッカーは足を使うスポーツですが、足首から膝、そして、股関節を思い通りに動かすトレーニングは意外と行われていないように思います。パスやドリブルの練習をして、ストレッチ等をしていれば自然に下半身が自由自在に動くようにな…

サッカーはパスゲームと言われますが、パスを成功させるためには何が必要だと思いますか。いろいろ思い浮かびますね。うちのチームで、まだこの答えを知らない選手たちにこの質問をすると次のような答えが帰ってきます。 パスの正…

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る