閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】自分の身体をコントロールする
  2. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  3. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
  4. 【檜垣コーチ】利き足のインステップリフティングトレーニングの効果
  5. 【サッカー】切り返さない雰囲気を作ることが切り返しのコツ
  6. ダンゴサッカーをどう扱うかはとても大切
  7. 【サッカー】自分たちのゲームを客観的に見てみよう
  8. 【檜垣コーチ】ボールの持ち方が良くなるようにトレーニング
  9. 【サッカー】個性を伸ばす指導とは…?
  10. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングで、さらなる一体感を求めて
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】さらにボールと身体の感覚を上げるために

テニスボールリフティングトレーニングの前に、サッカーボールでのリフティングトレーニングは必ず、しっかりとやりきってほしいです。

それができてないと、サッカーボールでも、テニスボールでも、その効果は「それなり」でしかありません。

一つ一つ、そのトレーニング方法には意味があり、段階を経て、効果があります。

 

■テニスボールリフティングの効果

では、そのテニスボールリフティングの効果についてですが、当然、サッカーボールより正確なボールタッチ、ボールを捕らえる感覚と技術が必要です。

サッカーボールより、テニスボールはかなり小さくなりますから、より捕らえるポイントの精度が求められます。

だからこそ、サッカーボールでしっかりとトレーニングをやりきる必要があります。

 

■ボールタッチするポイントが小さくなる

テニスボールでは、ボールタッチするポイントが小さくなりますから、より意識し、集中が必要です。

そのときに、ボールタッチするポイントをより意識する必要があるので、ボールへの捕らえ方、ボール感覚の向上に繋がります。

テニスボールリフティングトレーニングでは、ちょんちょんリフティング、インステップリフティングを並行してやってください。

あくまでも、サッカーボールでのリフティングトレーニングをしっかりやりきってからやるのであって、サッカーボールリフティングのように、インステップリフティング千回からではありません。

 

■自身の身体をコントロールするため

ちょんちょんリフティング、インステップリフティングと、自分でやりやすい方を意識し、感じながら、両方ともに千回以上を目指します。

ちょんちょんリフティングだけだと、軸足に負担がありますから、ちょんちょんリフティングで疲れたら、インステップリフティングに切り替えてトレーニングしてください。

サッカーボールより小さなテニスボールでのリフティングは、ボールを捕らえるポイントの精度向上以外に、小さいボールでのリフティングトレーニングの効果は、自分で自分の身体をコントロールするためのトレーニングでもあります。

 

■日本での非常識は海外での常識

例えば、自分の利き腕を使ってペンを持つ、箸を持つ、ハブラシを持つ…その行為には、何かを意識することなく、自然に行なっているはずです。

では、利き足を使うときには、利き足を意識しなければならないし、利き足でボールを捕らえるポイントもまた意識しなければなりません。

それだけ、足を使って、正確に物事を行うのは簡単ではありません。

だからこそ、サッカーボールだけじゃなく、テニスボールという小さなボールを使ってリフティングトレーニングをすることによって、より自然に利き足を、身体を上手く使えるようにするためなのです。

 

サッカーはボールを扱える技術だけではなく、自分自身の身体を上手く使う技術も必要です。

上手く自分自身の身体を使うことこそ、実は非常に重要なことです。

リフティングトレーニングというのは、サッカーの試合でリフティングはしないから必要ないということではなく、リフティングトレーニングによって、ボール感覚の向上、ボールを自分のものにするため、ボールコントロールのレベルアップ、そして、自分の身体を上手く使えるようなるために、間違いなく効果的なトレーニングとなります。

次回は、テニスボールリフティングインステップ、ちょんちょん共に、千回以上をクリアしてからのトレーニングについて書きたいと思います。

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【ドリブル上達】DFのプレッシャーを緩くするドリブルの方法

  2. 【初心者限定】サッカー経験の浅い子供たちが行うべき、トレーニング…

  3. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない

  4. ボールを蹴るとサッカーは上達しません

  5. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ

  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは!檜垣です。本日のテーマは「自分の身体を感じ、ボールとの一体感を身につける」につい…
  2. 三浦です。第98回高校サッカー選手権大会決勝戦は本当に感動しました。感動しやすい三浦…
  3. 三浦です。新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。もうす…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】自分の身体をコントロールする
  2. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  3. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。