閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
  4. サッカーは足を使うが、足だけでサッカーは出来ない
  5. 【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【…
  6. シュートの何が難しいのか?
  7. 【檜垣コーチ】アウトのターンから良いボールの持ち方を身につける
  8. サッカーをシンプルにプレーするとはどういうことか
  9. 【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由
  10. 本当の意味の仕掛けるドリブルとは
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】なぜアウトのターンなのか?【利き足理論】

前回は、アウト(小指を中心)でボールを押し出して、真っ直ぐにドリブルするトレーニング、その意味や重要性をお伝えしました。

今回は、ドリブルからのターンについて、ご説明します。

 

■アウトのターンの重要性

ターンについては、いろいろありますが、例えば、足の裏のターン、インのターン、アウトのターン…

応用も他にもありますが、ここでは、非常にシンプルで、なおかつ基本であり、一番重要なアウトのターンについてお話します。

なぜ、一番重要かと言うと、人はもともと、キレイにアウトのターンが出来るように、その感覚がありません。

例えば、サッカーを全くやったことがない人に、ドリブルしてからターンして戻って来てと言ったところ、キレイにアウトでターンは出来ません。

なぜなら、足から離れたボールは、ターンしようと思うと、先ずは足の裏を使うのが自然です。

これは、足から離れたボールをターンするには、ボールを止めなければならず、足の裏が一番ボールに近いからです。

次は、インを使ってボールを止めようとします。

人間の身体は、その両足は横並びにあり、インを使うことが楽に出来ているからです。

そのため、ターン練習は、自然に出来る足の裏、インは省いて良いです。

足から離れたボールを止めるには、足の裏かインしか使えませんから。

だからこそ、足からボールが離れないようにすることができるように、ボールを自分のものとするために、ターン練習は、しっかりとアウトでやる必要があります。

キレイにアウトでターン出来るときは、足からボールが離れてないときです。

でも、足からボールが離れたときにも、アウトでターンするには、ステップしてボールを自分のものにしなければなりません。

このように、ワンタッチワンタッチの意識が必要ですし、「ボールの置き場所、ステップ」といったサッカーには絶対に必要な感覚を身につける基礎にも繋がっているのです。

前回のドリブルでもそうですが、ワンタッチワンタッチには必ず意味があり、意味あるものとするには、どのような考え方の元に、正しい意識を持ってやるかです。

では、そのアウトのターン、他にも気をつけるポイントは、前回のドリブルでは、真っ直ぐにドリブルすることを伝えましたが、真っ直ぐにドリブルし、そのボールを180度アウトでターンするから意味があります。

真っ直ぐに進み、180度アウトでターンする場合、ボールは自分のものになっていなくなればならないです。

そのためには、ターンする前のボールタッチ、ボールの置き場所、ステップが非常に重要です。

アウトでのターンを楽しようとすると、ボールは真っ直ぐに運ぶのではなく、利き足側に流し、アウトでターンしやすくすることができます。

それでは、アウトのターンの意味がありません。

また、アウトでターンをしてるつもりが、アウトでドリブルし、アウトで回ってターンするのも違います。

例えば、目の前にマーカーがあり、アウトでボールタッチし、そのマーカーを回ってターンするような感じです。

もちろん、そのような練習方法もありますが、ここでは、真っ直ぐにドリブルし、真っ直ぐにアウトでターンすることが、ボールの持ち方、ボールの置き場所等に効果があります。

先程のマーカーの話であれば、マーカーを回るのではなく、マーカーの手前で急激にターンすることができる方が、より良い効果があります。

真っ直ぐにアウトでドリブルし、真っ直ぐにアウトでターンする…

他にも気をつけるポイントは、真っ直ぐにアウトでドリブルし、ちゃんと真っ直ぐにアウトでターン出来てるかは、アウトでターンした後のボールの置き場所を見てください。

アウトでターンしたボールの置き場所が、逆足側になっている場合もあります。

利き足のアウトでターンし、また利き足でボールを触っているからと、正しくアウトでターン出来てるわけではありません。

アウトでターンした後のボールの置き場所は、必ず利き足側になければいけません。

このように、たかがアウトのドリブル、たかがアウトのターンに見えても、そのワンタッチワンタッチから、どのような意識を持ってトレーニングするか、また学ぶかで、サッカー選手としての成長に違いが生まれます。

次回は、アウトのターンの他の練習方法もご紹介します。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

関連記事

  1. 【サッカー】シュート力が無い?キックのフォームに問題があるのかも…

  2. アギーレ新監督が好む実戦的な選手とは?

  3. ボールコントロールでかわすだけでなく、腕の使い方、体の使い方が実…

  4. 【上達法】中学サッカーに必要な3つのポイント

  5. ぜひ小・中学生のうちにセオリーについて学んで欲しいと思います。

  6. 「ゲームコントロール」の意識

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 子供たちはドリブルが大好きです。ドリブルシュートというメニューが大好きです。ウチのチーム…
  2. このDVDでは、ドリブルの1対1で勝つためのポイントを初心者にもわかりやすく指導しています。…
  3.  新作DVDが評判です。強豪兵庫FCと永濱代表を知る指導者が注目しています。…

おすすめ記事

  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。