ボールを絶対に取られないボールの置き場所とボールの持ち方

檜垣裕志 講師

ブラジルでは、ボールの置き場所、ボールの持ち方なんて教えられません。

技術書もありません。

なぜだと思いますか?

それはサッカー選手として最初に一番大事なことがわかっているからです。

「自分がボールを失ってはいけない」ということです。

日本人のほとんどにはそれがなくて、ブラジル人のすべてがそれを知っています。

ボールを失ってはいけないから

ボールを失ってはいけないということが前提にあれば、ボールの置き場所もボールの持ち方も「利き足中心」になるのは自然です。

利き足にボールを置き、利き足でボールを持つということになるのは当然なのです。

それが当たり前にできるのがブラジル人なのです。

「ボールを失ってはいけない」という思いが、根底に強くあればあるほど、さらに技術にも反映されていきます。

日本では指導しなきゃいけない

日本人にブラジル人のような意識を持たせることは簡単ではありません。

しかし、ブラジル人のような技術を教えることはできます。

僕自身、ブラジル1部リーグのプロサッカー選手を経験してきたからこそ、その考え方、思い、技術、世界トップのサッカーについて伝えることはできます。

その一つとして、ボールを失わないための技術です。

ボールを失わないためのボールの置き場所

日本では足と足の間にボールを置くという教え方がありますが、それは大きな間違いです。

両足の間にボールを置くような選手は、世界のトッププレイヤーには一人もいません。

世界のトッププレイヤーということはその技術が世界トップでもあり、彼らのボールの置き場所は「利き足の前」は当たり前です。

なぜ利き足の前かと言えば、利き足の前にボールを置くと前後左右、空間までもボールを運ぶことができるからです。

ということは、ボールを失わないためのボールの置き場所は、利き足の前というのは当然ですね。

ボールを失わないためのボールの持ち方

ボールを失わないためのボールの置き場所の基本は、利き足の前です。

では、ボールを失わないためのボールの持ち方の基本は「利き足でボールを持つ」です。

そのための基礎練習として、利き足のアウト(小指)のドリブル、アウトのターン。

アウト(小指)、イン(親指)を交互にボールタッチするドリブルも効果的です。

とにかく、最初の段階では「利き足だけでボールを持つ」ことから始めることが大切です。

ダブルタッチに頼らない

ダブルタッチほど簡単なボールタッチはありません。

なぜなら、両足の間にボールを置いてバタバタとボールタッチすれば、ダブルタッチになりますから、これをやると、ボールの持ち方は悪くなります。

利き足にボールを置いて、利き足でボールを持つことが出来れば、ダブルタッチでかわすプレーは非常に簡単です。

しかし、日本にありがちな、ダブルタッチありきになると、身体は開き、確実にボールの持ち方は悪くなります。

利き足側にボールを運ぶ

ボールの持ち方を良くするためには、利き足ドリブル練習は欠かせません。

リフティングも利き足インステップから、利き足インステップリフティングのウォーキングと、利き足中心のトレーニングはどんどんやる必要があります。

ミニゲームや紅白戦、試合では、利き足の前にボールを置いて、利き足側にボールを運ぶように気をつけてください。

これらがすべての基礎中の基礎です。

それをやらずにボールの持ち方は良くならないですから。

ボールの持ち方が良い選手とは?

ボールタッチ持ち方が良い選手というのは、自然に利き足側にボールを運べる選手です。

ボールの持ち方が良いなぁと感じる選手は、必ずそれが出来ています。

左利きがボールの持ち方が良いと言われる理由に、左利きは両足、両足とうるさく言われないため、利き足側にボールを運ぶ傾向があるからです。

それが出来ていなければ、左利きも右利きも関係なく、ボールの持ち方は悪いですね。

まとめ

「ボールは絶対に取られてはいけない」という意識が根底に強くあれば、利き足にボールを置き、なんとかして取られないようにするはずです。

それがブラジル人です。

日本では、その意識があってもなくても、ボールの置き場所、ボールの持ち方をしっかりと見極め、正しい指導が必要ですね。

関連記事はこちら↓↓↓

檜垣裕志さんの教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人檜垣 裕志檜垣 裕志
1970年生まれ 石川県出身。ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム。日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、
CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。