【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと

スキルアップ ドリブル

三浦です。

第98回高校サッカー選手権大会決勝戦は本当に感動しました。

感動しやすい三浦ですが、キングカズが背番号11をつけることになったニュースと同じくらい感動しました。

連覇を狙う青森山田と24大会ぶり2度目の優勝を狙う静岡学園の試合は一瞬も目を離せない戦いでした。

全国大会の場を何度も経験している青森山田を前にした静岡学園の立ち上がりは、自分たちのサッカーが出来ずに2点を先行されました。

この時に流れた空気が45分後にあのような展開になろうとは予想しませんでした。

まあ、この試合の流れは皆さんもよくご存知かと思いますが、この2点のビハインドを跳ね返す静岡学園のメンタルとメンタルを支えるスキルに感動です。

試合後に、ハーフタイムに井田勝通前監督が「自分たちのスキルを全部出しきれ!」という喝が飛んだという話を聞きました。

後半の逆転劇は「自分のスキルを出し切ること」の結果と知り、最後まで選手を信じる指導者と自分を信じる選手たちの関係が「静学らしい!」とまた感動しました。

 

■サッカーというゲームにおけるスキルとは?

静学というとドリブル主体の攻撃というイメージを持つ方もいたと思います。

しかし、スキル=ドリブルではなく、トラップ、パス、ヘディングなどボールへの関わりが全てスキルです。

ヘディングの得点も見事でしたね。

サッカーをしていて不思議に思うのですが、ヘディングは得意だけどドリブルが苦手という選手はよく見かけますが、ドリブルが得意な選手はヘディングもそつなくこなします。

ボールへの関わり方全てがスキルなんだとあらためて思いました。

サッカーというゲームは、ピッチの中でボールを持てば相手が奪いに来るように出来ています。簡単に奪われないようにするためのスキルが必要になります。

サッカーというゲームは相手のゴールにボールを入れることで得点になり、試合終了時に相手よりも1点でも多く点を決めると勝つことが出来ます。

つまり、サッカーというゲームは相手にボールを奪われずに相手ゴールにシュートを決めるスポーツです。

青森山田はそのためにロングスローやセットプレーを徹底的に磨きました。サッカーというゲームで勝つためのスキルの確実性を上げていった結果です。

これも素晴らしいことです。全国連覇には必要な取り組みです。

しかし、静学は「ボールとボールを扱う選手」という関係をとことん極めて来たという自信がありました。

 

■狭いスペースを切り開くスキル

サッカーの試合ではボールを持っていると相手が奪いに来る、ゴールに向かうとゴール前を固めます。

固められたからと言ってサイドにボールを運んだり後ろにボールを下げていては、時間を空費するばかりです。先日のU23のゲームのように。

静岡学園はスペースを狭くされても、ゴール前を固められても諦めずにシュートで終わるスキルを持っています。

これまで多くの高校が「ドリブルサッカー」で全国制覇を夢見て来ました。

しかし、静岡学園はドリブルサッカーではなく、ドリブルもショートパスも、そして偶発的なリバウンドも利用して相手ゴールに迫るサッカーを見せてくれました。

相手に奪われることなく、ボールを正確にタッチしつつ、体を上手く使ってボールを隠し、奪いに来る相手をブロックする。

客観的に見るとこれが静学のサッカーです。

このようにしてシュートチャンス、アシストチャンスを狙うわけですが、サッカーを知る方なら「なぜパスを出さないのだろう」と思う場面もあるでしょう。

確かにパスが有効な場面もありますが、ボールが移動している間にも相手ディフェンスはボールに寄せてきます。

それならボールを持ちながらゴールを目指す方が相手にとっては怖いですね。

ボールさえ持っていればシュートを打つことが出来る。

誰もが考えることですが、それを実行するためのスキルを身に着けているのが静学でした。

三浦は思いました。

これからの小中学生の育成の現場に大きな影響を与える試合になるな、と。

 

■ゴール前の混戦でドリブルを使えばいいのか

小学生のサッカーでもゴール前の混戦はよくある場面です。

そもそもピッチの広さ、幅を使い切れずにゴールからゴールへの移動となる試合が多いものです。

ゴール前の混戦でよく見られる光景は次のようなものですね。

・シュートが短く相手に奪われる
・大きくクリアー出来なくて、攻撃側にこぼれ球を拾われる
・ゴールを狙うのではなく「ゴール方向へのキック」なので、相手に当たる
・攻守ともに慌てているので、ボールを正確に扱えない

このように攻守ともにスキルが伴わないケースが多いのですが、多くのコーチはこの場面で、次のように指導します。

「相手に当たるのがわかっていてシュートしない!」

「いったんサイドに振って、ゴール前にスペースを作ってから折り返せ」

言っていることは間違いではないですし、僕もこのようなコーチングをします。

しかし、静学のサッカーを見たからと言って、闇雲にボールを保持してシュートを狙えという指導はどうでしょうか。

静学が24年かかって掴んだ日本一の座の背景にはもっともっと長い歴史と積み重ねがあります。

見かけだけを真似しては子供たちの将来に影響があります。

では、本質として何を伝えればいいのでしょうか。

 

■静学から学ぶこと

ボールを思い通りに扱えるようになる練習をすることは言うまでもないですが、それだけでは練習のための練習になる可能性があります。

ボールを持てば相手が奪いに来る。つまり、ボールを自由自在に扱う時の前提に相手を意識することが大事だと考えます。

相手に奪われずにボールを持つことと同時に大事なことは「ゴールを奪う」事です。

相手のプレスが緩い場所でボールを持つことと、相手ゴール前でボールを持つことは必要となるスキルに大きな違いがあります。

ボールを持ったら相手ゴールに迫ること。

次のトレーニングではこれを意識するだけでも静学が全国に発信してくれた日本のサッカーのあり方のひとつを受け止めることになるのではないでしょうか。

 

 

 

三浦直弥(サッカーコーチ)

小学4年生からサッカーを始め、中学、高校、大学、社会人とサッカーを楽しみつつ、大学生の頃からコーチングの道を歩み始め、指導の楽しさも知る。

現在アラフィフのサッカーマンである。理論派でありながら熱い血潮を持つタイプ。サッカーの本質を突く指導がモットー。
現在は、東京都のある街クラブでヘッドコーチを努めている。

好きな選手は故クライフ、そして自分の姓と同じ三浦カズ!好きな指導者は、森保監督の育ての親とも言えるオフト、そしてオシム。
座右の銘は「諦めたらノーチャンス」。チーム運営や保護者対応などにも詳しく、近年はメルマガやブログへの寄稿活動も行っている。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(株)Real Style  おすすめサッカー教材・商品

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サッカー日本代表 長友選手の専属トレーナーが教える「上手くなるための必須スキル」がコレ↓
重心移動アナライズ~フットボーラーが身に付けることで劇的にセンスを上げられる動作習得法~基礎を知る編

これが、ドリブルを自在に操りサッカーを始めたばかりのビギナーでも“絶対に上級者に見せる”シンプルな方法です。
http://rs39.net/c/s/cfoy_1/bl/

重心移動アナライズ2~上手くいかない事をできるようになるための身体動作を習得する方法~
なぜ、ドリブルが苦手だった選手がネイマールやメッシのように緩急自在のドリブルでDFを切り崩せるようになったのか…?
http://rs39.net/c/s/cfoy_2/bl/

「ボールが上手く蹴れない」と感じたら見るべき教材がコレ↓

親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方
なぜ、テクニックのないビギナーでも、この男の話を聞き流すだけでキックの威力が増し、ボールを遠くに正確に飛ばせるようになるのか?
http://rs39.net/c/s/cfsy_1/bl/

■思い通りのところに思い通りのボールを蹴れる!
 キックの新常識とは?
http://rs39.net/c/s/cfsy_2/bl/

2019年全国サッカー大会出場!!!
全国大会優勝チーム、センアーノ神戸監修

「本番に強い選手の育て方~試合で活躍できる「個」を育てるためのトレーニングメソッド~ポゼッション編 」
https://rs39.net/c/s/cfoh_1/bl/

ドリブル上達の悩みを解決できるノウハウがコレ↓
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cfmt_1/bl/

コーンドリ ~「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド2~
「まさか、コーンドリブルに、こんなやり方があったなんて…」
なぜ、三木コーチがしどうする選手たちは、神業のようなドリブルをマスターできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfmt_2/bl/

初心者指導の決定版がコレ↓
基礎が学べる!初心者のためのサッカー上達法~「運ぶ」と「抜く」が身に付けられるドリブル上達法~
息子がボールを持つと、友達や保護者に笑われてしまいました。
でも息子がドリブルを始めると…将来性のある選手が次々に育つ名門フットボールクラブが実践する抜けるドリブルレッスンDVDとは…?
https://rs39.net/c/s/cfnk_1/bl/

大人気シリーズ!わんぱくドリブルDVDのラインナップはコチラ↓
わんぱくドリブル軍団JSCの最強ドリブル塾~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~
なぜ、5ステップ・ドリブル上達法は、足が遅い子供でも、体が小さい子供でもDF突破率を高めてしまうのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブル基礎トレーニング 初級編
1,500人以上の子供たちを上達させた少年サッカー指導のプロが教える、「お父さんのための、サッカー指導法」を知りたい方はいませんか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブルトレーニング 中級編
なぜ、JSC CHIBAの新しいドリブル指導法は、相手が反応できないキレのあるフェイントや、素早い状況判断のできる選手を育て、チームの「得点力」をアップできるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/

育成の極意!~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~
なぜ、口うるさいだけで、チームを強くできなかったコーチが、U-18日本代表選手を輩出するほどの、強いチームを育成できるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/

親子で特訓!わんぱくドリブル自主練習
サッカーチームのコーチまかせで、実現できていないお子さんの活躍を、なぜ、サッカー経験ゼロのお父さんが、実現することができるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのボールコントロールを向上させる「体幹トレーニング」~プレスディフェンスに当たり負けしないための練習法~
「見ろよ、今日の相手チビばっかりだぜ…」身体の小さい選手ばかりのチームを見て、対戦相手は笑っていた。しかし、試合がはじまってみると…!
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~
どうして、うちのチームは、試合になったとたん、ミスが増えるんだろう…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_7/bl/

選手の自主性でサッカーを上手くさせる指導法↓
ボトムアップ理論~選手の自立心を育てて、スキルを向上させる魔法のコーチング法~
「世界一受けたい授業」「とくダネ!」で大絶賛!
なぜ、週2回しか練習しない無名の公立高校が、全国大会で優勝できたのか?
http://rs39.net/c/s/cfhk_1/bl/

ボールコントロールを劇的に上達させる「利き足理論」がコチラ↓
サッカーテクニック向上メソッド
なぜ、小中高、どこのチームでも取り入れられている「両足での練習」が、選手の上達を妨げる原因なのか…?
http://rs39.net/c/s/cfhy_1/bl/

フットボールクロニクル ~攻める意識をアップさせる!ゴールを決めるための利き足の法則~
なぜ、たった1つの原則を意識するだけで、トラップ、パス、どりぶる、シュート…、サッカーにおける、すべてのプレーを劇的にレベルアップできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfhy_2/bl/

世界中にスクールがある上達法がコチラ↓
クーバー・コーチングのMake Your Move~1対1テクニックのすべて~
30ヶ国以上で、150万人の一流指導者を育て上げた、世界最高峰の「1対1メソッド」を、遂に一般解禁!
http://rs39.net/c/s/cfcv_1/bl/

Improve Your Game~1対1スキルを向上させるための練習法~
なぜ、弱気なプレーで、勝負を避けていた選手が、自ら積極的に1対1を仕掛け、相手を抜けるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfcv_2/bl/

世界中にスクールがある上達法がコチラ↓
Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法~
日本一腰の低いJリーガーの驚異の秘密「ほとんどの選手はシュートを打つのに精いっぱいで、ゴールを決める余裕がありません」
http://rs39.net/c/s/cfmh_1/bl/

 

その他教材はコチラ↓
https://real-style.co.jp/category/225/?bno=blog

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。