実力を発揮するために試合前にやるべきこと

練習法

今回は、「実力を発揮するために試合前にやるべきこと」についてご紹介します。

いつもと同じようにプレーしていても、

  • 気持ちが乗らなかったり…
  • プレーが上手くいかなかったり…

そんな経験はありませんか?

逆に、何をしていても上手くいく日もあると思います。

それは、試合に

  • 上手く入れている
  • 上手く入れていない

ことを表しています!

そこで今回は、「実力を発揮するために試合前にやるべきこと」についてご紹介します。

ベストパフォーマンスを試合でできるようにしていきましょう。

試合前に必ずやるべきこと

①ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチとは、ブラジル体操やラジオ体操のように、動きながら筋肉が動かすストレッチのことです。

20秒以上止めて行うストレッチをしてしまっている方は、間違っています。

止まって行うストレッチは、筋肉に秘奥や緊張感を与えてしまいます。

伸ばすことで、そこに負荷がたまってしまうのです。

さらに、筋肉がこわばってしまい、筋肉が固まってしまいます。

ですので、試合前はダイナミックストレッチを行うようにしましょう。

②呼吸を整える

呼吸は、副交感神経や自律神経を整えるのに大きく関わっています。

  • 脈は、自分で速めたり、ゆっくりしたりすることはできません。
  • 呼吸は、自分で早くしたり、ゆっくりすることができます。

精神状態を整えるのに、呼吸は大きな役割を担っているのです。

もし、試合前で緊張しすぎてしまっている場合は、大きく深呼吸しましょう。

3秒間息を吸って5秒ぐらいかけて、ゆっくりと吐くようにしましょう。

これをなんども繰り返すことで、だんだん気持ちが落ち着きます。

逆に、緊張感が高まらない方は、短い呼吸を行うようにしてみてください。

この呼吸は交感神経を高めて、緊張感を高める方法です。

この緊張感は、チームが一体になっているものではなく、個人バラバラです。

ですので、自分が今どの状態なのかを把握し、呼吸で調節できるようにしましょう。

③脈をあげる(息が切れるほど)

試合15分前には、息が切れるぐらいの練習を行いましょう。

試合前に身体を動かして脈を上げずに試合に臨むと、緊張などで脈が上がり、身体に違和感や動きの硬さが生じてしまいます。

ですので、一度脈を上げておくことで、緊張対策としても効果があり、実力も発揮しやすくなります。

しかし、長すぎると体は疲れてしまうので注意しましょう。

まとめ

今回は「実力を発揮するために試合前にやるべきこと」についてご紹介しました。

  • 動的ストレッチを行う
  • 呼吸を整える
  • 脈をしっかり上げる

これらのことを行うことで、試合に上手く入ることができます。

現在、このことができていない方は、ぜひ実践してみてください。

自然と集中力も高まり、試合で実力を発揮できるようになると思います。

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。