閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  2. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  3. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
  4. 【サッカー】「休む」「休憩」「休息」も練習の一部です。
  5. 保護中: 【購入者限定】「このチームの強さはこうして作られて来た」その…
  6. 保護中: 【購入者限定】選手の能力を引き出すための多彩なトレーニングメ…
  7. 保護中: 【購入者限定】ボール以外に注意を向ける工夫がコレ↓
  8. 保護中: 【購入者限定】狙いを持ったトレーニングメニューで選手の能力を…
  9. 【サッカー】クロスボールの守備について
  10. 保護中: 【購入者限定】コーンドリのトレーニングのポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【間合い】

前回お伝えした、ドリブル上達に欠かせない「アプローチ」という技術。

※まだお読みでない方はコチラからご覧ください↓

【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由

 

この「アプローチ」というスキルを用いることでディフェンスを誘い出し、相手がボールを奪い取りに来たタイミングで逆を突き、相手の背後を取れてドリブルで交わせるようになります。

しかし、「もう一つドリブルを上達させるために教えてほしいことがある」と、兵庫フットボールクラブの永濱代表は仰います。

それが【間合い】です。

■あなたは、お子さんに「最適な間合い」を指導できていますか?

ドリブルにおいて「間合い」は非常に重要です。

が、同時にドリブルを行う上での「最適な間合い」をまだつかめずに悩みを抱える選手も少なくありません。

私も以前、近くのサッカースクールの練習見学に行った際に選手達に聞いたことがあります。

「ドリブルで相手を抜くときってどのぐらいのスペース(間合い)を取るようにしているの?」

子ども達からの回答は様々なでした。

近すぎると取られる」

「遠すぎると相手を抜いても、すぐに追いつかれる」

 

・・・選手たちは感覚的に取ることができるが、再現性がない間合いの取り方をしていたのです。

つまり、間合いがわからない。

サッカーに限らず1対1の勝負があるスポーツにおいて必ず出てくるのが「間合い」です。

その最適な距離を理解していないと、もちろん1対1の勝負に負ける確率は下がってしまいます。

しかし、多くの選手がわざわざ相手に近づいてから、フェイントをかけようとします。

1対1の場面では、相手もボールを取ろうと距離を詰めてきます。

間合いは常に変わってしまうものなのです。

 

では、「相手を抜ける間合い」と「相手を抜けない間合い」の違いとは…?

永濱代表は、そのことについて相手を誘い出しやすい距離」だといいます。

 

 

 

関連記事

  1. 個人の能力の差

  2. ボールに対する【自信】と、相手に対する【自信】

  3. 【三浦コーチ】少年サッカーのサイドチェンジに必要なスキルとは?

  4. 【サッカー】よい体の向き「グッドボディシェイプ」は絶対か…?

  5. リフティングの平均が300回以上

  6. 小さい選手こそ「止める技術」を磨いて欲しい。

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 三浦です。チームに新しい選手が入ってくれました。小学2年生と3年生の2名です。…
  2. 先ず、ちょんちょんリフティング千回は必須です。それをやれないことには、軸には繋がらないと思っ…
  3. 三浦です。皆さんのチームではシュート練習にどれくらい時間を割いていますか。小学生のチ…

おすすめ記事

  1. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  2. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  3. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。