鈴木陽二郎に関する記事一覧


鈴木陽二郎

ボールを止めようとしたり触ろうとすると、中々上手くいきません。なぜなら、認識がボールになっていて止めようとしすぎるからです。それよりも、ボールを上に投げて落ちてくるボールの軌道上でボールを止めるだけです。

ドリブル 鈴木陽二郎 練習法

ドリブルが認識の中心が目的地化ボールかで、動きが変わることは何度もお伝えしてきました。今回は、そんな認識の違いやドリブルのリズムである「トン」について、ノーステップジグザグドリブルから学んでいきます。

鈴木陽二郎

今回は、前回に引き続きドリブルの練習メニューを紹介します。メニュー内容は違いますが、行う目的や利点は同じです。ただ、今回注目してほしいのは”タイミング”です。

鈴木陽二郎 練習法 トレーニング

ドリブル・リフティングとキックを、分けて行っていませんか?フットボールは、動作を分断してしまうと成立しないスポーツです。そのため、キックの練習を行う際に、ドリブル・リフティングと同じ発想で行うことが大事です。

ドリブル 鈴木陽二郎 練習法

ほとんどのチームや選手が、ドリブルやリフティングの練習に取り組みますよね。では、なぜドリブルやリフティングの練習に取り組むのでしょうか?

鈴木陽二郎

人間は、認識したした形になる性質を持っています。そのため、どこを目的地にして何を認識の中心にしているかが重要で、指導者は、指導している選手の認識の中心がどこにあるのかを、見極める必要があります。

鈴木陽二郎

リフティングはサッカーの基本で、基礎的な技術を身に着けるのに良い練習ですよね?しかし、リフティングが上手いからと言ってキックが上手くなるわけではありません。上手くならないには、ちゃんとした理由があります。

鈴木陽二郎

サッカー選手の中でも、特に子どもは指導者に教わったことが、自身の中のサッカーのすべてになります。そのため、子どものころから認識の中心を意識することが大事なんです。

鈴木陽二郎

認識の中心をどこに置くのかで、プレーが大きく変わることは、何回もお伝えしてきました。しかし、実際認識の中心が違うだけで、どういう違いがあるのか理解できている人は多くないと思います。そこで、認識の中心がボールと目的で、どういった違いがあるのか見ていきましょう。

鈴木陽二郎

多くの選手は、蹴る瞬間については意識することができています。しかし、蹴り終わりまでを意識できている選手は少ないです。サッカーは、途切れないスポーツですので、蹴り終わりまで意識することが大事なんです。