ロングキックが飛ばない原因と改善法

パス

今回は、「ロングキックが飛ばない原因と改善法」についてご紹介します。

  • ロングキックの練習をしているけど、なかなかボールが飛ぶようならない…
  • 試合中、サイドチェンジしたいけど、そこまでボールが届かない…

など、ロングキックが飛ばないことで悩んでいませんか?

ロングキックが飛べない原因として挙げられるのが、

  • 腕を使えてない
  • 膝の向きとつま先の向きが違う
  • 軸足の角度

これらのことが、原因の可能性があります。

みなさんは、どうでしょうか?

このようなことを意識できていますか?

そこで今回は、「ロングキックが飛ばない原因と改善法」をご紹介します。

➀腕を使えてない

右利きの方は、左腕をしっかり使っていますか?(左利きの方は右腕)

なぜ、腕を使わないといけないのか?

腕を引き上げることで、広背筋を使えるようになります。

この広背筋と大殿筋(お尻)は、繋がっています。

広背筋と大殿筋が連動しているので、足を引き上げた時に一緒に腕も引き上げることで、蹴る前の姿勢が安定します。

②膝の向きとつま先の向きが違う

ボールをキックする時に、膝が内に入ってしまう蹴り方は、力がボールに伝わっていません。

ですので、つま先と膝の向きが同じ方向に向くようにしましょう。

なぜ、つま先と膝の向きが同じ方向に向かないといけないのか?

膝の関節は、一方向にしか動きません。

膝が違う方向に向いた途端、膝関節周辺の筋肉の働きが悪くなってしまいます。

ですので、膝の向きとつま先の向きは一致させるようにしましょう。

➂軸足の角度

軸足の角度が後ろから見た時に、一直線(地面と垂直)の方が多くいらっしゃるいます。

ロングキックは、ボールの下に足を入れます。

ボールの下に足を入れたいのに、軸足が一直線だとキックが蹴れません。

軸足の角度が地面に対して、真っすぐボールの下に足を入れると、つま先・膝が違う方向に向いてしまいます。

ですので、軸足の角度が地面に対して斜めに入れるようにしましょう。

斜めの状態でボールの下に足を入れたら、膝・つま先の向きは一致します。

まとめ

今回は、「ロングキックが飛ばない原因と改善法」についてご紹介しました。

  • 腕を使えてない
  • 膝の向きとつま先の向きが違う
  • 軸足の角度

これらのことが原因で、ロングキックができていない可能性があります。

一度確認をしてみてください。

これを改善できるようになれば、きっとロングキックを蹴れるようになると思います。

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達塾 編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。