【スペースを作る動き】ボールに触るだけがサッカーではない

三浦直弥

三浦です。

全国各地のコーチ仲間からの情報では、サッカー活動の制限が解除となった地域も増えて、週末の練習が再開したという情報が入っています。

やはり、仲間と一緒にボールを蹴る楽しさは最高!

自主練習をやっていたけど、やはり仲間がいないとつまらない。

チームスポーツであるサッカーの楽しさを、あらためて感じたようです。

ただし、感染拡大防止対策はしっかりと行うことも大切です。

コロナ禍でのサッカー活動も2年目となり、

  • 体調管理
  • 殺菌・消毒
  • マスクをつける・外す

という新たな行動も、慣れて来たようです。

選手たちは、練習中にマスクをつけていませんが、炎天下でマスクをしているコーチには日焼けムラが悩みですね。

飲水する時にマスクを外すと顔の下半分が日焼けしていないので、選手たちにからかわれてしまいます。

さて、ひさびさの活動でサッカーの楽しさを知ることは良いのですが、コーチとしてはいくつかの課題を発見しました。

活動制限前から気づいていたことなのですが、ここであらためて確認したいです。

足だけでボールを扱っていないか?

サッカーは、足を使って(頭も使いますが)ボールを扱うスポーツです。

しかし、ボールはいつも足を出して触れる位置にあるわけではありません。

ヘディングもそうです。

頭に当てやすいボールだけ、ヘディングするわけではありません。

私たちコーチは、足だけでプレーする選手たちに「体を使ってプレーしよう」というコーチングをします。

体を使うということは、いろいろな意味を含んでいます。

ひとつは、移動することです。

ボールのコースに体を運ぶこと

重心を移動させずに、利き足だけを伸ばしてボールに触る選手が増えたように感じます。

あなたのお子さんのプレーは、どうでしょうか。

  • 素早いステップワーク
  • 細かいステップワーク

で、ボールのコースに体の中心を入れてからトラップやキックをしているなー、という実感があるでしょうか。

野球の守備をイメージしてみる

野球の守備でも、同じですよね。

ボールのコースに入ることは、基本です。

野球では、ボールをグローブでキャッチしなければ投げることはできません。

サッカーで言えば、「止める・蹴る」です。

ただし、サッカーの場合は「ワンタッチ」でパスやシュートをするプレーがあるので、止めずに蹴るという場面があります。

しかし、ワンタッチプレーでもボールの正面に体を運ぶことで正確さが増します。

ボールのコースに体を運ぶことは、基本ですね。

体の動きは習慣化で身につけることができる

どんなボールを受ける時にも、体を移動させてからボールに触ること。

これは習慣化すれば、無意識にできることです。

習慣化させるためには、「必要性」を感じることが大事です。

同時に、「シンプルな動き」であることも大事です。

小学校の低学年のサッカーではパスコースが不正確なので、パスを要求しても多くは足もとに来ることは少ないです。

ずれたボールを追いかけることの連続なので、パスコースに入るという場面が少ないです。

しかし、そんな選手たちも正確にキックが蹴れるようになると、足もとにボールが来るようになります。

同時に守備を覚えますので、パスをカットしようとするディフェンダーが現れます。

ディフェンダーにボールを奪われずに、パスコースに入るという動きの繰り返しになります。

小学4年生以上で、このような動きが習慣化してきます。

もし、小学4年生でもパスコースに入る動きが見られない場合は、よくない習慣を身につけてしまったと言えます。

4年生からの動きの修正

4年生でも5年生でも今から動きの練習を行うことで、すぐにプレーは良くなっていきます。

ボールコースの中心に入るためには、「予備動作」が必要です。

パスされてボールが動いてからステップを開始するのでは、遅いです。

味方がボールを蹴る動きを見て、ステップを開始することがコツです。

ボールが蹴られた瞬間に、走り始めていることですね。

そして、さらに大事なことは「どこへ走るか」ということです。

ボールコースの中心に体を移動させるということは、どこかスペースに走りこんでボールを受けるということです。

スペースに入るというと言葉としては難しいですが、相手がいない空いている場所にボールを運びこむことです。

そのために、どこが空いているのかを見ておくことです。

ボールばかり見ていると、走り込むスペースを見つけることができません。

4年生から6年生のこれからの課題は、

  • スペースに移動すること
  • スペースを見つけること

です。

さらに、「スペースを作る動き」を覚えるようになると、小学生のサッカーはより楽しくなります。

動きの話からスペースの話に発展しましたが、ボールに触るだけがサッカーではないということを知っていただければ、さらにサッカーの理解が深まります。

ぜひ、週末のトレーニングでは

  • 体の動き
  • スペースへの移動

を意識してみてください。

頑張りましょう!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ジュニアサッカー上達塾では、サッカー上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、サッカー上達のためのDVD教材の販売も行っております。サッカーに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@kawashima-kazuhiko.com
この記事を書いた人三浦直弥三浦直弥
小学4年生からサッカーを始め、中学、高校、大学、社会人とサッカーを楽しみつつ、大学生の頃からコーチングの道を歩み始め、指導の楽しさも知る。現在アラフィフのサッカーマンである。理論派でありながら熱い血潮を持つタイプ。サッカーの本質を突く指導がモットー。現在は、東京都のある街クラブでヘッドコーチを努めている。
好きな選手は故クライフ、そして自分の姓と同じ三浦カズ!好きな指導者は、森保監督の育ての親とも言えるオフト、そしてオシム。座右の銘は「諦めたらノーチャンス」。チーム運営や保護者対応などにも詳しく、近年はメルマガやブログへの寄稿活動も行っている。

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。