閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング
  2. 【サッカー】ボールを持っていない時のプレーを改善すると質が向上されます…
  3. 【三浦コーチ】ボールコントロールのミスは、試合に付きもの【サッカー】
  4. 【センアーノ神戸】指導者も真似から始めましょう【レビュー7】
  5. 【センアーノ神戸】指導者が行動を起こさなければ変化は生まれません【レビ…
  6. 【センアーノ神戸】空間認識能力を養う特別な練習法とは…?【レビュー5】…
  7. 【センアーノ神戸】低学年と高学年のポイントを変えて指導する【レビュー4…
  8. 【センアーノ神戸】3対3対3(BOX)というメニューで得られるもの【レ…
  9. 【三浦コーチ】体格差を運動量でカバーするための練習法
  10. 【センアーノ神戸】ポゼッションサッカーは時代遅れですか?【レビュー2】…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【間合い】

前回お伝えした、ドリブル上達に欠かせない「アプローチ」という技術。

※まだお読みでない方はコチラからご覧ください↓

【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由

 

この「アプローチ」というスキルを用いることでディフェンスを誘い出し、相手がボールを奪い取りに来たタイミングで逆を突き、相手の背後を取れてドリブルで交わせるようになります。

しかし、「もう一つドリブルを上達させるために教えてほしいことがある」と、兵庫フットボールクラブの永濱代表は仰います。

それが【間合い】です。

■あなたは、お子さんに「最適な間合い」を指導できていますか?

ドリブルにおいて「間合い」は非常に重要です。

が、同時にドリブルを行う上での「最適な間合い」をまだつかめずに悩みを抱える選手も少なくありません。

私も以前、近くのサッカースクールの練習見学に行った際に選手達に聞いたことがあります。

「ドリブルで相手を抜くときってどのぐらいのスペース(間合い)を取るようにしているの?」

子ども達からの回答は様々なでした。

近すぎると取られる」

「遠すぎると相手を抜いても、すぐに追いつかれる」

 

・・・選手たちは感覚的に取ることができるが、再現性がない間合いの取り方をしていたのです。

つまり、間合いがわからない。

サッカーに限らず1対1の勝負があるスポーツにおいて必ず出てくるのが「間合い」です。

その最適な距離を理解していないと、もちろん1対1の勝負に負ける確率は下がってしまいます。

しかし、多くの選手がわざわざ相手に近づいてから、フェイントをかけようとします。

1対1の場面では、相手もボールを取ろうと距離を詰めてきます。

間合いは常に変わってしまうものなのです。

 

では、「相手を抜ける間合い」と「相手を抜けない間合い」の違いとは…?

永濱代表は、そのことについて相手を誘い出しやすい距離」だといいます。

 

 

 

関連記事

  1. オシム氏が日本人の特徴と評価した「頭がよい」という本当の意味とは…

  2. 成人のサッカーはこれからがシーズンです。

  3. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛…

  4. フットサルの技術は『このように活かされる』

  5. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて

  6. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. リフティングトレーニングの効果は、一つのボールタッチだけを覚えるのではなく、基本中の基本のインステッ…
  2. 三浦です。久保選手がレアルに合流しましたね。日本人がレアル・マドリッドに!と僕も感動…
  3. 三浦です。7月に入りました。今年度のシーズンが始まって3ヶ月が経ちました。この3ヶ月…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング
  2. 【サッカー】ボールを持っていない時のプレーを改善すると質が向上されます
  3. 【三浦コーチ】ボールコントロールのミスは、試合に付きもの【サッカー】
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。