鈴木陽二郎に関する記事一覧


鈴木陽二郎

人間は、認識したした形になる性質を持っています。そのため、どこを目的地にして何を認識の中心にしているかが重要で、指導者は、指導している選手の認識の中心がどこにあるのかを、見極める必要があります。

鈴木陽二郎

リフティングはサッカーの基本で、基礎的な技術を身に着けるのに良い練習ですよね?しかし、リフティングが上手いからと言ってキックが上手くなるわけではありません。上手くならないには、ちゃんとした理由があります。

鈴木陽二郎

サッカー選手の中でも、特に子どもは指導者に教わったことが、自身の中のサッカーのすべてになります。そのため、子どものころから認識の中心を意識することが大事なんです。

鈴木陽二郎

認識の中心をどこに置くのかで、プレーが大きく変わることは、何回もお伝えしてきました。しかし、実際認識の中心が違うだけで、どういう違いがあるのか理解できている人は多くないと思います。そこで、認識の中心がボールと目的で、どういった違いがあるのか見ていきましょう。

鈴木陽二郎

多くの選手は、蹴る瞬間については意識することができています。しかし、蹴り終わりまでを意識できている選手は少ないです。サッカーは、途切れないスポーツですので、蹴り終わりまで意識することが大事なんです。

鈴木陽二郎

人間は、認識した形になる性質を持っています。そのため、行動が変わる=認識が変わることになりますが、認識を変えるには今の自分自身を知ることが重要です。

鈴木陽二郎

サッカー選手の視野の広さは、選手によって違いますよね。しかし、同じ人間なのにそんなに視野の広さは変わりません。違うのは、認識の差です。

鈴木陽二郎

人間は、認識した形になる性質を持っていることは、何回もお伝えしています。そんな認識を変えるだけで、なぜ自身の行動が変わるのでしょうか?

鈴木陽二郎

人間の視野の広さは、基本的には同じです。しかし、サッカー選手の中には、視野が広い選手と狭い選手とがいます。この差は、どこにあるのでしょうか?

鈴木陽二郎

サッカーは、走って動くことが基本になります。そして、走りながらプレーをするのも基本になります。そんな中、踏み込むことで慣性の法則の影響を受けてしまうことがあります。