鈴木陽二郎に関する記事一覧


パス シュート フットボールの勉強 鈴木陽二郎 トレーニング

サッカーで全身を効率よく使おうと思ったら、伸びることが重要です。え、伸びるなんて簡単じゃない?と思うかもしれませんが、伸びることができない選手は多いんです。簡単だと思っている伸びるが、なぜできないのか?今回は、そこについて話していきたいと思います。

フットボールの勉強 鈴木陽二郎

ボールをトラップする際に、蹴りやすい場所に置いていませんか?ボールを止める際は、自分の役一歩分前に置くことが大事です。そうすることで、移動と同じ行動がとれるからです。

鈴木陽二郎

多くの人は、ボールを触る時にボールを触る足から動いでいないでしょうか?何を当たり前なことを言っているんだと思うかもしれませんが、これは認識の中心がボールになっていて、焦った状態になるとミスが多くなります。そのため、ボールを触らない足から動き出すことが重要なんです。

スキルアップ 鈴木陽二郎 トレーニング

サッカーは、一つ一つのプレーを分けて行いません。すべてのプレーは、繋がっています。何かをしながら何かをするスポーツなんです。そんな動作の始まりが、立つという動作なんです。

フットボールの勉強 鈴木陽二郎 練習法 トレーニング

上手くなるためにトレーニングを取り入れても、大前提を無視していては意味がありません。自分の認識をしっかり考える必要があります。形を作っている認識を、自分で認識しましょう。

スキルアップ 鈴木陽二郎 練習法

ドリブル・リフティング・トラップ・キックと、サッカーの基礎スキルですよね。そんなスキルですが、成功の基準って同じなんです。それぞれを分けて考えるから、上手くいかないんです。そんな固定観念を外す必要があります。

鈴木陽二郎

練習をする際に、ドリブルやパス、キックの練習を行いますよね。もちろん、リフティングも。その際に、それぞれが別物と考えずに同じ物だと考えることが重要になります。その時に重要で必要になってくるのが、自分の立ち位置です。

フットボールの勉強 鈴木陽二郎 練習法

サッカーで選手を指導する際に、先に見本を見せますよね?その際に、指導者の見本をそのまま行えば、選手も上手にプレーできますよね?しかし、中々上手くプレーできません。だからこそ、認識を変える必要があります。

鈴木陽二郎

ボールを止めようとしたり触ろうとすると、中々上手くいきません。なぜなら、認識がボールになっていて止めようとしすぎるからです。それよりも、ボールを上に投げて落ちてくるボールの軌道上でボールを止めるだけです。

ドリブル 鈴木陽二郎 練習法

ドリブルが認識の中心が目的地化ボールかで、動きが変わることは何度もお伝えしてきました。今回は、そんな認識の違いやドリブルのリズムである「トン」について、ノーステップジグザグドリブルから学んでいきます。