【サッカー上達のコツ】ポジションは固定しない!?

ポジション 玉城翔

いきなりですが、いつもフォワードをしているあなたが、次の試合でこのようなことを言われたらどうしますか。

  • いつもはフォワードだけど、今日はサイドバックでいく
  • 後半はディフェンダーを頼む

このような状況になった時、あなたは実際にプレーできるでしょうか。

このポジションチェンジができると、チームにとって大きな財産です。

さらには、多くのポジションを経験することで、あなた個人としてのスキルアップもできます。

もしかしたら、今はベンチだけど新しいポジションを試して、良いプレーができたらスタメンになることもあります。

あなたがもっと上手くなるためには、今プレーしているポジションだけじゃなくて、普段しないようなポジションを経験してみましょう。

ポジションを固定しないメリット

  • 適正のポジションが見つかる
  • 複数のポジションができる
  • 何が嫌なプレーかを知れる

それでは、なぜポジションを固定しない方がいいのかについて、詳しく解説していきます。

適正のポジションが見つかる

あなたが今しているポジションは、あなたにとって適正だと思いますか。

もちろん、100%適正のポジションを見つけることが難しいです。

ですが、1つのポジションしかしたことがないのに、

  • センターフォワードが一番できる
  • サイドバックしかできない

このような事を考えていませんか。

例えば、「足が速いから」という理由で攻撃的なポジションをしているなら、もしかしたらサイドバックの方が才能を生かせるかも知れません。
(実際に日本代表の長友選手は元々攻撃の選手でしたが、サイドバックになって海外で活躍する選手になりました)

やりたいポジションを、やりたい気持ちもわかります。

しかし、チームが勝つためを考えれば、あなたがチームに役立つポジションをするべきです。

チームの役に立つためには、1つのポジションに固定せず、複数のポジションを経験していかなければなりません。

始めは嫌々やってたポジションも、気がつけば好きになる場合もあります。

複数のポジションができるようになる

多くのポジションを経験する事で、適正のポジションがわかります。

「元々フォワードだけど、サイドバックをやってみたら上手くいった」

この場合だと、フォワードもサイドバックもできます。

もし、誰かが怪我をした時や病気で休んでいる時に、代わりに試合に出てチームとしても戦力が落ちずに試合できるのは、かなりありがたい事です。

自分が得意なポジションと、2つぐらい予備のポジションができるようにしましょう。

相手にとって何が嫌なプレーかを知れる

多くのポジションをしたという事は、多くの嫌なプレーを経験したという事です。

例えばディフェンダーをしているときに、

  • この抜け出し方嫌だったな
  • キックフェイントにかなり苦戦したな

このように、嫌だった事を次は自分がやってみるのです。

複数のポジションを経験する事は、複数のポジションができるようになるためや、適正のポジションを見つけるだけではありません。

相手にとって何が嫌なプレーかを知れることが、一番大きなメリットです。

自分が嫌だと思ったプレーは、相手にとっても嫌なプレーです。

やられた事は逆の立場になって、どんどんやり返していくましょう。

一度でもいいので、全てのポジションを経験してみましょう。

まとめ

ここまでの話を聞いて、ポジションを固定しない方が良い理由が分かったでしょう。

もう一度振り返っておくと、

  • 適正のポジションが見つかる
  • 複数のポジションができる
  • 何が嫌なプレーかを知れる

サッカーをする上で、多くのポジションを経験することで多くのメリットがあります。

今いる世界だけをみるのではなく、新しいポジションをして新しい経験をしていきましょう。

今はベンチだけど、新しいポジションでスタメンになるチャンスもあります。

新しい挑戦をすると、あなたはもっとサッカーが上手くなるでしょう。

この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている