ボールの置き場所について

トラップ 檜垣裕志

サッカーのボールコントロールで、トラップは一番重要で、一番難しいです。

例えば、

  • ドリブル練習
  • キックの練習

は、ボールが自分のものになっている前提でのトレーニングとなります。

ファーストタッチの重要性

試合でドリブルするには、先ずはトラップしなければなりません。

試合で

  • パス
  • シュート

この2つは、ボールを自分のものにしなければ、次のプレーに繋がりません。

ですから、いかにファーストタッチが重要かを知る必要があります。

そして、トラップこそが一番重要で難しいです。

それは、トラップということだけで見るのではなく、ボールが来る前に、すでにトラップに繋がっているのです。

基本のボールの置き場所とは

ファーストタッチやトラップについては、

  • スペースにボールを置く
  • 蹴りやすい位置にボールを置く

など言われることがあると思いますが、基本のボールの置き場所は、「一回で利き足の前にボールを置く」です。

簡単に思えるかもしれませんが、どんなボールも一回でしっかりと利き足の前にボールを置くことは簡単ではありません。

例えば、5メートルのパスであっても、完璧にピッタリと利き足の前にボールを置くことは、簡単ではないです。

それが、

  • 距離が長くなる
  • ボールの強弱
  • 回転
  • 軌道
  • 敵のいる状況

など、ファーストタッチの重要性・難しさを知ることが大切です。

なぜ、利き足の前なのか

基本のボールの置き場所について、なぜ利き足の前なのかと言うと、利き足の前というのは、あらゆるプレーに対応しやすいからです。

利き足の前にボールがあるということは、360度ボールを運ぶことが出来ます。

  • ドリブル
  • キープ
  • キック

など、360度使うことが可能です。

これが、ボールが両足の間にあれば、横にしか運べません。

さらに、利き足の前にボールがあれば、ボールを浮かし、空間も使うことが出来ます。

世界トップ選手たちの、ファーストタッチ後のボールを置く場所に注目すると、この基本のボールの置き場所の意味が必ずわかると思います。

ファーストタッチで利き足にボールを置くことが出来れば

ワントラップでしっかりと利き足の前にボールを置く技術があれば、状況によってスペースにボールを置くことも出来るし、蹴りやすい場所にボールを置くことも出来ます。

ですから、一回のトラップで利き足の前にボールを置くということは、基本中の基本なのです。

トラップは、ボールが来る前に

ファーストタッチの後に、利き足の前にボールを置くという基本がちゃんとわかっていれば、ボールが来る前の意識は、多少なりとも準備には繋がります。

これがないと、行き当たりばったりのトラップになりますよね。

利き足の前にボールを置くという意識が、ボールが来る前からの大切な準備となります。

この意識からさらに重要なのは、普段から利き足を意識しておくということです。

なぜなら、ボールの軌道に利き足を合わせることが、「トラップのコツ」でもあるからです。

そのために、

  • 普段から利き足を意識してボールを触る
  • 利き足を意識したボールコントロールのトレーニング

が、トラップにも繋がるのです。

とにかく、普段から「ボールを触る前から」利き足を意識しておいてください。

ボールが来る前からの意識が「トラップ」に繋がるのですから。

この記事を書いた人檜垣 裕志檜垣 裕志
1970年生まれ 石川県出身。ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム。日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、
CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。