閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
  4. 【サッカー】相手から離れるための「バックステップ」
  5. 【サッカー】守備も段階的に学んでいきましょう
  6. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの意味と効果
  7. 【サッカー】スピード重視でドリブル練習を行うメリット
  8. 【檜垣コーチ】自分の身体をコントロールする
  9. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  10. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの意味と効果

こんにちは!檜垣です。

日本では、リフティングさえもサッカーに必要ないと言う人もいる中で、さらに、テニスボールでのリフティングに関しては、全くやったこともない人もいると思います。

僕自身も、高校生からサッカーを始め、リフティングも全くできずにブラジルに渡り、その技術差に関しては一番悩みました。

 

■プロとアマチュアの差

実際に、プロサッカー選手になるような選手にはリフティングができない選手がいるかというと、そんな選手はいません。

プロサッカー選手で、ボール感覚の良い選手ほど、リフティングも上手いし、多少ボール感覚に課題があるような選手も、それなりにリフティングはできます。

正しいリフティング感覚とボール感覚は比例します。

ですから、正しいリフティングトレーニングを行うことにより、ボール感覚は必ず上がります。

そこで、テニスボールのリフティングトレーニングについてですが、これについては、サッカーボールでちゃんとできるようになってから始めた方が良いです。

 

■ボールを感覚を養わせる自主練習法

サッカーボールで正しいリフティングトレーニングができないのに、テニスボールでのリフティングはまだ早いと言えます。

サッカーボールでのリフティングトレーニングの次に、なぜテニスボールでのリフティングトレーニングが必要なのでしょうか?

そもそも、リフティングトレーニングは何の為に必要なのでしょうか?

ボール感覚、ボールコントロールはもちろんのこと、自分で自分の身体の感覚を上げて、身体をコントロールするためのトレーニングでもあるのです。

ボールトレーニングでは、ボールを見ることができますが、自分の身体の全体像は、自分では見ることができません。

ボールを上手く捕らえるには、自分の身体を上手くコントロールできなければ、目だけでボールを捕らえていても、正確な身体の動きがなければ、ボールに対して上手くコンタクトできません。

ですから、サッカーボールから、さらに小さくなったテニスボールを通じて、目でボールを捕らえて、さらに正確な身体の使い方で、ボールにコンタクトし、ボール感覚を上げることが、より正確なボール感覚、ボールコントロール、身体の使い方を身につけることにつながるのです。

 

■感覚を上げてほしい

その感覚が上がれば上がるほど、サッカーボールでもテニスボールでも変わらないくらいの身体の感覚を身につけられるようになります。

字を書くときに、鉛筆を使うときより筆で書く方が難しいですが、手を使うという感覚に関しては大きな違和感はないでしょう。

それと同じで、例えば、サッカーボールが鉛筆ならば、筆はテニスボールと考えてみてください。

筆というテニスボールの方が扱いにくくても、手を使うことに違和感ないように、利き足に対しても、手と同じように、違和感をなくさなくてはいけません。

 

■上手く身体の使い方を身につけることが重要なテーマ

テニスボールのリフティングを通じて、より上手く身体の使い方を身につけることが重要なテーマなのです。

利き手は、生まれたときから、普段からどんどん使っていますが、利き足はほとんど使いません。

利き手と同じように利き足もたくさん使っていかなければなりません。

そのトレーニングの一つとして「テニスボールリフティング」は非常に効果的なトレーニングです。

 

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。
現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ

  2. 「移動の延長線上」でサッカーを指導してみると…

  3. 【三浦コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付…

  4. 【明日公開】正しい蹴り方を学んだ後に、身に付けなければいけない事…

  5. サッカーが上手い選手は皆、【●●】している

  6. ゴールエリアの中で打つシュート、ペナルティエリアの外から打つシュ…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは!檜垣です。サッカーの技術とは、試合の中で「ボールを自分のもの」に出来る技術こそが…
  2. こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。第…
  3. 三浦です。先週末から昨日まで土曜を含めると3日間トレーニングを行いました。以前からま…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。