閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【練習法】短い時間で集中を切らさないよう工夫
  2. 【檜垣コーチ】軸が強くなるリフティング
  3. 【少年サッカー】苦手な種目がある理由は普段からやっていないから
  4. 【檜垣コーチ】歩きながら、走りながらの各部のリフティング
  5. 【三浦コーチ】パスの流れをつくるトラップとは…?
  6. 【三浦コーチ】ボールに集まるサッカーはサッカーじゃない
  7. 【檜垣コーチ】上半身を使ってのリフティング
  8. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング
  9. 【サッカー】ボールを持っていない時のプレーを改善すると質が向上されます…
  10. 【三浦コーチ】ボールコントロールのミスは、試合に付きもの【サッカー】
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

サッカーをシンプルにプレーするとはどういうことか

こんにちは!

「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。

 

第10回となる今回のテーマは、「サッカーをシンプルにプレーするとはどういうことか」です。 

少年サッカーの現場に足を運ぶと、「もっとシンプルにやれ!簡単にボールを離せ!」という声が頻繁に聞こえてきます。

しかし、シンプルにプレーするとはどういうことか?というのを指導者が知らないことが多いのではないかと思うのです。

シンプルにプレーするというのは自分のところに来たボールを簡単に、素早く誰かにパスすることではないのです。

私自身、子供の頃からこの疑問を感じていました。

ボールを簡単に素早く、パスして勝てるサッカーなんてサッカーとは言いません。

サッカーの奥深さがわからない人が指導者をやってはいけないのです。

サッカーの本質を知る人、サッカーの本質的な面白さを知る人は決して簡単に”シンプルにやれなどとは言いません。

「バルセロナを観てごらん。みんな簡単にパスしてシンプルにやってるよ」

「うちはバルセロナのようなパスサッカーをやるんだ」などという人をみると全然わかってないなと思うのです。

 

シンプルにプレーするとはどういうことか

サッカーをシンプルにプレーできる選手というのは、ゲーム(試合)の流れを感じることができる。

流れの中でパスをするべきかドリブルをするべきか、キープして時間をつくるべきかを的確に判断してそれを実行できること。

そして余計なことをしない選手のことを言うのです。

私がいままで一緒にプレーした選手で本当に上手い選手を一言で表現するとこうなります。

”余計なことをしないで、余計なことをさせる”

ボールを奪いに行くと逃げられ、パスするだろうと思って止まってしまうとドリブルされてしまう。

簡単にパスする選手だなと思ってたらいきなりキレキレのドリブルで抜き去られたり。

全然動かないな。

走らない選手だな。

と思って油断してたらゴール前まで長距離を猛烈にダッシュしゴールに絡むプレーをしたりする。

つまり、相手に頭の中を読ませない。

余計な力を使わずに、いかに相手を消耗させるかということなのです。

 

サッカーの奥行を知ることなしにシンプルにやることはできない

サッカーの表面的な部分しか知らない大人が少年サッカー界に多すぎると思います。

サッカーの奥行を知る人はピッチ上で安易に「シンプルにやれ」なんて言いません。

サッカーの本質的な”駆け引き”ができない子たちに”シンプルにプレーすることの本質”がわかるわけがないのです。

シンプルにプレーするとはどういうことか、ぜひ考えてみてください。

 

 

関連記事

  1. お子さんや選手が1vs1に消極的ではありませんか?

  2. 小学3年生までに身に付けたい「パスの基礎」とは…?

  3. リフティングの平均が300回以上

  4. 【センアーノ神戸】指導者が行動を起こさなければ変化は生まれません…

  5. 【サッカーの本質】子供の可能性を信じること

  6. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんばんは。三浦です。今年もやはり暑い夏になりました。去年と違って梅雨の時期が長かっ…
  2. リフティングトレーニングも徐々にレベルアップが必要です。利き足のインステップリフティングから…
  3. 三浦です。夏休みに入ったかなと思ったらもう7月も終わりですね。梅雨明け後の夏休みはし…

おすすめ記事

  1. 【練習法】短い時間で集中を切らさないよう工夫
  2. 【檜垣コーチ】軸が強くなるリフティング
  3. 【少年サッカー】苦手な種目がある理由は普段からやっていないから
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。