閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
  4. 【サッカー】相手から離れるための「バックステップ」
  5. 【サッカー】守備も段階的に学んでいきましょう
  6. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの意味と効果
  7. 【サッカー】スピード重視でドリブル練習を行うメリット
  8. 【檜垣コーチ】自分の身体をコントロールする
  9. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  10. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【間合い】

前回お伝えした、ドリブル上達に欠かせない「アプローチ」という技術。

※まだお読みでない方はコチラからご覧ください↓

【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由

 

この「アプローチ」というスキルを用いることでディフェンスを誘い出し、相手がボールを奪い取りに来たタイミングで逆を突き、相手の背後を取れてドリブルで交わせるようになります。

しかし、「もう一つドリブルを上達させるために教えてほしいことがある」と、兵庫フットボールクラブの永濱代表は仰います。

それが【間合い】です。

■あなたは、お子さんに「最適な間合い」を指導できていますか?

ドリブルにおいて「間合い」は非常に重要です。

が、同時にドリブルを行う上での「最適な間合い」をまだつかめずに悩みを抱える選手も少なくありません。

私も以前、近くのサッカースクールの練習見学に行った際に選手達に聞いたことがあります。

「ドリブルで相手を抜くときってどのぐらいのスペース(間合い)を取るようにしているの?」

子ども達からの回答は様々なでした。

近すぎると取られる」

「遠すぎると相手を抜いても、すぐに追いつかれる」

 

・・・選手たちは感覚的に取ることができるが、再現性がない間合いの取り方をしていたのです。

つまり、間合いがわからない。

サッカーに限らず1対1の勝負があるスポーツにおいて必ず出てくるのが「間合い」です。

その最適な距離を理解していないと、もちろん1対1の勝負に負ける確率は下がってしまいます。

しかし、多くの選手がわざわざ相手に近づいてから、フェイントをかけようとします。

1対1の場面では、相手もボールを取ろうと距離を詰めてきます。

間合いは常に変わってしまうものなのです。

 

では、「相手を抜ける間合い」と「相手を抜けない間合い」の違いとは…?

永濱代表は、そのことについて相手を誘い出しやすい距離」だといいます。

 

 

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 連携プレー、コンビネーションは選手同士が「何も言わなくても分かる…

  2. 【三浦コーチ】パスの流れをつくるトラップとは…?

  3. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング

  4. 一つの事に集中すれば技術はグッと伸びます。

  5. 上手いトラップに共通するある動きといったい何なのか?

  6. 【練習法】ボールをサンドバックのようにバンバン蹴る【新作レビュー…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは!檜垣です。サッカーの技術とは、試合の中で「ボールを自分のもの」に出来る技術こそが…
  2. こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。第…
  3. 三浦です。先週末から昨日まで土曜を含めると3日間トレーニングを行いました。以前からま…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。