鈴木陽二郎に関する記事一覧


鈴木陽二郎

認識の中心をどこに置くのかで、プレーが大きく変わることは、何回もお伝えしてきました。しかし、実際認識の中心が違うだけで、どういう違いがあるのか理解できている人は多くないと思います。そこで、認識の中心がボールと目的で、どういった違いがあるのか見ていきましょう。

鈴木陽二郎

多くの選手は、蹴る瞬間については意識することができています。しかし、蹴り終わりまでを意識できている選手は少ないです。サッカーは、途切れないスポーツですので、蹴り終わりまで意識することが大事なんです。

鈴木陽二郎

人間は、認識した形になる性質を持っています。そのため、行動が変わる=認識が変わることになりますが、認識を変えるには今の自分自身を知ることが重要です。

鈴木陽二郎

サッカー選手の視野の広さは、選手によって違いますよね。しかし、同じ人間なのにそんなに視野の広さは変わりません。違うのは、認識の差です。

鈴木陽二郎

人間は、認識した形になる性質を持っていることは、何回もお伝えしています。そんな認識を変えるだけで、なぜ自身の行動が変わるのでしょうか?

鈴木陽二郎

人間の視野の広さは、基本的には同じです。しかし、サッカー選手の中には、視野が広い選手と狭い選手とがいます。この差は、どこにあるのでしょうか?

鈴木陽二郎

サッカーは、走って動くことが基本になります。そして、走りながらプレーをするのも基本になります。そんな中、踏み込むことで慣性の法則の影響を受けてしまうことがあります。

フットボールの勉強 鈴木陽二郎 練習法

サッカーでは両足を使えることが求められますが、中には利き足が苦手な選手がいます。そんな選手には、ある共通点があるんです。

鈴木陽二郎 練習法

サッカー選手には、苦手な足があると思います。しかし、その苦手な足が利き足ではない足だと思い込んでいませんか?必ずしも、非利き足が苦手とは限りません。

スキルアップ 鈴木陽二郎

逆足が苦手で上手くならないと悩んでいる選手は、少なくありません。しかし、どれだけ練習しても逆足が上手くなりませんよね?その原因は、目的地の認識にあるんです。