閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【間合い】

前回お伝えした、ドリブル上達に欠かせない「アプローチ」という技術。

※まだお読みでない方はコチラからご覧ください↓

【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由

 

この「アプローチ」というスキルを用いることでディフェンスを誘い出し、相手がボールを奪い取りに来たタイミングで逆を突き、相手の背後を取れてドリブルで交わせるようになります。

しかし、「もう一つドリブルを上達させるために教えてほしいことがある」と、兵庫フットボールクラブの永濱代表は仰います。

それが【間合い】です。

■あなたは、お子さんに「最適な間合い」を指導できていますか?

ドリブルにおいて「間合い」は非常に重要です。

が、同時にドリブルを行う上での「最適な間合い」をまだつかめずに悩みを抱える選手も少なくありません。

私も以前、近くのサッカースクールの練習見学に行った際に選手達に聞いたことがあります。

「ドリブルで相手を抜くときってどのぐらいのスペース(間合い)を取るようにしているの?」

子ども達からの回答は様々なでした。

近すぎると取られる」

「遠すぎると相手を抜いても、すぐに追いつかれる」

 

・・・選手たちは感覚的に取ることができるが、再現性がない間合いの取り方をしていたのです。

つまり、間合いがわからない。

サッカーに限らず1対1の勝負があるスポーツにおいて必ず出てくるのが「間合い」です。

その最適な距離を理解していないと、もちろん1対1の勝負に負ける確率は下がってしまいます。

しかし、多くの選手がわざわざ相手に近づいてから、フェイントをかけようとします。

1対1の場面では、相手もボールを取ろうと距離を詰めてきます。

間合いは常に変わってしまうものなのです。

 

では、「相手を抜ける間合い」と「相手を抜けない間合い」の違いとは…?

永濱代表は、そのことについて相手を誘い出しやすい距離」だといいます。

 

 

 

関連記事

  1. コンタクトプレーを身につけるとサッカーがステップアップします

  2. 【スキルアップ】サッカーにリフティングスキルは必要ない?

  3. 【選手の見分け方】優れた「ドリブラー」と「キッカー」を育成する方…

  4. 【サッカー上達法】キーパーを見ずに行うシュート練習する理由

  5. サッカーは「走る・止まる・方向を変える」スポーツです。

  6. パス出しの時にフェイントを使っていますか?

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。