ボールの芯を捉える強いシュートの打ち方

シュート

今回は「強いシュートの打ち方」についてお話していきたいと思います。

監督やコーチに「ボールの芯を蹴れ」「ボールの中心を蹴れ」などと言われた経験がある方は非常に多いいと思います。

中心と芯を捉えなければ強いシュートを蹴ることはできません。

しかし、ボールの中心・芯はどこなの?と疑問を持っている方は多いいのではないでしょうか?

だいたいの位置でボールの真ん中と思って蹴る練習をしている方は非常に多いいと思います。

ボールの中心・芯がわかりやすい練習が「インステップのキック」と「カーブキック」です。

今回は、ボールの芯・中心を紹介しつつ「インステップのキック」と「カーブキック」が上手く蹴れる方法を紹介します。

ボールの芯・中心

ボールの中心とは、外から見た時の中心です

例えば、上の中心は上から見たボールの中心、横の中心は横から見たボールの中心です。

ボールの芯とは、ボールのど真ん中のことで、内部の真ん中のことです。

インステップキック

インステップとは、足の甲の少し出ている骨の部分で蹴ることです。

ボールの横の中心の少し下を蹴り、ボールの芯に向かってインステップでまっすぐ蹴ります。

インステップで蹴ると回転がかかります。

しかし、イン回転やアウト回転がかかってしまう方は、ボールを芯に向かって蹴れていません。

中心を捉えても芯を外してしまうと変な回転がかかりまっすぐ飛びません。

中心を蹴っても最後に足の振り方が芯に向かっていないのでキックミスになります。

POINT:ボールの中心の少し下を芯に向かって真っすぐ振り抜きましょう。

カーブキック

ボールの芯や中心を知るのに必要なキックが「カーブキック」です。

カーブキックはわざと、ボールの芯を外します

カーブをする時は、中心よりも少し右を振り抜くイメージで蹴りましょう。

ボール芯を蹴らないで、芯より右側を蹴ります。

上から見た時に、ボールの芯よりも右側を通り抜くように蹴るとボールがすごく回転します。

さらに、ボールを浮かすためには、力を下方から上に蹴るようにします。

POINT:中心よりも少し右を振り抜くイメージで斜め上に向かって蹴るようにしましょう。

まとめ

今回は紹介した「インステップのキック」と「カーブキック」の中心・芯の捉え方はいいかかでしたか?

インステップで芯を抜く練習をしたあと、わざと芯を外すカーブキックをすることで、ほかのキックも上手に蹴れるようになります。

ぜひ練習してみてください。

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

急に伸びる子が続出している理由はコレでした!LINEで友達になって、ビギナーでも上級者の動きに代わる、サッカー上達DVDを半額で学べる方法はこちら

サッカー上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、サッカー上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのサッカー・フットボールDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!