【サッカー】「相手を抜ける」1人でできるドリブル練習

スキルアップ ドリブル 育成法

今回は、1人でできるドリブル練習を紹介します。

ドリブルは、ボールを運ぶために必要なサッカーの基本的な技術です。

ドリブルが正確にできるようになるためには、自分の考えるとおりにボールを扱う適正なボールコントロール技術が必要です。

いつもしているドリブル練習は、縦にジグザクに進む練習が多いのではないでしょうか?

ドリブル練習では、縦にジグザグに進むのが基本的な練習法になります。

しかし、実際の試合中に相手を抜く時、ちょこちょこ動いても相手を抜けないですよね?

トップ選手のドリブルを見たらわかりますが、ボールを横に動かすことが多いです。

これは、横にボールを動かして、相手が股を開いた瞬間を狙っています。

今回は、横の動きで相手を揺さぶるドリブルのトレーニング方法を5種類紹介します。

マーカーを5つ用意して、1m感覚に横に置きます。

今回は左方向に進むと仮定して紹介します。右方向にすすむ場合は逆足と考えてください。

①ソール→インサイド

右足裏で進行方向にボールを転がし、左足のインサイドでボールを止めます。この動作を続けてドリブル練習します。

ポイントは、ソールでボールを運んで股抜きを狙うイメージです。

②片足ソール→アウト

左足裏で後ろにボールを転がし、左足のアウトサイドで進行方向に進んでボールを止めます。この動作を続けてドリブル練習します。

ポイントは、相手が足を出した瞬間にボールを引いてアウトタッチします。

③インサイド→イン

右足のインサイドでボールを進行方向に転がし、左足のインサイドボールを止めます。この動作を続けてドリブル練習します。

ポイントは、サイドステップしながらタッチし横に早くボールを動かします。

④ソール→アウトストップ

右足裏で進行方向にボールを転がし、右足のままアウトサイドでボールを止めます。この動作を続けてドリブル練習します。

ポイントは、右にも左にも抜ける体勢を使ってフェイントをかけます。

⑤イン→イン→アウト

左足のインサイドでボールを転がし、右足のインサイドでボールを戻し左足のアウトサイドでボールを転がします。この動作を続けてドリブル練習します。

ポイントはボールを細かくタッチして、相手を揺さぶって隙を作ります。

まとめ

いかがでしょうか?今回は普段練習では行わない、横ドリブルトレーニングを紹介しました。

普段すごいドリブル練習をしているのに、試合になると相手を抜けない選手は、縦に進むドリブルばかりしていることが多いいです。

相手と一対一になった時も、縦ばかりになってしまっているのであれば、横ドリブルのトレーニングを行いましょう。

相手を横に揺さぶる動きを加えることで、相手を抜く精度が上がります。

すべてのトレーニングで右方向、左方向できるようになれば、あなたのドリブル技術が格段に向上します。

このような練習をたくさん行い、他の人と差を付けましょう。

 

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

急に伸びる子が続出している理由はコレでした!LINEで友達になって、ビギナーでも上級者の動きに代わる、サッカー上達DVDを半額で学べる方法はこちら

サッカー上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、サッカー上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのサッカー・フットボールDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!