【最速最短!】サッカーがうまくなりたければ技術をパクれ

玉城翔 練習法

  • あの選手はドリブルがうまくて憧れるな
  • あんなフリーキックを蹴りたいな

このように、対戦相手やプロサッカー選手に憧れを持ったことはないでしょうか。

憧れを持つ反面で、「自分にはできない」と思っているのではないでしょうか。

もちろん、

  • 身長を伸ばしたり
  • 足を速くしたり

と、身体的なことをいきなり変えることができません。

ですが、サッカーで身につく技術は、練習すればいくらでも身につきます。

しかも、ある方法をするだけで「最速最短」で技術を身につけることができるのです。

その方法とは、「真似る」です。

または「パクる」です。

  • そんなことできないよ
  • 怒られないの

なぜか、「真似る」ことに関してマイナスなイメージを持っているこの世の中ですが、「あなたはなぜそんな風に箸を持っているのですか」と聞いてみてください。

それは、過去に箸の持ち方を作った人がいるからです。

サッカーに関していうと、「一流プレイヤーは真似される」です。

サッカーが最速で上手くなりたいなら「お手本」を作れ

「お手本」を作るのは、勉強するのに教科書があるのと同じです。

まず始めにやることは、あなたがなりたいプレイヤー(教科書)を見つけることです。

  • ドリブルがうまくなりたいなら、「メッシ」「ネイマール」
  • デイフェンスが上手くなりたいなら、「ファンダイク」「セルヒオ・ラモス」
  • 無回転を蹴りたいなら、「クリスティアーノ・ロナウド」「本田圭佑」

世界的なトッププレイヤーでも日本代表でも、あなたの「なりたい像」に近い選手を見つけよう。

真似をするなら一人に絞って徹底的に真似をしろ

いろいろな情報が入りすぎるとプレーに迷いが出てしまうので、はじめのお手本は基本的に一人の方がいいです。

メッシのようなドリブルがしたいなら、

  • どのようにボールを触っているのか
  • シュートのタイミングは
  • ボールの受け方は
  • 相手との間合いは
  • ソックスの長さ
  • スパイク
  • 髪型

このように、選手を徹底的に分析していくます。

「なりたい像」に、なり切ってしまうのです。

憧れの選手のプレーを脳内に焼き付ける

今は、ネットでいろいろな動画を見ることができるので、どんなプレーをしているのか脳内に焼き付けましょう。

すると、実際の試合中に「あの選手ならこうするな」と考えるようになります。

試合中なので、冷静に考えれないと思いますが、脳がプレーを記憶していれば体が勝手に動くかもしれません。

分析したら何度でも挑戦してみる

そして、分析して出た結果を、次は自分が実行してみるのです。

はじめは、思うようにいきません。

当たり前ですが、一流のトッププレイヤーの真似をしてますからね。

ただ、ここで諦めたら上手くなりません。

  • 【分析→実行→分析(自分のプレーと比較)→また実行】

この繰り返しを継続できれば、結果に結びやすくなります。

まとめ

この記事に関しても、同じです。

なぜ、サッカーがうまくなる方法を文章にしているのか。

それは、あなたにこの記事を読んでもらい、サッカーがうまくなって欲しいからです。

そして、この記事を読んだあなたは「真似」をしますよね。

それと同じことです。

真似して怒られるのは、人のテストをカンニングすることぐらいです。

あなたが憧れているプレイヤーも、必ず誰かの真似をしています。

あなたの憧れてる選手が身近にいるなら、常に観察しましょう。

近くにいないなら、今の時代インターネットを活用すれば、いくらでも動画を見ることができます。

まずは、あなたの「お手本」となる人を一人見つけて、徹底的に真似していきましょう。

真似をして、そこからあなたなりの工夫をしていけば、もっと上手くなります。

「パクる」ことこそが、最短最速でサッカーがうまくなる方法です。

はじめは真似する選手になり、次は真似される選手になりましょう。

この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている