【檜垣コーチ】集中したリフティングトレーニングのやり方

スキルアップ DVD教材 練習法

こんにちは!檜垣裕志(ひがきゆうし)です。

今回のテーマは「安定したリフティング、安定したボールコントロールを目指す方法」です。

利き足のインステップリフティングは、ボールコントロールを安定させるための基本中の基本ですから、必ずトレーニングメニューの一つとして取り入れてください。

前回は、利き足のインステップリフティングを千回を目指してほしいと伝えましたが、これは必ず達成してほしいですし、コツコツと継続していけば、必ず達成できます。

利き足リフティングの効果は、ボールコントロールの質を上げる、立ち足のステップ、バランス、軸など、非常に良い効果を上げることが出来ます。

■リフティングが1回もできなかった高校時代

ありがちな問題は、なかなか集中できない、継続、持続してやれないなどがあります。

僕は高校時代、リフティングも出来ませんでしたから、その気持ちはよくわかります(笑)

だからこそ効果もよくわかっていますし、やり方次第、取り組み方次第ですから、その方法をお伝えします。

■達成できる目標設定のやり方

例えば、100回までリフティング出来ない場合は、とにかく継続してコツコツやり続けてください。

はじめは、皆、リフティングの記録は、一桁ですから、心配せずに、焦らずコツコツやり続けていれば、必ず出来るようになります。

100回まで出来るようになったら、とにかく一回一回に対して、ちゃんと集中することが重要です。

リフティングの記録が100回出来たのに、普段のリフティングトレーニングで、たった数回でボールを落としてしまうとかは、絶対にダメです。

そのためには、まずは、確実に落とさない数字を決めてください。

例えば、最高記録が100回であれば、20回以下では、絶対に落とさない、毎回、リフティングし始めたら20回は必ず超えてやり続ける、など、絶対に落とさない明確な数字をちゃんと決めることが大事です。

毎回、リフティングし始めたら、最低限は絶対にボールを落とさないという集中がボールコントロール、ボールタッチの向上に繋がります。

■最低限の記録は必ず設定する

そして、次に、その日の最低限の記録を設定することです。

リフティングの記録が100回であれば、例えば、その日のトレーニングでは、半分の50回以上は、必ずクリアするという数字を設定してください。

これくらいなら頑張ってクリアして、継続できる数字を設定することで、調子が悪くても必ずやりきることを続けていれば、調子が良い時には、最高記録を更新していけます。

ボールを触った瞬間から、絶対に落としてはいけない数字をクリアしながら、リフティングトレーニングと向き合って、毎回、最低限の目標数字をクリアすることをやっていくと、間違いなく、ボールへの集中力が増し、ボールコントロール、ボールタッチの質が上がります。

絶対に、なんとなくボールを触らない、なんとなくリフティングをしない、これは非常に重要です。

ボールを触る時の意識が、ボールコントロール向上のポイントです

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■