サッカーの技術とは?基礎基本技術とは?

スキルアップ DVD教材 ドリブル シュート 講師

日本の環境の中で、強豪国の子供たちのような感覚、技術を身につけるためには、どのように育成指導していけば良いのでしょうか?

「サッカーの本当の基礎基本」を知る必要があります。

サッカーは、ボール一個と二つのゴール、敵味方11人ずつに分かれてプレーする競技スポーツです。

それは、ボール一個を中心に、マイボールになればゴールするためにプレー、相手ボールになればゴールさせないプレーをしなければなりません。

ゴールするためには、当然一人一人がボールを持てる技術、ボールを取られない技術が必要です。

その技術があるから、ゴールするためにはパスなのか、ドリブルなのか、シュートなのかという瞬時の判断に繋がります。

また、ゴールさせないためには、すぐにプレッシャーをかけるべきか、引いて守るべきか、味方と敵の状況を見て瞬時に判断せねばなりません。

どれもこれも、そこには個々の技術が非常に重要です。

サッカーという競技スポーツにおいては、それを生かせる技術を身につけていかなくてはなりません。

それは、サッカーの基礎基本を知った上で「ボールを持てる技術・ボールを取られない技術」なのです。

ボールを持てる、ボールを取られないから、周りを見れて判断が出来るのですから。

技術を身に付けるための「利き足のポイントの技術」

その技術を身につけるためには、一流のプロが身につけている「利き足のポイントの技術」に繋げるトレーニングが必要となります。

個々の一流のプロサッカー選手は、どのようにボールの持ち方をしているでしょうか?

そして、どのようにボールキープをしていますか?

彼らは、ドリブルでボールを運び、周りを見ているときは必ず利き足でボールを持っています。

相手が来てボールをキープしようとする時には、必ず利き足でボールを持っています。

一流のプロサッカー選手のボールを持てる技術・ボールを取られない技術には、「利き足」が大きく関わっていることは間違いありません。

それこそが、サッカーの本当の基礎基本技術に繋がっているのです

だからこそ、それを知った上でトレーニングを積み重ねていくから効果が上がります。

意識を変えるとサッカーが変わる

サッカーという競技スポーツの中で、「利き足のポイント」という技術は、非常に重要であり、非常に効果的です。

今からどんどん利き足を使っていきましょう。

今からどんどん利き足でボールを触りましょう。

はじめは、ボールコントロールがままならないかもしれません。

それでも、「利き足」を意識して、「利き足」でボールを触り、頑張って「利き足」でボールをコントロールしようとすることです。

その意識から、必ずサッカーが変わっていきます。

次回からは、具体的なトレーニングメニューについてお話しさせて頂きます。

LINE公式アカウントに登録でお得な情報をGET!

友達登録はこちらから!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。