閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【練習法】短い時間で集中を切らさないよう工夫
  2. 【檜垣コーチ】軸が強くなるリフティング
  3. 【少年サッカー】苦手な種目がある理由は普段からやっていないから
  4. 【檜垣コーチ】歩きながら、走りながらの各部のリフティング
  5. 【三浦コーチ】パスの流れをつくるトラップとは…?
  6. 【三浦コーチ】ボールに集まるサッカーはサッカーじゃない
  7. 【檜垣コーチ】上半身を使ってのリフティング
  8. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング
  9. 【サッカー】ボールを持っていない時のプレーを改善すると質が向上されます…
  10. 【三浦コーチ】ボールコントロールのミスは、試合に付きもの【サッカー】
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【サッカー】本番に強い選手を育てる練習法とは…?【試合】

先日、公式試合がありました。

子どもの頃からプレーしているため、試合ってもう何百試合と経験していますが、試合前の緊張感っていつまでもなくなりません。

また、試合で負けてしまうと、練習で行っていた成果を出し切れたのか?と自問自答することもいつまで経ってもなくなりません。

昔よりは慣れましたけど、それでも苦手です。

 

「本番に強くなりたい」

 

実はこういったお問い合わせは、サッカー事務局にもよくいただきます。

 

「選手たちが、緊張しない方法ってありませんか?」

「練習でやっていることを試合で発揮できないんです…」

 

そんなチームでも、試合に強い選手を指導者が育てられたら?

毎日やっている練習が、すぐに試合で活かされるなら?

 

その答えを、今回の新作DVDに収録してきました。

 

今回の講師は、センアーノ神戸の大木監督。

 

きっちりって、きっちりてる!

それが“大木宏之”の凄さ。 

結果を出してトップ選手を輩出し続ける凄腕指導者!

大木宏之は、センアーノ神戸の理事代表とU-12監督を務める少年フットボールコーチングのプロであり、その指導法は国内で大きな反響をよんでいます。

2016年度 第40回全日本少年サッカー大会では横浜F・マリノスを下してセンアーノ神戸を日本一に導くなど数々の成果を上げている。

また、日本人の特性である「俊敏性」、「勤勉性」、「調和力」を活かした将来性のある選手育成にも定評がある。

香川真司をはじめ、森島康仁、黒川圭介、吉井直人、安藤由翔、原田亮、梶山知裕など、有望な選手を輩出している

 

センアーノ神戸は、2016年に行われた

第26回全日本少年フットサル大会 優勝

第40回全日本少年サッカー大会  優勝

 

また、先日行われた

JA全農杯 全国少年選抜サッカー 優勝

 

など、輝かしい戦績を収めています。

 

まさに、本番に強い選手を育てるスペシャリストです。

 

そうです。

本番に強い選手を育てながら、練習でやったことがそのまま試合で発揮される。

その結果を出している人にやり方を聞けばいいんです!

 

その方法を次回、少しご紹介していきますね↓

 

 

 

関連記事

  1. 【檜垣コーチ】軸が強くなるリフティング

  2. 【檜垣コーチ】アウトのターンから良いボールの持ち方を身につける

  3. やはり重要な技術はボールコントロールです。

  4. 【上達法】やはり、サッカーでは「トラップ」の技術が重要になります…

  5. 【新作情報】多くの選手は「やらない」のではなく、できない【センア…

  6. ぜひ小・中学生のうちにセオリーについて学んで欲しいと思います。

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんばんは。三浦です。今年もやはり暑い夏になりました。去年と違って梅雨の時期が長かっ…
  2. リフティングトレーニングも徐々にレベルアップが必要です。利き足のインステップリフティングから…
  3. 三浦です。夏休みに入ったかなと思ったらもう7月も終わりですね。梅雨明け後の夏休みはし…

おすすめ記事

  1. 【練習法】短い時間で集中を切らさないよう工夫
  2. 【檜垣コーチ】軸が強くなるリフティング
  3. 【少年サッカー】苦手な種目がある理由は普段からやっていないから
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。