閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
  4. 【サッカー】アイディア次第で現状を打破できます
  5. 【サッカー】リフティングもよいが、より効果のある方法とは【自主練】
  6. 【檜垣コーチ】利き足だけからが、本当のはじめの一歩
  7. 【サッカーの本質】日本のサッカーには相手がいない
  8. 【檜垣コーチ】利き足からボールを自分のものにする
  9. 【サッカー】頭を使ったプレーを意識させるには?
  10. 【サッカー】素早い「予測」と「判断」局面を打開するテクニック
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?

はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。

ボールは、あっちこっちと動きますからね。

それを両足で触る癖がついてると、良いボールの持ち方にはつながりません。

ですから、ボールがどこにあっても利き足で触る癖、利き足の前にボールを置く癖をつけてください。

 

■利き足の前にボールを置くことを癖付ける

そのためには、利き足を意識しなければならないですから、利き足のボールタッチ感覚は上がり、利き足の前にボールを置くという意識が、試合での良いボールの置き場所にもつながります。

適当に両足でボールを触っていれば、利き足でいくら良いトレーニングをしたところで、意味がなくなりますから、普段から利き足を意識する必要があります。

では、「利き足の癖」がついてからですが、ゲームでのボールの持ち方をよく見てみてください。

両足で適当にボールを触っている子は、ゲームでのボールの置き場所は両足の間だったり、雑なボールの置き場所になっています。

また、普段から両足で雑なボールタッチをしているとボールの持ち方は悪いです。

利き足でボールを触っている子はどうでしょう。ここからが、ボールの持ち方が重要になります。

「利き足だけでボールを触る」ということは、意識次第で誰でもできます。

ですが、「良いボールの持ち方」には、正しい意識と正しい基礎がなければ、つながりません。

適当な両足から、利き足を意識してボールを触ることによって、みるみるうちに感覚は良くなり、上手くなっていく自分を実感できるでしょう。

 

■「小手先のプレー」からの脱却

でも、ここからが本当に上手くなれるかどうかなのです。

利き足にボールがあれば、ダブルタッチは簡単になるし、今までの小手先のプレーも、利き足からスタートすれば、うまくいくようになります。

でも、それもまた所詮、「小手先のプレー」です。

その「小手先のプレー」から、全てを脱却しなければなりません。

そのために、正しい利き足の使い方、正しいボールの置き場所、正しいボールの持ち方が必要です。

「正しい利き足の使い方」を身につけるには、正しいトレーニングしかありません。

 

■ファーストタッチの重要性

今までお伝えしてきたドリブルトレーニング、リフティングトレーニングを参照に、是非継続、トレーニングのレベルアップを求めて、進んでください。

そして、「正しい利き足のボールの置き場所」ですが、常に利き足の前にボールを置くように心がけてください。

ファーストタッチの後に、ボールが両足の間にあってはいけないですし、利き足を使ったからと、利き足の横(アウトの位置)にあってもいけません。

あくまでも、基本は、利き足の指の前にボールをしっかりと置くことです。

そして、利き足の前にしっかりとボールを置くという意識を持ってください。

しっかりと置くとは、ボールがブレたり、動いたりしないことです

これって、たった3メートルのパスをトラップするのも難しいですよ。

「一回でボールがブレずにトラップできて、ちゃんと利き足の前に置く」

実はものすごく難しいですから。

ファーストタッチの重要性をしっかりと感じてほしいです。

 

■今一度、「ボールの持ち方」を観察してみてください

そして、その利き足にあるボールからどうするかです。

それこそが「正しいボールの持ち方」につながることです。

利き足にボールをしっかり置いて、利き足側にボールを運ぶことを意識してください。

今一度、「ボールの持ち方」を観察してみてください。

利き足にボールがあっても、逆足側にボールが行きがちになります

それって、足は左右横に並んであるためであり、人間本来ならそうなるのは当たり前なのです。

だから、僕は、両足バタバタドリブルやダブルタッチを勧めないのです。

それをやった時点で、ボールの持ち方は良くなりませんから。

人間本来の普通の動きと、サッカーの身体の使い方は別物です。

だからこそ、利き足にボールを置く、利き足でボールを持って、利き足側にボールを運ぶ癖が、ボールの持ち方をよくするためにすごく重要なのです。

 

■ごまかすためのダブルタッチは絶対にダメ

この部分にこだわり、試合でのボールの持ち方を見てみてください

ボールを取られてるときは、利き足とは逆側にボールがあったり、利き足とは逆にインで切り返した状態のときが多いはずです。

それをごまかすためのダブルタッチは絶対にダメです。ボールの持ち方を悪くする原因です。

そこで妥協してしまうと、すべてが台無しと言っても過言ではありません。

今まで適当な両足ボールタッチから利き足中心になって、ダブルタッチは有効になりますが、それって、その程度のレベルでの一時的な改善であり、小手先にすぎず、自分よりレベルの高い相手には通用しません。

だからこそ、妥協せずに、利き足を徹底してください。

試合では、「利き足にボールをしっかりと置く、利き足でボールを持つ、一対一では、利き足側にボールを運ぶようにする」これを徹底してみてください。

できる、できないに関わらず、この意識で、チャレンジし続けることです。

その技術がより高くなるには、その意識、そのチャレンジ、そして一番重要なのは、今までお伝えしてきた普段のトレーニングですから、トレーニングと共に、正しいチャレンジを行なってください。

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。
現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【動画レッスン】頭が前に出る罠【サッカー】

  2. 試合になると「消極的」になる選手を激変させる方法

  3. コンタクトプレーを身につけるとサッカーがステップアップします

  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる

  5. 【少年サッカー】ポジションを正しく理解していますか?

  6. ペナルティエリアでの優先順位とは…?

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. リフティングというトレーニングは、サッカーが上手くなるために不可欠なトレーニングです。サッカ…
  2. 三浦です。年明け時点の予定では、3月の3連休には大きい大会が予定されていました。U1…
  3. はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。ボールは、あっちこっちと動きますから…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。