初心者でもできるヒールリフトやり方

練習法

今回は、「初心者でもできるヒールリフトのやり方」についてご紹介します。

ヒールリフトとは、ドリブルの最中や相手ディフェンスと駆け引きを行っている場面に、相手の頭上にボールを蹴り上げて真後ろに落とすドリブルテクニックのことです。

試合で、コーナー側やライン際で相手ディフェンスと1対1の時に使われることが多いです。

難易度が高いテクニックと言われていますが、コツを掴めば誰でも身につけることができます。

このヒールリフトを身に付けることで、試合中コーナー側やライン際で相手ディフェンスと1対1に直面した場合、相手をかっこよく抜くことが出来ます。

そこで、今回は「初心者でもできるヒールリフトのやり方」についてご紹介していきます。

ヒールリフトのボール上げ方

まずは、ボールを足ではさみます。

ボールのはさみ方は、

  1. 右足インサイドと左足インサイドではさむ(くるぶし辺り)
  2. 右足インサイド(くるぶし辺り)と左足かかとでははさむ

この2種類の方法があります。

しかし、最初は両足インサイドではさむやり方がやりやすいので、右足インサイドと左足インサイドではさむ方法で練習しましょう。

ボールをはさんだら、軸足を転がすようにボールを上げます。

ボールの蹴り方

ボールをはさみ、軸足を転がすようにボールを上げます。

このボールが上がった瞬間を狙って、ポンと左足のかかとに当てます。

  • かかとの真ん中
  • かかとよりのインサイド側

で当てるようにしたら、高く上に上がるようになります。

かかとですくい上げる感じでしてみましょう。

一連の動作で、動きながらボールを上げるようにします。

足をクロスさせてかかとをあげるだけで、かかとにボールが当たるようになります。

注意点

ヒールリフトを行う時に、リズムが早くなりすぎてしまうと、ボールがまだ軸足の上に転がりきってない状態になってしまい、上手くいきません。

早すぎず、遅すぎないリズムで行うことが重要です。

そのリズムを、毎回できるように練習しましょう。

まとめ

今回は、「初心者でもできるヒールリフトのやり方」についてご紹介しました。

  • 右足インサイドと左足インサイドではさむ
  • ボールをはさんだら軸足を転がすように上げる
  • 一連の動作で動きながら足をクロスさせる
  • かかとの真ん中か、かかとよりのインサイド側に当てる

これらのことを意識して、ヒールリフトを練習してみてください。

きっと上達して、試合で使えるようになると思います。

この記事を書いた人上達編集部サッカー上達編集部
私たち編集部は、森島寛晃選手・檜垣祐志選手などの元プロの選手や、鬼木祐輔さん・大木宏之さんなど日本代表を指導した指導者や有名校の指導者から、直接ノウハウを教えていただき、そのノウハウを取りまとめ、DVD教材として制作しています。
このブログでは、関わった元プロの選手や有名校の指導者のノウハウ・上達方法なども含めて、上達につながる有益な情報を発信していきます。