【檜垣コーチ】ドリブルとターンを利き足で行う秘訣

スキルアップ ドリブル 練習法

ターンの練習でアウトのターンを徹底する理由は、正しくボールを運べていないと、キレイにアウトのターンができないからです。

全国にサッカー教室で各地に行きましたが、本当にキレイにアウトのターンをする子には出会ったことがありません。

なぜなら、正しいボールの持ち方ができてないからです。

素人にターンをやらせてみると、必ず足の裏でボールを止めようとします。

それは、足からボールが離れてしまうからで、その場合、ボールから一番近いのは足の裏だからです。その次は、インでのターンです。

どちらも、それらのターン自体が悪いのではなく、ターンの前のボールの持ち方、ボールの運び方、ボールの置き場所、ステップ、軸、バランスなどを正しく見れてなければなりません。

ほとんどが無意識に足の裏でのボールストップ、インのターンなどをするのは、ボールが足から離れているのと、人間の身体の構造上、それらが一番やりやすいからです。

ですから、先ずは利き足で正確にボールを持ち、ボールを運び、ボールを置くことから、アウトのターンにつながるように見極め、指導する必要があります。

この練習自体は、非常にシンプルなことですが、最低限、そこまで見極めて、正しくトレーニングしなければいけないですね。

 

利き足からボールを離してはダメ

利き足から離れたボールをアウトでターンしようとした場合、ステップして、ボールを近くに置かなくてはいけないです。

利き足から離れたボールを正しくアウトのターンをする場合、ステップしてボールに近づく必要があります。

この場合も含めて、本当に気をつけて見極めなければならない部分は、利き足のアウトでボールタッチ(アウトでターン)した後に、ターンした後のボールの置き場所は、どこにあるかです。

アウトでターンした後に、ボールの置き場所が利き足側にない場合は、正確にボールが自分のものになっていないのです。

アウトのターンのトレーニング自体は、誰もが手軽にやるメニューかもしれませんが、細かいところまで気をつける、細かいところまで見極める、それこそが最も重要です。

このアウトのターンの練習での注意点として、先ず利き足からボールを離さないように気をつけてください。

そのときに、ボールタッチを細かくしないように注意してくださいというのは、ボールはタッチする度に、ボールは足から離れてしまいますから、やみくもにボールタッチを細かくする必要はありません。

それと、ボールをタッチしているときには次のプレーができませんから、ボールタッチが細かくではなく、利き足からボールを離さない場所にボールを置くように気をつけてボールを運んでください。

これらの点を注意して、トレーニングしていれば、ボールの持ち方等は良くなります。

 

両足でバタバタとボールタッチしてはいけない

試合中でのボールの持ち方に関していえば、利き足にボールがあった場合は、敵のプレッシャーは当然、利き足にあるボールに来るわけです。

そのときに、プレッシャーに慌ててしまい、インでボールタッチしてしまうことは、誰でもあります。

人間の足は両足横並びにありますから、インでのボールタッチが一番やりやすいのです。

だから、両足の間にボールを置いて、左右のインでバタバタとボールタッチが楽なわけです。

その楽なボールタッチは、ボールの持ち方、ボールの置き場所等、悪い癖がつくのでやらない方が良いです。

 

ボールの位置がズレる原因

誰でも、インでボールを触りがちになるため、アウトのターン、アウト側にボールを運ぶ、アウト側に抜くなどを気をつける必要があります。

プロの選手の場合、アウトでも、インでも、足裏でも、ターンやボールの運び方、ボールの持ち方、抜き方など、基礎ができてからのボールキープ、ドリブルですから、ちゃんと基礎を学び、身につける努力があった上で、一つ一つのプレーを考えてやってほしいのです。

利き足にボールがある、そのボールにプレッシャーが来る、インでボールタッチしてしまい、ボールの置き場所がズレて取られることなどは、ありがちな例です。

 

切り替えしでボールを失う原因

あと、プレッシャーで、ボールが離れてインで切り返して、ボールを失うなど。

そのプレッシャーを回避するための小手先のダブルタッチはしないでほしいです。

それよりも、しっかりボールを置いてからの利き足側に抜く、または、完全に相手の逆を取った鋭いインの切り返しなどを身につけられれば、ダブルタッチなどは、勝手にできるものです。

だからこそ、基礎のボールの持ち方、ボールの置き場所等をしっかり身につけてほしいです。

 

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。
現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。