伸びるインステップキックの蹴り方

パス シュート

今回は「伸びるインステップキックの蹴り方」についてお話していきたいと思います。

伸びるインステップキックは、シュートを打つ時・パスをする時など、様々な場面で使うことが出来ます。

伸びるインステップキックとロングインステップキックでは、何が違うのかご存じですか?

実は、スピード感が違います。

ロングインステップキックは、フワッとしたボールです。

そのため、パスをする時など、敵に詰められてしまう可能性があります。

ですので、スピードを上げてパスをする必要があります。

ここで、使えるのが伸びるインステップキックです。

今回は、「伸びるインステップキックの蹴り方」を紹介していきます。

ボールの蹴る位置

ロングインステップキックをする時、ボールのどこで蹴っていますか?

きっと、ボールの下を蹴っていると思います。

ボールの下を蹴ってしまうと、フワッと上に行き過ぎてしまいます。

ですので、伸びるボールを蹴るためには、ボールの中心か中心の少し下あたりを蹴るようにしましょう。

蹴り方

伸びるキックを蹴るためには、力をボールに伝えることが重要です。

そこで、一番重要になるのが軸足です。

重心を低くしシュートを打つ格好で、ロングキックを蹴るイメージでボールを蹴ります。

これができれば、バック回転がかかり、強い回転がかかります。

ボールを当てる位置

インステップのボールを当てる位置は、足の甲の硬く骨が出ているところです。

スライスをするように蹴ることで、バック回転が上手くかかり低くて伸びるボールが蹴れます。

フワッとしたボールではなくて、真っすぐボールが伸びていくイメージをしましょう。

まとめ

今回紹介した「伸びるインステップキックの蹴り方」はいかがでしたか?

  • ボール中心か中心の少し下あたりを蹴る
  • 重心を低くし、シュートを打つ格好で、ロングキックを蹴るようなイメージ
  • 甲の硬く骨が出ているところで蹴る

このようなことを意識することで、伸びるようなキックを蹴れるようになり、試合で活躍できるようになると思います。

また、今まで試合中に、パスで敵に詰められてしまっていた方は、伸びるインステップキックをマスターすることで、敵に詰められなくなるでしょう!

ぜひ練習してみてください。

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達塾 編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。