【檜垣コーチ】正しい利き足の使い方

スキルアップ フットボールの勉強

僕自身、プロサッカー選手としての経験を経て、「利き足のポイント」という技術論を提唱してきました。
DVDでもお伝えしてきましたが、「利き足」から技術を覚えることでマイナスになることは絶対にないです。
むしろ、「利き足のポイント」の技術を突き詰めれば突き詰めるほど、大きな効果があります。

利き足について考える

それは、僕自身が17歳からサッカーを始めてブラジル1部リーグのプロサッカー選手になれたこともそうですし、その指導においては、一人一人が100%上手くなっています。
だからこそ、「利き足のポイント」ということは間違いありません。

利き側は使えば使うほど感覚は良くなりますから、利き足も使えば使うほど感覚・ボールコントロールは良くなります。
そこで、重要となるのが「正しい利き足の使い方」です。

例えば、利き足でドリブルをするとします。
そのときに、ただ利き足でドリブルするのではなく、利き足側にドリブルをすることを意識してみてください。
利き足でドリブルをしたとしても、ボールがズレて逆足側に行ったり、両足の間にボールが行ったりしては、ボールの置き場所のズレにもなり、ボールの持ち方自体が良くありません。
ですから、利き足でドリブルするときは、利き足側にボールを置くという意識でやってみてください。
これこそが、正しい利き足の使い方の「はじめの一歩」です。

アウトでターン

そして次の一歩は、利き足でドリブルし、利き足側にボールを持っていく・利き足側にボールを置くことから、ターンをやってください。
このターンは、必ず利き足のアウト(小指部分)でターンしてください。
これは、DVDでもお伝えしていますが、ターンの基礎です。
ドリブルからのターンというのは、足からボールが離れると足の裏かインでターンをしてしまいます。
だからこそ、アウトでのターンを意識して練習してほしいのです。
そして、アウトでターンした後のボールも、また利き足側にボールを置くことをしっかりと意識してやってください。

正確なドリブル

足から離れたボールをアウトでターンをするとボールは逆足側にズレやすいですから、そうならないように、利き足からボールが離れないような正確なドリブルを心がけることが大事です。
利き足から離れたボールに対しては、ステップしてボールに寄ってアウトでターンしてください。
このような利き足の使い方を覚えるだけでも、簡単にボールを失わないことにつながります。
是非、利き足をしっかりと意識してやってみてください。

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。
現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。


■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

急に伸びる子が続出している理由はコレでした!LINEで友達になって、ビギナーでも上級者の動きに代わる、サッカー上達DVDを半額で学べる方法はこちら

サッカー上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、サッカー上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのサッカー・フットボールDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!